斎場御嶽
斎場御嶽
斎場御嶽 斎場御嶽

7月

斎場御嶽(せーふぁーうたき)は、琉球の始祖「アマミキヨ」が創ったとされる琉球最高の聖地といわれる場所。
王国時代には琉球の最高神女であった聞得大君(きこえおおきみ)が管理し、"神の島"と呼ばれる久高島から白砂を運び入れ、御嶽全体に敷きつめられた。 その中で聞得大君の就任儀式「お新下り」が行われた。
斎場御嶽は、琉球国王や聞得大君の聖地巡拝の行事を現代に伝える「東御廻り(アガリウマーイ)」の参拝地として、今もなお多くの人々より崇拝されている。
また、御嶽内には6つのイビ(神域)があり、斎場御嶽に入る参道の入口に置かれた6つの香炉は分身であることを表す。 かつて、御門口から先は神事をする人しか入ることができなかったため、この香炉に向かって祈りを捧げていた。

  • 所在地

    沖縄県南城市知念久手堅455

    周辺マップ

  • 入場料

    大人(高校生以上)300円、小人(小・中学生)150円

  • 営業時間

    3月〜10月:9:00~18:00(最終入館17:30)、11月〜2月:9:00~17:30(最終入館17:00)

  • 休業日

    ※WEBサイトよりご確認ください。

  • WEBサイト

    https://okinawa-nanjo.jp/sefa/

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    無料駐車場約150台。

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    那覇バスターミナルより東陽バス志喜屋線38番にて斎場御嶽前バス停下車(所要時間約90分)。そこから徒歩約10分。

    那覇空港から約50分

このスポットの位置

大きな地図を見る

斎場御嶽の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

今月の人気エリア

8~9月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介