聚楽園大仏
聚楽園大仏
聚楽園大仏 聚楽園大仏

4月

高さ18.79m、聚楽園公園に佇む巨大な「聚楽園大仏」。鎌倉大仏より大きなコンクリート製で台座には切経の写経石が埋め込まれている。
始まりは、美濃国出身の実業家・山田才吉が大正天皇御大典記念事業として大仏建立を計画、後に昭和天皇の御成婚を記念し完成した。
春は桜、夏は新緑、秋は紅葉と聚楽園大仏を包むように季節の花木が見頃を迎え、日本ならではの美しい景観を楽しむことができる。また、聚楽園公園には遊具や芝生広場をはじめ、トレーニングルームや室内プール、温浴施設などが設けられ、市民の憩いの場所となっている。

  • 所在地

    愛知県東海市荒尾町西廻間2-1

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    9:00~21:00

  • 休業日

    月曜日※祝日は営業、翌日休館

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    駐車場:200台

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    伊勢湾岸自動車道「東海IC」より約10分

    名鉄「名古屋駅」より名鉄「聚楽園駅」下車。徒歩約5分

このスポットの位置

大きな地図を見る

聚楽園大仏の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

11~12月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介