釧路湿原国立公園
釧路湿原国立公園
釧路湿原国立公園 釧路湿原国立公園

釧路湿原は釧路川とその支流を抱く日本最大の湿原で、1967年に国の天然記念物、1980年に日本国内で初となるラムサール条約登録湿地となった。 その後、釧路湿原国立公園は1987年に国内28番目の国立公園に指定された。
湿原には、約700種の植物や39種の哺乳類(ほにゅうるい)、4種の両生類、5種の爬虫類(はちゅうるい)、38種の魚類、200種の鳥類が生息しており、確認されただけでも約1,150種の昆虫が生息している。
また、特別天然記念物に指定されているタンチョウなどの水鳥も多く生息しており、野生生物の貴重な生息地ともなっている。

  • 所在地

    〒085-0001 北海道釧路市

    周辺マップ

  • 入場料

    -

  • 営業時間

    -

  • 休業日

    -

  • WEBサイト

    https://www.env.go.jp/park/kushiro/acc...

  • ベストシーズン

    5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月

  • ワンポイント

    -

  • 最寄駅・ICからのアクセス

    釧路空港から釧路市湿原展望台まで車で約20分、JR釧路駅から釧路市湿原展望台まで車で約30分

    【東京方面より】羽田空港(飛行機で約95分)→釧路空港にて阿寒バスに乗換(約65分)→釧路駅下車後JR釧網本線に乗換(約20分)→釧路湿原駅下車

このスポットの位置

大きな地図を見る

釧路湿原国立公園の周辺スポット50km圏内

周辺マップを見る

キーワード

最新記事一覧

一覧を見る

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

2~3月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介