室生寺
室生寺
室生寺
室生寺
室生寺 室生寺 室生寺 室生寺

室生寺は、女人高野とも呼ばれている室生山の深い緑の中に建つ古刹だ。奈良後期の宝亀年間に興福寺の僧、賢憬が創建し、後に弟子の修円がととのえた寺だ。国宝の金堂、天竺様を応用した本堂、野外に日本最小の五重塔があり、弥勒堂、唐様などが点在する。室生寺は真言宗室生寺派の大本山だが、法相宗、天台宗、真言宗の影響を受け、その都度変革してきたという多難な歴史がある。そのために多種多様な仏教美術が保存されている。

  • 所在地

    奈良県宇陀市室生区室生78

    周辺マップ

  • 入場料

    未就学児無料

  • 営業時間

    4月〜11月:8:30〜17:00/12月〜3月:9:00-16:00

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    http://www.murouji.or.jp/

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    名阪国道針ICから約20分

    近畿日本鉄道室生口大野駅からバス約10分、室生寺前下車、徒歩約5分

このスポットの位置

大きな地図を見る

室生寺の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

今月の人気エリア

10~11月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介