走り湯
走り湯
走り湯 走り湯

6月

走り湯は日本でも珍しい横穴式源泉で日本三大古泉の一つである。洞窟内は高さ150㎝ほどで奥行は約5mあるが、先が見えないほどの湯けむりが立ち込めており温泉サウナのように汗ばむ。源泉用の側溝には約70度の温泉水が毎分170ℓ湧き出ており、温泉成分によって岩が変色している。
開湯は、約1300年前に役行者・小角 (えんのぎょう・しゃおづぬ) が伊豆大島へ流罪になりこの地を訪れた際に走り湯を発見し、その近くに小屋を作って神仏に祈る修行をしたとされる。「走り湯」という名は、山中から山中から湧き出した湯が海岸へ勢いよく落ちる様からそう名付けられた。
その後、源頼朝や徳川家康らも浸かったとされ、泉質はカルシウム・ナトリウム-塩化物泉でミネラルをバランス良く含み、リウマチや神経痛、冷症などの効能がある。

  • 所在地

    静岡県熱海市伊豆山604-5

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    熱海駅より伊豆山・湯河原方面行きバスに乗り「逢初橋」で下車。徒歩約10分

    熱海海岸自動車道「伊豆山出口」すぐ

このスポットの位置

大きな地図を見る

走り湯の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

2~3月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介