大江山の雲海
大江山の雲海
大江山の雲海
大江山の雲海 大江山の雲海 大江山の雲海

11月

大江山は標高832m、京都府丹後半島の付け根に位置し、福知山市から宮津市にまたがる連山である。
この山には3つの鬼退治の伝説が残されており、崇神天皇(すじんてんのう)の弟である日子坐王(彦坐王)が土蜘蛛陸耳御笠(くぐみみのみかさ)を退治した話、 聖徳太子の弟である当麻皇子(たいまのみこ)が英胡・軽足・土熊を討った話、源頼光(みなもとのよりみつ)と頼光四天王が活躍したことで有名な酒呑童子伝説が伝えられる。
そんな大江山では、秋から冬にかけて美しい雲海を見ることができる。 11月から12月にかけての早朝、前夜との寒暖差が大きくなると空気が冷やされ、霧が発生する。 その冷やされた空気が山間部などの地形に溜まり、山頂から見下ろすと神秘的な雲海が広がる。
ビュースポットは、標高600mに位置する鬼嶽稲荷神社で、雲海が発生している方向に大きく開けており、鑑賞するには最適の場所である。

  • 所在地

    京都府福知山市大江町北原

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    11月, 12月

  • ワンポイント

    早朝6:00~7:00が見頃。

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    京都縦貫道「舞鶴大江IC」から国道175号経由し約19km(約45分)

    京都丹後鉄道「大江駅」より市バス「大江山の家」行き終点下車、徒歩約1時間。

このスポットの位置

大きな地図を見る

大江山の雲海の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

3~4月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介