十三大橋
十三大橋
十三大橋 十三大橋

十三大橋は、淀川区新北野と北区中津を結ぶ橋長681.24m、幅20.00mのアーチ橋である。 この地に初めて橋が架けられたのは明治11年(1878)。 江戸時代には淀川や中津川に橋が架けられていなかったが、明治時代に入って架橋の要望が多く上がり、 成小路村村民13人の共同経営の橋として木造橋が架けられ、当時は私設橋であったため有料で使われていた。
大正時代に入り、急激な人口増加に伴って第一次都市計画事業を策定され、十大放射路線の計画事業を開始した。
現在の橋は府県道大阪池田線として拡大整備するにあたり、昭和7年(1932)に架設されたものである。

  • 所在地

    〒532-0025 大阪府大阪市淀川区新北野1丁目国道176号線

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    十三駅より徒歩約11分、中津駅より徒歩約10分

このスポットの位置

大きな地図を見る

十三大橋の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

2~3月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介