北防波堤ドーム
北防波堤ドーム

北防波堤ドームは、1931年より建設がスタートし5年の歳月をかけて完成。 海上からの高さ約14m、円柱70本を並べた長さ427mの独特の景観と構造は、古代ギリシア建築を彷彿とさせる世界で類の見ない防波堤である。
当時26歳だった土木技師・土谷実によって設計され、北海道と樺太を結ぶ旧稚泊航路整備の一環として、冬季の北西越波防止のために建設された。
樺太へと渡る人々で賑った頃のシンボルでもあり、旧樺太航路時代の記憶を残す歴史的遺産となっている。

  • 所在地

    〒097-0023 北海道稚内市開運1丁目

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    -

  • ベストシーズン

    5月, 6月, 7月, 8月, 9月

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    稚内駅から徒歩約5分

このスポットの位置

大きな地図を見る

北防波堤ドームの周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

11~12月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介