丹頂鶴自然公園
丹頂鶴自然公園
丹頂鶴自然公園 丹頂鶴自然公園

丹頂鶴自然公園は、保護増殖を目的に1958年全国から寄付を募って開園した公園である。
19世紀の中頃までは北海道の至るところで湿原があり、タンチョウは珍しい鳥ではなかったが、 明治に入り開拓民によって湿地が農地へと変わっていき、タンチョウが乱獲されるようになってからは姿が見られなくなった。
その後、1924年に10数羽のタンチョウを発見。この地域は禁猟区となり国の保護政策が始まった。 1935年には特別天然記念物になって保護活動も継続し、現在でも自然に近い環境で常時10羽ほどが飼育されており、年間を通してタンチョウを観察することができるようになった。

  • 所在地

    北海道釧路市鶴丘112

    周辺マップ

  • 入場料

    入園料:一般(高校生以上)480円、 小中学生110円

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    http://www.kushiro-park.com/publics/in...

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    釧路駅からバスで約60分

    JR釧路駅より車で約28分、釧路空港より車で約10分

このスポットの位置

大きな地図を見る

丹頂鶴自然公園の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

最新記事一覧

一覧を見る

今月の人気エリア

7~8月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介