石垣島が人気急上昇中の観光地で、世界第1位に!美しい海に抱かれる離島の絶景

石垣島が人気急上昇中の観光地で、世界第1位に!美しい海に抱かれる離島の絶景
「トリップアドバイザー」が発表した「2018年世界で人気急上昇中の観光地」で石垣島がハワイのカパアを抑えて1位に選ばれました!
サンゴ礁の海は世界一美しいと言っても過言ではないほど透明度が高く、川平湾はミシュランガイド3つ星にも選ばれています。

今回はそんな人気急上昇中の石垣島についてご紹介します。

石垣島の3月・4月の気候は?

那覇から411km、台湾(台北市)から278kmの地点にある石垣島は、3月・4月でも平均気温は20〜21度ほど。
また、気温の平年値も24度と暖かく、冬でもシュノーケリングやダイビングを楽しめます。
特にプランクトンが少ない冬の時期は、海の透明度が高くより鮮やかな石垣ブルーが堪能できますよ。

石垣島へのアクセスは?

2013年に開港した 新石垣空港(南ぬ島石垣空港)へは大阪、名古屋、東京、福岡から直行便が出ておりアクセスも便利です。
石垣島での移動手段はバス、タクシー、レンタカー、レンタサイクルなど。旅のスタイルと予算にそって選ぶことができます。
春先でも暖かく、アクセスも便利な石垣島。
ここからは、石垣島で見られる魅力溢れる絶景を5つご紹介します!

1. 川平湾

川平湾

|世界有数の透明度を誇る、美しいエメラルドグリーンの海へ!

石垣島といえば、川平湾をイメージする人が多いのではないでしょうか?
ガイドブックにも必ず出てくる、ミシュランガイド3つ星にも選ばれた景勝地です。
やっぱり、石垣島に来たからにはこの景色を見たいですよね。

川平湾は、石垣島の市街地から車で約40分。展望台からは、世界有数の透明度を誇る美しいエメラルドグリーンの海と白く輝く砂浜を見渡すことができます。
川平湾
また、色とりどりのサンゴ礁や熱帯魚が泳ぐ姿を気軽に堪能できるグラスボートもおすすめ。ただし、川平湾は遊泳は全面禁止となっていますのでご注意ください。

2. 石垣島鍾乳洞

 石垣島鍾乳洞

|海だけじゃない!サンゴ礁から生まれた美しい地下世界を探検!

石垣島鍾乳洞は知る人ぞ知る穴場スポット。
鍾乳洞の全長は3.2kmあり、その中の660mほどが公開されています。洞窟の中を歩いていると、まるでどこか外国に行って探検をしているような気分になります。
石垣島鍾乳洞
約20万年もの歳月をかけて、自然が作り出した造形美は美しく、鍾乳洞イルミネーションの幻想的な輝きや、滴る水の音を楽しむ水琴窟、トトロの鍾乳石など、地底に広がる世界は見どころがたくさん!

石垣市街地からは約10分で行けるので、気軽に訪れてみてはいかがでしょう。雨の日の観光にもおすすめですよ。
【住所】沖縄県石垣市石垣1666
【料金】大人:1,080円、 小人: 540円
【営業時間】9:00~18:30 (最終入洞受付18:00)
【休業日】年中無休
【アクセス】石垣市内から車で約10分、新石垣空港から車で約30分
【Webサイト】http://www.ishigaki-cave.com/

3. バンナ公園

バンナ公園

|石垣の自然をまるごと!最高のオーシャンビュー展望台!

バンナ公園は、石垣島中央に位置する標高230mのバンナ岳を開発してつくられた、県立の森林公園です。
大自然を一望できる全部で10以上ある展望台や、子供も大人も遊べる広場などがあり、八重山でしか見られない蝶や植物も見られ、地元民からもとっても愛されています。
バンナ公園
おすすめは、「エメラルドの海を見る展望台」。
ここからは、石垣市街地とエメラルドの海、そして竹富島と西表島を一望できます!
併設されている星空展望台は、夜になると、展望台の階段やフロアが星のように光り、デートスポットとしても人気。
また、石垣島の降り注ぐような星空も一度見ると忘れることはできません。
【住所】沖縄県石垣市石垣961−15
【料金】無料
【営業時間】年中無休
【アクセス】石垣島バスターミナルから石垣島路線バス(吉原線・西周り伊原間線・西周り一周線)に乗り、「八重守の塔」下車徒歩2分で南口に到着
【Webサイト】http://www.banna7.com/

4. 米原ビーチ

米原ビーチ

|サンゴ礁がすぐ近くに!シュノーケリングに最適なビーチ

白い浜辺にゆるやかに弧を描く海岸、天然記念物のヤエヤマヤシの群落があり、のんびり過ごしたい人にぴったりの米浜ビーチ。
また、ここは石垣島でシュノーケルを楽しむのには、うってつけのビーチでもあります。
浜辺からほんの数メートル離れたところからサンゴ礁が広がっており、色鮮やかな赤や黄色の熱帯魚などたくさんの魚を見ることができます。
米原ビーチ
ただし、流れの早いところがあり、遊泳禁止区域に設定されているので潮の流れに十分気をつけて、海中の世界を楽しんでくださいね。
【住所】沖縄県石垣市字桴海446-1
【アクセス】新石垣空港バスターミナルから米原キャンプ場約1時間、下車後徒歩約6分 
【Webサイト】http://www.ishigaki-navi.net/si_yoneharabeach.html

5. フサキビーチ

フサキビーチ

|ウミガメも産卵に訪れる。夕日の美しい絶景ビーチ!

2018年3月21日に海開きをする、フサキビーチ。
このビーチの人気の理由は何といっても美しい夕日です。
海に突き出した桟橋から、向かい側の西表島や小浜島に沈んでいく夕日はまるで一枚の絵葉書のよう。
フサキビーチ
夕日が沈んだあとのマジックアワーに、ちらほらと星も輝き出します。
シュノーケルツアーやマリンジェット、シーカヤックなど様々なマリンスポーツも充実!シュノーケルではスポットまで約5分で到達することができ、カクレクマノミも見ることができます。
マリンスポーツで楽しんだあとは夕日を見て、素敵な1日を過ごしてくださいね。

また、フサキビーチはリゾートホテル内にあり、利用するにはホテルを通って入りますが、宿泊客でなくても無料で利用可能です。
【住所】沖縄県石垣市新川1625
【フサキリゾートヴィレッジまでのアクセス】新石垣空港から約25分
【Webサイト】http://www.fusaki.com/blog/archives/2924

世界中には美しいビーチがたくさんありますが、日本にも世界から注目されている、こんなに美しい南国の楽園があります。今、一番熱いこの地で、一足早い夏を楽しんでみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

11~12月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介