熊川宿
熊川宿

5月

熊川宿は、戦国時代の終盤に交通と軍事において重用な場所であるとして、小浜城主・浅野長政(あさのながまさ)により宿場町として整備された。
町を通る若狭街道は日本海から京都まで繋がっており、鯖などの魚を運んだことから"鯖街道(さばかいどう)"とも呼ばれた。
近代以降は鉄道などの開通により旧街道は衰退し、ピーク時の江戸時代中期の約半分の戸数となったため、地域は再開発されることなく古い町並みが残されている。 街道沿いには瓦葺きや真壁造、塗籠造(ぬりごめづくり)などの伝統的な建築物が多く建ち並び、 また、旧街道に沿って前川と呼ばれる水量豊かな水路が流れており、石橋やかわとなどの工作物とともに歴史的景観を残している。

  • 所在地

    〒919-1532 福井県三方上中郡若狭町熊川

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    通年

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    舞鶴若狭自動車道若狭上中ICから車で約15分

    JR上中駅から近江今津行きJRバスに乗車し「熊川」にて下車後、徒歩約3分。

このスポットの位置

大きな地図を見る

熊川宿の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

今月の人気エリア

8~9月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介