「国営ひたち海浜公園」のネモフィラ、コキアはいつ見頃?その他の花の見頃も!

「国営ひたち海浜公園」のネモフィラ、コキアはいつ見頃?その他の花の見頃も!
絶景好きであれば、一度は見ておきたい、国営ひたち海浜公園のお花畑。
コキアやネモフィラを見たいけどいつ行けばみられるのかわからない、どうせ行くのなら花のコラボも楽しみたい!
そんな声にお答えして、編集部がおすすめしたい、国営ひたち海浜公園の花の見頃をまとめました。

まずは春の花から!
春は、スイセン、チューリップ、ネモフィラなどの花々が次々と開花する、フラワーリレーが見どころです。

3月下旬〜4月中旬|スイセン

スイセン
スイセン
約100万本のスイセンの絨毯が、「スイセンガーデン」を埋め尽くします。園内に約500品種もあるといわれる白や黄色のスイセンを、形や色を見比べながら歩くのも楽しいですよ。

4月中旬〜4月下旬 | チューリップ

チューリップ
チューリップ
風車やたまご型のオブジェが点在する「たまごの森フラワーガーデン」では、4月中旬になると形も色もさまざまなチューリップが咲き誇ります。
まるでおとぎ話のワンシーンを切り取ったような、色とりどりのチューリップアートを堪能しましょう。

4月中旬〜4月下旬 | 菜の花

菜の花
菜の花
「みはらしの里」を埋め尽くす、約50万本の黄色い菜の花の絨毯。
園内にある遊園地「プレジャーガーデン」の大観覧車と、菜の花とのコラボレーションもインスタ映え間違いなし。
好みのアングルを探しながら、春色に染まる菜の花畑を散歩してみましょう。

4月中旬〜5月上旬 | ネモフィラ

ネモフィラ
国営ひたち海浜公園といえば、この光景を思いうかべる方が多いのではないでしょうか?
約450万本のネモフィラが、「みはらしの丘」を染め上げる爽やかな花景色。空と溶け合うブルーの絶景は、一度見たら忘れられません。
ネモフィラ
大人気のネモフィラ。特にゴールデンウィーク中は混雑しますので、早朝の時間帯が狙い目です。
ゴールデンウィーク期間中は、特別に7:30から早朝開園しておりますので、バスツアーのお客さんが増えだす10時前までであれば、比較的ゆっくりと「みはらしの丘」を散策できますよ。
ネモフィラ
さらに、4月中旬〜4月下旬は、菜の花とネモフィラの競演が楽しめる可能性が高いのでおすすめします。

7月中旬~9月中旬 | 緑のコキア

緑のコキア
緑のコキア
まるで生き物のような、まん丸な形をした可愛らしい草、コキア。
「みはらしの丘」一面を、約3万2千本の緑のコキアが埋め尽くす光景は、国営ひたち海浜公園でも大人気の絶景です。
触るとモフモフと柔らかいコキアと戯れながら、ライムグリーンに染まる丘を散歩しましょう。
緑のコキア
8月中旬は、緑色のコキアをカラフルなLEDが照らしだす、夜間ライトアップを開催。光に浮かび上がるコキアと賑やかな音楽が、真夏の夜を盛り上げます

6月下旬~7月上旬 | ラベンダー

ラベンダー
ラベンダー
120種類以上のハーブが育つ「香りの谷」では、6月下旬になると約1500株のラベンダーが彩ります。
斜面を覆うように咲き誇るラベンダーが放つ香りは、爽やかで心地よくリラックスできること間違いなしです。

7月下旬~9月中旬 | ジニア(百日草)

ジニア(百日草)
ジニアは、和名「百日草」の名の通り、夏の強い日差しにも負けず、長期間、元気な姿で咲き続けるキク科の植物です。
黄色、赤、白、ピンクと、色とりどりのビタミンカラーのジニアが彩る「みはらしの里」を歩くと、自然のパワーをチャージできるかも。
さらに、8月から9月中旬には、ジニアと緑のコキアとの奇跡のコラボレーションが楽しめます。

8月中旬 | ひまわり

ひまわり
太陽が照りつける中、「みはらしの里」では、約3万本・高さ約2メートルまで成長するひまわりが一斉に咲き誇ります。

真夏日の午後には下を向いてしまうことがあるので、元気に太陽の方向を向くひまわりに会いに行くなら午前中がおすすめです。

8月中旬には、緑のコキアとひまわりとジニアのトリプルショットがお目見えします。
夏の快晴の日には、青空が広がり奇跡のような絶景が見られますよ。

10月上旬~中旬 | コスモス

コスモス
コスモス
総数280万本ものコスモスが、園内の色々な場所で鮮やかに咲き誇り、秋の訪れを告げます。
「みはらしの丘」のふもとではピンク色の絨毯が現れ、大草原フラワーガーデンでは、様々な品種のコスモスが楽しめます。
コスモス
さらに、コスモスの開花期間とコキアの紅葉の期間は重なっています。
10月上旬~中旬は、咲き誇るコスモスと真っ赤なコキアの秋らしいコラボレーションを一望できます。

10月中旬~下旬 | 赤いコキア

赤いコキア
赤いコキア
10月中旬から、「みはらしの丘」は真っ赤に紅葉したコキアに彩られます。
若々しい緑から一転、燃えるような赤い色をしたコキアの中を歩くと、まるでファンタジーの世界の主人公になった気分。

またコキアの紅葉に合わせて、「きて みて さわって コキアカーニバル」が開催されます。
芸術・スポーツ・食欲など秋を堪能できるイベントやグルメが充実し、園内は秋一色に染まります。
赤いコキア
一味違ったコキアを楽しみたいなら、9月下旬から10月上旬頃がおすすめ。
この時期は、緑のコキアが紅葉し赤いコキアに変化するまでの、グラデーションが楽しめます。
色味が移ろいゆくコキアで埋まる丘は、ユニークな写真を撮影したい方におすすめです。
以上、編集部がおすすめしたい、国営ひたち海浜公園の花の見頃でした。
ここでは紹介しきれないたくさんの種類の花がありますので、詳しく知りたい方は公式ホームページもご確認ください。

“花の聖地”として名高い国営ひたち海浜公園。好みの花の見頃に訪れて、広大なお花畑を満喫してみてくださいね。
このページの花の見頃情報は、国営ひたち海浜公園公式ホームページの情報を元に作成しております。実際の開花状況や、種類・本数はその年により変化することがあります。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

5~6月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介