白石城
白石城
白石城 白石城

白石城は陸奥国刈田郡にあった平山城で標高76mの地点に築かれた。
建てられた時代ははっきりとわかっていないが、豊臣秀吉により奥州仕置が行われ、天正19年(1591)より伊達氏の支配下にあったこの地方が蒲生氏郷の領地となり白石城に居城した。
その後、慶長3年(1598)に蒲生氏は宇都宮へ移封されたことで上杉景勝が会津へ入り、その家臣であった甘糟景継(あまかすかげつぐ)が城代となった。

関ヶ原合戦の直前である慶長5年(1600)、徳川家康によって会津征伐が起こると伊達政宗が白石城を攻略したことで再び伊達領となり、伊達氏の家臣・片倉小十郎によって大改修が行われ、明治維新までのあいだ片倉氏の居城となった。

慶応4年(1868)、戊辰戦争の際には奥羽越列藩同盟が白石城で結成・公議府が置かれ、北白川宮能久親王(輪王寺宮)が滞城した。しかし、仙台藩は新政府軍に降伏し、按察府(あぜち)が置かれるが明治3年(1870)には廃止。明治7年(1874)に民間へ売却・解体された。
現在の白石城三階櫓(天守閣)は、平成7年(1995)3月に復元されたもので、解体されてから約120年ぶりの再建となった。

  • 所在地

    宮城県白石市益岡町1-16

    周辺マップ

  • 入場料

    一般400円、小学・中学・高校生200円、未就学児童無料

  • 営業時間

    4月~10月:9:00~17:00/11月~3月:9:00~16:00

  • 休業日

    12月28日~12月31日

  • WEBサイト

    http://www.shiro-f.jp/shiroishijo/

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    JR東北本線「白石駅」より徒歩約10分

    東北自動車道「白石IC」より約10分

このスポットの位置

大きな地図を見る

白石城の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

最新記事一覧

一覧を見る

今月の人気エリア

7~8月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介