太皷谷稲成神社
太皷谷稲成神社
太皷谷稲成神社 太皷谷稲成神社

3月

太皷谷稲成神社は、安永2年(1773)に津和野藩7代藩主・亀井矩貞(かめい のりさだ)が藩内の平安と領民の安穏を祈願し、京都の伏見稲荷大社の勧請を受けて創建したのに始まる。
廃藩後は庶民も参拝できるようになり、現在も商売繁盛や開運厄除の神として信仰を集め、お正月には毎年数十万人もの参拝客が訪れる。近年では「日本五大稲荷」の一つと称され中国地方有数の神社で知られる。太皷谷稲成神社は"稲荷"ではなく"稲成"が用いられているのは、「よく願いが叶う」という津和野藩7代藩主・亀井矩貞(かめい のりさだ)の思いが込められている。
参道には、信者から奉納された約1,000本の鳥居がトンネルのようにずらりと並ぶ景観も印象的で、秋は紅葉を見ることができる。

  • 所在地

    島根県鹿足郡津和野町後田409

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    http://taikodani.jp/

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    JR山口線「津和野駅」より車で約5分

    JR山口線「津和野駅」より徒歩で約30分

このスポットの位置

大きな地図を見る

太皷谷稲成神社の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

1~2月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介