盛岡八幡宮
盛岡八幡宮

盛岡の総鎮守となっている「盛岡八幡宮」は岩手県盛岡市に存在し、約2万坪の敷地内には大小18の社殿が集まるご利益の多いパワースポットとしても有名な神社である。
起源は康平5年(1062)、源頼義が安倍氏討伐の際に戦勝を祈願し、石清水八幡を勧請したことに始まったとされる。延宝8年(1680)に南部家第29代目当主・南部重信公が鳩森八幡の御旅所に新八幡を建立し、明治以降は鳩森八幡を新八幡に遷座した。
本殿に八幡大神・春日大神・白山大神の3神が祀られている他、境内にある8つの摂社と3つの末社に多くの神様が集まっている。中でも笠森稲荷神社と大国様・恵比寿様は商売繁盛や運気向上のご利益が授かれると人気を集めている。
盛岡八幡宮は岩手一の参拝者を誇り、古くから農業や工業、商業、学問など人間の生活に関わる根源の神として多くの地域の人々から崇敬を集め、今でも成人式や七五三など人生の節目に数多くの人が盛岡八幡宮を訪れる。

  • 所在地

    岩手県盛岡市八幡町13-1

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    盛岡駅よりバスで約20分(八幡宮前バス停下車すぐ)

    東北自動車道「盛岡IC」より車で約15分

このスポットの位置

大きな地図を見る

盛岡八幡宮の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

4~5月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介