うららかな春風に泳ぐ「鯉のぼり」の絶景を見にいこう

うららかな春風に泳ぐ「鯉のぼり」の絶景を見にいこう
男の子の健やかな成長を願う、端午(たんご)の節句に合わせて、大空を泳ぐ鯉のぼり。
春の柔らかい風に乗って泳ぐ風景は、とても気持ちのいいものですね。

今回は、見るだけで自然に笑顔と元気になれる、そんな鯉のぼりのある風景を4つご紹介します。

1. 阿智村月川温泉 花桃の里 | 長野県

はなもも街道

|空、山、花桃、鯉のぼり…カラフルな共演が美しい!

長野県阿智村にある「はなもも街道」は、4月中旬~5月中旬にかけて、1本の木に赤・白・ピンクの三色の花を付ける「三色花桃」の花が咲き乱れ、 「日本一の桃源郷」と呼ばれる美しい景色に変化していきます。

中でも、筆者のおすすめは月川温泉郷。県道沿いや本谷川沿いの土手道に、密集するように約5000本の花桃が咲き、ドライブや散策をしながら花を愛でることができますよ。 
はなもも街道
毎年春には「花桃まつり」を開催しており、開催中は花桃の上を泳ぐたくさんの鯉のぼりを見ることができます。
はなもも街道
飾られるのは家庭で使用されなくなった鯉のぼりたち。そのため、大きさや色はまちまちですが、花に負けない彩りと華やかさになっています。

再び大空を泳げるようになった鯉のぼりたちはどこか嬉しそう。春の陽射しを浴びて気持ちよさそうに泳ぐ姿に、きっと元気をもらえると思いますよ。
【花桃まつり開催期間】4月下旬~5月上旬

2. 杖立温泉 鯉のぼり祭り | 熊本県

はなもも街道

|温泉地を飛ぶように泳ぐ鯉のぼりの絶景

杖立川沿いに数々の宿が軒を連ねる熊本県・杖立温泉。その立地を生かし、毎年春になると「杖立温泉鯉のぼり祭り」が行われています。

杖立温泉は、河川をまたいで鯉のぼりを泳がせる「鯉のぼり祭り」発祥の地でもあり、その始まりは1980年頃といわれています。
  • 杖立温泉
  • 杖立温泉
今年のお祭りは4月1日~5月6日まで。杖立川の上を飛ぶように泳ぐ鯉のぼりは約3500匹!その大群舞はまさに圧巻の光景です。

風の向きによって、今まさに川を途上するように見えたり、空へ向かって飛ぶように見えたり、楽しく踊っているように見えたり。
まるで生きているかのような様々な表情を見せてくれます。
杖立温泉
夜には鯉のぼりのライトアップも開催。昼間、元気に泳いでいた鯉のぼりが、光に照らされると幻想的な雰囲気に一変します。

また5月3日~5日は成長祈願祭などの子供向けのイベントも用意されています。各旅館や料理店では、鯉づくしの料理も楽しめるので、昼に、夜に、見て、食べて。1日中、鯉を満喫できますよ。
【住所】熊本県阿蘇郡小国町下城杖立
【杖立温泉鯉のぼり祭り開催期間】4月1日〜5月6日
【ライトアップ】19:00~22:00
【アクセス】JR日田駅からバスで約45分、杖立温泉下車、徒歩約3分
【Webサイト】http://tsuetate-onsen.com/

3. 五条川 のんぼり洗い | 愛知県

五条川 のんぼり洗い

|古き良き伝統と文化を伝える、川を泳ぐ優美な鯉のぼり

愛知県西部を流れる五条川は、さくら名所100選にも選ばれている桜の名所です。

毎年岩倉市で行われる「岩倉桜まつり」は有名で、約1400本の桜がアーチのように五条川にかかり、その美しい景色を見に県外からも多くの人が訪れます。

祭り期間中は桜の夜間ライトアップや山車の巡行など、さまざまなイベントが行われますが、訪れる人の目を釘付けにするのが、全国的にも珍しい「のんぼり洗い」です。
五条川 のんぼり洗い
「のんぼり洗い」とは職人さんが染めた鯉のぼりの糊を五条川の水で洗い落とす作業のことで、「東海美の里百選」にも認定されています。

岩倉市には約400年の伝統を誇るのぼり屋(旗屋)があり、昔ながらの手法や伝統を今に伝える「のんぼり洗い」は春の訪れを告げる風物詩となっています。
五条川 のんぼり洗い
まだ冷たい水の中、職人さんの手によって糊が落とされていくと色鮮やかな鯉のぼりが浮かび上がってきます。

そして、その鯉のぼりに寄り添うように流れる桜の花びらが、時に鯉のぼりの模様のように見えたり、鯉のぼりを先導する花筏のようになったり。水の流れによって表情を変えていく鯉のぼりと花びらの姿はとても優雅です。

華やかさと伝統をまといながら泳ぐ鯉のぼりの姿は、日本の美しさを感じる風景です。
【住所】愛知県岩倉市五条川流域(豊国橋北)
【岩倉桜まつり開催期間】3月30日〜4月8日
【のんぼり洗い開始時間】
・3月30日〜4月8日(3月31日・4月1日を除く)
:11:00〜
・3月31日、4月1日:10:30〜/12:30〜/14:30〜
【アクセス】名鉄犬山線「岩倉駅」から徒歩5分
【Webサイト】http://www.city.iwakura.aichi.jp/category/3-11-3-0-0.html

4. 東京タワー333匹の「鯉のぼり」と巨大「さんまのぼり」 | 東京都

東京タワー333匹の「鯉のぼり」

|大都会の春空に現れる、333匹の鯉のぼり+1匹のさんまのぼりの大群

東京タワー恒例「端午の節句 特別企画」として、東京タワーの高さ333mにちなんで、333匹の大小色とりどりの「鯉のぼり」が空を舞うこのイベント。今年は4月7日~5月6日まで行われます。

東京タワーの1階正面玄関前に現れる、333匹の鯉のぼりの大群。都内でこれだけの数の鯉のぼりが見られるのは大変珍しく、全国から多くの人が訪れます。

また、期間中の17:00~23:00には鯉のぼりのライトアップも行われ、鯉のぼりを吊るワイヤーもレインボーカラーに染まり、まさに東京ならではのきらびやかな絶景が見られます。
東京タワー
もうひとつ忘れてならないのが、鯉のぼりの中でひときわ大きく泳ぐ「さんまのぼり」です。
東京タワー
こちらは、毎年9月に開催されるイベント「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」を通じて友好関係を築いてきた岩手県大船渡市に向け、東京タワーが東日本大震災直後に製作したもの。

震災からの復興とエールを込め、5月の「鯉のぼりイベント」で掲げ続けています。

さんまのぼりは1匹だけですが、全長6mの大きな体を風になびかせる姿は存在感抜群!東京の空から岩手の空へ、さんまのぼりが復興への思いを乗せて泳ぐ姿は、勇壮で胸に迫るものがあります。
東京タワー
鯉のぼりとさんまのぼりが東京の大空を元気に泳ぐ。東京でもこんな景色に出会えるんだな…と心がほっこりするスポットです。
【開催場所】東京タワー1階正面玄関前
【端午の節句 特別企画開催期間】
4月7日〜5月6日の9:00~23:00(ライトアップは17:00〜23:00)※雨天決行
年々、鯉のぼりのある風景が見られなくなってきていますが、色々な思いを乗せて力強く泳ぐ鯉のぼりを見ると、日本の素晴らしい文化だなぁと再認識します。

春の主役は花だけではありません。空を見上げて鯉のぼりの勇姿に触れてみて下さい。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

8~9月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介