森将軍塚古墳
森将軍塚古墳
森将軍塚古墳
森将軍塚古墳 森将軍塚古墳 森将軍塚古墳

森将軍塚古墳は、小高い山頂に位置し、県下最大となる全長約100mの前方後円墳である。
長野県における前方後円墳としては初期にあたる古墳時代(4世紀末)に造られ、信濃国の前進・科野(しなの)の首長の墳墓と考えられる。
古墳の周りには約200個の円筒埴輪が並び、前方部に対して後円部が曲がった珍しい形をしているのが特徴。昭和46年(1971)に国の史跡に指定され、昭和56年(1981)から平成4年(1992)までの11年をかけて築造当時の姿に復元されている。
名前の由来としては、"森"地区に古墳が存在し、偉い人のことを"将軍様"と呼んでいたことから「森将軍塚古墳」と名付けられた。

  • 所在地

    〒387-0007 長野県千曲市屋代29-1(科野の里歴史公園)

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    更埴ICから車で約5分/しなの鉄道線屋代駅から車で約10分

このスポットの位置

大きな地図を見る

森将軍塚古墳の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

1~2月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介