古寺渓谷神通峡
古寺渓谷神通峡

小朝日岳をはじめとする峰々、約3,000haより流れ出た水が長い年月をかけて渓谷を形成していった。
かつて、渓谷沿いには木材を柳川へ運ぶトロッコ道が通っており、現在はその道を遊歩道として改修し歩いて散策できるように整備されている。
5月下旬~6月は新緑の見頃を迎え、見渡す限り深くて濃い緑に覆われる中を木漏れ日が差し込み、川の瑞々しさと相まって爽やかな雰囲気に癒される。
10月下旬~11月上旬は紅葉の名所となり、赤・黄・オレンジに色づいた木々が燃えるように広がり、どこか哀愁漂う幻想的な景観が魅力である。

  • 所在地

    山形県西村山郡大江町貫見地内

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    5月下旬~11月上旬

  • 休業日

    11月下旬~5月上旬までは雪のため閉鎖

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    5月, 6月, 10月, 11月

  • ワンポイント

    駐車場:50台程度

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    JR左沢線「左沢駅」より車で約45分

このスポットの位置

大きな地図を見る

古寺渓谷神通峡の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

1~2月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介