熊野大社(熊野神社)
熊野大社(熊野神社)
熊野大社(熊野神社) 熊野大社(熊野神社)

熊野大社は、大同元年(806年)に平城天皇の勅命によって再興されてから1200年以上の歴史を持ち、御祭神として「熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)」、「熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)」、「熊野家津御子大神(くまのけつみこのおおかみ)」を祀り、伊弉冉命(いざなみのみこと)を主神とし、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、素盞嗚尊(すさのおのみこと)を配祀する。熊野大神様は別名「イザナミノミコト・イザナギノミコト」という名前を持ち、日本で初となる夫婦の神様・縁結びの神様としても祀られている。
正式名称は熊野神社だが、日本三熊野の一つとされていることから"熊野大社(くまのたいしゃ)"の通称で用いられている。

熊野大社には、うさぎ伝説の逸話から本殿の裏側に彫られた3羽のうさぎを見つけると願いが叶うといわれ、恋愛成就や健康祈願などのご利益があるとされる。関連して授与所にはレトロで可愛らしい縁結びのお守りや置物などが豊富に設けられている。
また、真っ白な石鳥居をくぐった先には源義家の命によって植えたとされる高さ約30m、根回り約7.7mの大きなイチョウの木があり、樹齢は約900年にもなる熊野大社のシンボル的存在である。11月中旬に紅葉の見頃を迎える。

  • 所在地

    山形県南陽市宮内3476-1

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    http://kumano-taisha.or.jp/

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    JR赤湯駅より車で約10分

    フラワー長井線「宮内駅」より徒歩で約10分

このスポットの位置

大きな地図を見る

熊野大社(熊野神社)の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

7~8月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介