壬生寺
壬生寺
壬生寺 壬生寺

11月

壬生寺(みぶでら)は、正暦2年(991)に三井寺の快賢僧都によって創建した寺院とされ、当時は小三井寺と呼ばれていた。
建暦3年(1213)には信者であった平宗平により現在の場所に移されたが、正嘉元年(1257)に火災が起こりすべての伽藍(がらん)が焼失してしまった。
その後、正元元年(1259)に平宗平の子である平政平らによって復興し、さらに円覚上人が大念仏会の際に上演される「壬生大念仏狂言」創始し栄えたと伝わる。
壬生寺(みぶでら)は、厄除・開運の寺として庶民の信仰を集める寺院であり、 また新選組ゆかりのお寺でもあることから、境内の壬生塚には新選組隊士11名の墓塔と近藤勇の胸像などが祀られている。

  • 所在地

    京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31番地

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    8:30~16:30

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    駐車場:8台程度(大型バスの駐車不可)

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    JR京都駅から市バスで約20分(壬生寺道下車)、バス停から徒歩約3分。

    JR京都駅よりタクシーで約15分。

このスポットの位置

大きな地図を見る

壬生寺の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

今月の人気エリア

11~12月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介