国見が丘
国見が丘
国見が丘 国見が丘

西に阿蘇の五岳、北に祖母の連山、東に天香具山、高天原、四皇子峰や高千穂盆地、眼下に五ヶ瀬川の渓流が一望できる、見事な眺めの丘。神武天皇の孫・建磐龍命が、九州統治の際にここから国見をしたという伝説が残る。10月上旬〜11月上旬ごろの早朝には、雲海が見られることもあり、全国的に知られている。晴れて風のない気温の低い日がねらい目だ。

  • 所在地

    宮崎県西臼杵郡高千穂町大字押方

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    九州自動車道松橋ICから約1時間30分

    JR延岡駅からバス約1時間10分、高千穂バスセンター下車、車で約10分

このスポットの位置

大きな地図を見る

国見が丘 の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

今月の人気エリア

1~2月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介