【2018年版】かわいい風鈴をお土産に!フォトジェニックな風鈴祭り6選

【2018年版】かわいい風鈴をお土産に!フォトジェニックな風鈴祭り6選
風に吹かれて、涼しげな音色でいっせいに鳴りはじめる風鈴たち。
元々は邪気払いや魔除けのためにつけられていた風鈴ですが、時代を経て素材や色合いも変わり、今ではすっかり夏の風物詩となっています。

今回はこの夏おすすめの、お土産選びも楽しいフォトジェニックな風鈴祭りをご紹介します。

1. 川崎大師 風鈴市 | 神奈川県

川崎大師

|年に一度ここでしか買えない、かわいすぎる厄除けだるま風鈴

「厄除けのお大師さま」として、全国から信仰を集める川﨑大師。強力な厄除けで名高い寺院ですが、意外にも風鈴市で販売される「厄除開運だるま風鈴守」はとってもかわいいのです。
  • 川崎大師
  • 川崎大師
可愛らしいだるまのかたちをした風鈴は、川崎大師住職によって祈祷されたオリジナルのお守りでもあります。限定販売なので、購入を希望される方は早めの時間に風鈴市に足を運びましょう。

もちろん、厄除けだるま風鈴守だけではなく、全国から集められた約30,000個もの風鈴が販売されていますので、きっとあなたのお気に入り風鈴が見つかるはずです!
【開催日時】2018年7月18日~22日(基本10:00~18:00で開催。20日のみ20:00まで)
【アクセス】京浜急行「川崎大師」駅下車、徒歩8分
【Webサイト】http://www.kawasakidaishi.com/index.html

2. 西新井大師 | 東京都

西新井大師

|全国の風鈴が一堂に会する、風鈴祭りでマイ風鈴を探そう

江戸時代に女性の厄除け祈願所として名を馳せた西新井大師。いまでも厄除け祈願をしに東京のみならず、遠方からの参拝者も多く訪れます。

そんな西新井大師の夏の風物詩として有名な「風鈴祭り」は、日本全国から集った様々な風鈴が境内に掛けられ、美しく涼やかな音色を奏でます。
  • 西新井大師
  • 西新井大師
江戸風鈴をはじめ、九谷焼、有田焼、南部鉄器や竹細工、瑠璃で作られた風鈴など、その種類はさまざま。

これらの風鈴は展示販売されるため、購入を考えている方は早めに行くのがオススメです。あなただけの一品を探しに、足を運んでみてはいかがでしょう?
【開催地】東京都足立区西新井1-15-1
【開催日時】 2018年7月2日~8月5日(平日10時~16時まで、土日祝日 10時~17時まで)
【アクセス】東武大師線「大師前」駅下車 徒歩5分
【Webサイト】http://www.nishiaraidaishi.or.jp/

3.浅草ほおずき市 | 東京都

浅草ほおずき市

|風鈴の音色が響きわたる、江戸情緒感じるほおずき市

全国からだけでなく世界中から観光客が訪れる、浅草の浅草寺。

都内最古といわれる歴史あるこの寺で、毎年7月9日・10日に開催されるほおずき市は、境内を真っ赤に彩るほおずきと、風鈴の音色が響き渡る、フォトジェニックな浅草の夏の風物詩です。
浅草ほおずき市
なぜ、ほおずきと風鈴を一緒に売っているのかというと、お盆の時期に、あの世にいる先祖の霊を迎え入れる際に、赤いほおずきが目印となる提灯に見立てられたことから。

さらに、風鈴は魔除けの役目があるので、先祖の霊を悪霊と一緒に呼び込まないためにこのようにセットで売られるようになったそう。
浅草ほおずき市
また、7月10日は1年で最大の功徳日であり、この日にお参りするとなんと46,000日分のご利益があるそうです。この特別な日に参拝し、情緒あふれる浅草の夏の風物詩を優雅に楽しんでみたいものですね。
【開催日時】2018年7月9~10日

4. 氷川神社 縁むすび風鈴 | 埼玉県

氷川神社

|風鈴のトンネル「風鈴回廊」で、フォトジェニックな夏の思い出を

川越駅からバスで約10分、縁結びと夫婦円満のご利益で有名な氷川神社。

高さ15メートルの大鳥居をくぐると、まるで小さな森のような自然味あふれる空間が広がります。境内に入ると、色とりどりの鮮やかな江戸風鈴のトンネルがお出迎え。

境内には2,000個以上の風鈴が掛けられおり、涼しげな音色が響き渡ります。
氷川神社
「縁結び風鈴」の期間中は、境内の小川に光を灯し天の川に見立てた「光る川」も現れ、夏の夜をより幻想的に盛り上げます。

風鈴の音色に包まれ、光の中を歩くと、縁結びの神さまがあなたの願いを叶えてくれるかもしれません。
【開催日時】2018年7月7日~9月9日(9:00~16:00)
【住所】埼玉県川越市宮下町2-11-3
【アクセス】JR、東武東上線「川越駅」東武バス、7番乗り場「川越氷川神社」下車すぐ
【Webサイト】http://www.hikawa-fuurin.jp/

5. おふさ観音 風鈴まつり | 奈良県

おふさ観音

|2,500個の風鈴が圧巻!バラと風鈴に彩られた美しいお寺

バラと風鈴のお寺として有名な奈良県橿原市のおふさ観音。江戸時代に地元の娘のおふささんがお堂を立て観音様をお奉りしたのが起源とされている、高野山真言宗のお寺です。
おふさ観音
5月末から6月中旬にかけて、境内には色とりどりの美しいバラの花が咲き誇り、夏には2,500個もの短冊のついた風鈴が境内を涼音で包む、風鈴祭りが開催されます。

期間中は、日本各地から集められた風鈴の即売会が行われ、夜はランプの光で風鈴が幻想的に浮かび上がる夜まつりも行われます。

どこか女性的な優しさ、美しさを感じるおふさ観音では、現代アートの作品展やイベント開催なども行われていますのでぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。
【開催地】奈良県橿原市小房6-22
【開催日】2018年7月1日~8月31日(7:00~17:30※開門は午後5時まで)
【アクセス】大和八木駅からバス「小房」停留所下車、徒歩5分
【Webサイト】http://www.ofusa.jp/

6. 正寿院 風鈴まつり | 京都府

正寿院

|ハートの窓、天井画、そして風鈴!女子が集うフォトジェニックなお寺

ハート型の窓のあるお寺として有名な京都の正寿院。

この、ハート型の「猪目窓(いのめまど)」だけでなく、花と日本の風景をテーマに書かれた天井を埋め尽くす160枚の美しい日本画など、フォトジェニックなお寺として若い女性を中心に高い人気を集めています。

インスタ映えスポットとしてまだ目新しさを感じますが、実は800年という歴史を持つ由緒あるお寺なんですよ。
正寿院
正寿院
毎年夏には風鈴祭りが開催され、約2,000個の風鈴が風に吹かれ、一斉に涼しげな音色を奏でます。夜にはライトアップも実施され、ランプに照らされた風鈴が暗闇に浮かび上がる姿はなんとも幻想的です。

1,000円で風鈴の絵付け体験もできるので、オリジナルのマイ風鈴をお土産にしてみてはいかがでしょう?

※風鈴祭りに参加するにはチケットの購入または事前予約が必要です。ホームページを確認してください。
【開催日時】2018年7月1日~9月18日 (事前予約制)
【Webサイト】http://shoujuin.boo.jp/?page_id=224
日本全国で開催される風鈴祭。涼を求めるもよし、オリジナルの風鈴を探しに出かけるもよし。夜風と風鈴の涼しい音色に癒されに、出かけてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

10~11月のおすすめスポット

絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介


特集ページ