天城山隧道(旧天城トンネル)
天城山隧道(旧天城トンネル)
天城山隧道(旧天城トンネル) 天城山隧道(旧天城トンネル)

明治38年(1905)、天城山隧道(旧天城トンネル)は静岡県伊豆市と賀茂郡河津町を結ぶトンネルとして開通し、総工費10万3,016円という当時では多くの金額が投じられて造られた。
この開通により、陸の孤島とも呼ばれていた南伊豆と北伊豆の距離短縮、難所といわれた天城越えが解消され、伊豆の交通に大きな役割を果たした。また、日本で初となる石造道路トンネルで現存する中でも最大の長さを誇り全長は445.5m、幅は4.12mある。
1970年には新たな天城トンネルが開通したことで現在では「旧天城トンネル」とも呼ばれ、川端康成の小説「伊豆の踊子」や松本清張の小説「天城越え」など多くの文学作品の舞台にもなっている。

  • 所在地

    静岡県伊豆市湯ヶ島字桐山

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    伊豆箱根鉄道「修善寺駅」より東海バスで約35分、「水生地下(すいしょうちした)」にて下車後徒歩約40分

    東名高速道路「沼津IC」より国道136号・国道414号を経由し約1時間20分

このスポットの位置

大きな地図を見る

天城山隧道(旧天城トンネル)の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

11~12月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介