八木ヶ鼻
八木ヶ鼻

11月

八木ヶ鼻は五十嵐川(いからしがわ)の上流に高さ200m以上の崖がそびえ立つ新潟県三条市の景勝地である。
およそ600万年前の海底火山活動で形成された海底溶岩ドームの中心部にあたり、約200万年前以降この地域が陸化した後、浸食・解析の結果、海底溶岩ドームの中心部が露出して絶壁が形成されたものだと考えられる。
また、紅葉の名所としても知られており、例年10月下旬からモミジやケヤキが色づきはじめ、周辺の袴腰山(はかまごしやま)や粟ヶ岳(あわがたけ)とともに雄大な紅葉の景色が楽しめる。

  • 所在地

    〒955-0121 新潟県三条市

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    10月, 11月

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    北陸自動車道「三条燕IC」から車で40分

    JR東三条駅前から「八木ヶ鼻温泉行き」バスに乗車し約50分、「八木ヶ鼻温泉」にて下車後徒歩約10分

このスポットの位置

大きな地図を見る

八木ヶ鼻の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

10~11月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介