龍源寺間歩
龍源寺間歩
龍源寺間歩
龍源寺間歩 龍源寺間歩 龍源寺間歩

7月

世界遺産「石見銀山遺跡」では、歴史や当時の様子がわかるスポットが多く点在しているが、その中で唯一常時公開されているのが「龍源寺間歩」である。
龍源寺間歩は大久保間歩の次に長い全長約600mあり、平成元年に新しく開削した栃細谷新坑(とちばたけしんこう)を通って出口へと続いている。
内部の天井には、ノミを使って手掘りした部分とのちに機械で掘られた部分があり、時代によって採掘の方法が異なることがわかる。また、銀鉱脈を追って掘り進んだ小さな坑道が20か所以上存在し、立ち入り禁止になっているものの照明に当てられて内部の様子を見ることができる。

  • 所在地

    島根県大田市大森町

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    9:00~17:00(12月~2月までは9:00~16:00)

  • 休業日

    年末年始

  • WEBサイト

    https://www.kankou-shimane.com/ja/spot...

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    JR山陰本線「大田市駅」より石見交通バス(大森・大家線/大森・大家方面行き)で約30分、バス停「大森」から徒歩約45分

このスポットの位置

大きな地図を見る

龍源寺間歩の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

11~12月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介