いすみ鉄道と小湊鉄道のはしご乗車も!のどかな菜の花絶景3選

いすみ鉄道と小湊鉄道のはしご乗車も!のどかな菜の花絶景3選
一足早く、春を告げる菜の花。黄色い絨毯のように広がる菜の花の絶景は、見た人の心を癒してくれます。
今回は、のどかな田園風景を走るローカル鉄道や富士山、岬の灯台など、ステキなローケーションで咲き誇るおすすめの菜の花スポットを紹介します。

1. 小湊鉄道・いすみ鉄道|千葉

|房総半島の菜の花畑の中を走る菜の花列車

千葉県のローカル鉄道、「小湊鉄道」と「いすみ鉄道」。五井駅から小湊鉄道に乗り、上総中野駅でいすみ鉄道へ乗り継いで大原駅まで、房総半島を横断できます。
そして、小さな列車が、菜の花畑の中を走る景観を一目見ようと、多くの人が訪れる人気路線でもあります。
菜の花の見ごろは、3月中旬から4月中旬。沿線の桜は、3月下旬から4月上旬が見ごろとなるので、この時期に合わせていくのがおすすめです。
黄色い菜の花とピンクの桜の花、その中を走り抜ける小さなかわいい列車。旅情あふれる春色の景観は、インスタ映え間違いなし。
2つの路線を利用するなら、「房総横断記念乗車券」がおすすめです。
後戻りしなければ五井駅と大原駅の間であれば何度でも途中下車できますよ。

|まずは、小湊鉄道のおすすめスポットから

五井駅から上総中野駅間を走行する「小湊鉄道」。一面に広がる菜の花畑なら、養老渓谷駅と上総大久保駅間にある石神の花畑がおすすめです。
小湊鉄道
3月中旬から運行される「里山トロッコ列車」の窓なし車両に乗って、車窓から菜の花畑を堪能するのもこの季節ならではの贅沢です。
各車両には、天窓も備え付けられているので、暖かい日差しを感じながら、養老川やクヌギ・ナラの広葉樹の森など、里山の香りをたっぷり堪能できますよ。
小湊鉄道
また、レトロ感溢れる木造駅舎の「月崎駅本屋」やのどかな田園風景にかかる赤い橋が眩しい「第一柴の下橋梁」など、大正末から昭和初期に建設された建築物計22の施設も魅力の1つ。
駅の近代化が進む中で、小湊鉄道のように木造駅舎がひとつの地域にまとまっているのは珍しいそうで、2017年には、国の登録有形文化財になりました。
春の香りと共に日本の伝統的な歴史も堪能できる贅沢な観光スポットです。
【見頃】菜の花:3月中旬〜4月中旬、桜:3月下旬〜4月上旬

|お次は、いすみ鉄道のおすすめスポット

いすみ鉄道
上総中野駅から大原駅間を走行する「いすみ鉄道」。全線26.8kmのうち約15kmで、菜の花が咲いています。
実は、かつて廃止の危機にあったこの鉄道の危機を救ったのが、「ムーミン列車」でした。
線路沿いにムーミン谷のようなのどかな景色が広がることから、菜の花カラーのムーミン列車を運行させたところ、かわいらしいデザインが人気となり、今は観光列車として多くの観光客が訪れるようになったのです。
いすみ鉄道
車体や車内にムーミンの仲間たちが描かれているだけでなく、各駅や線路沿いのあちこちでムーミンの仲間たちに出会えるのも魅力的です。
いすみ鉄道
菜の花とともに桜を楽しみたいのなら、創元駅周辺がおすすめ。
また、国吉駅には、日本初の駅中ムーミンショップ「ぶぁれーういんず」もあり、いすみ鉄道オリジナルのムーミングッズなどを販売していますよ。
【見頃】菜の花:3月中旬〜4月中旬、桜:3月下旬〜4月上旬

2. 伊良湖岬|愛知県

|岬を彩る菜の花街道

三河湾と太平洋を望む渥美半島の「伊良湖岬」。
岬の先端には、「日本の灯台50選」に選出された伊良湖岬灯台があり、周辺には島崎藤村の詩「椰子の実」のモデルとなった「恋路ヶ浜」やヤシの木が立ち並ぶ「太平洋ロングビーチ」など風光明媚な海岸が広がります。
また、この付近は「渥美半島菜の花浪漫街道」として、「日本風景街道」の一つに選ばれるなど、菜の花を楽しめるスポットとしても有名です。
田原市内には、国道42号・259号線沿いを中心に約25ha、約1,200万本もの菜の花が植えられ、1月中旬から3月下旬まで、市内のいたるところに菜の花畑が広がります。
伊良湖岬
田原市では、毎年1月中旬から3月まで、伊良湖岬から車で約10分の「菜の花ガーデン」をメイン会場にして、「菜の花まつり」が開催されます。
「菜の花ガーデン」では、一面に広がる菜の花と太平洋の景観を眺めながら、菜の花入りのコロッケやジェラートなどの珍しい菜の花グルメを楽しんだり、フォトスポットで記念撮影をしたり、菜の花の摘み取り体験などもできます。
伊良湖岬
また、2月中旬から3月中旬にかけては、菜の花畑の真ん中に河津桜が咲き、黄色の菜の花とピンクの桜を一度に楽しめますよ。
【見頃】2月中旬~3月中旬
【菜の花まつり】http://www.taharakankou.gr.jp/nanohana/

3. 長井海の手公園・ソレイユの丘 | 神奈川

ソレイユの丘

|菜の花と富士山のコラボレーション

「長井海の手公園・ソレイユの丘」は、自然や動物とふれあえる体験型の横須賀市営公園です。
三浦半島の西の小高い丘の上にあり、関東富士見八景の第75番目に認定されている富士山を望む絶景スポットです。
公園入口ゲート付近にある約5,000㎡の花畑には、約10万本の菜の花が植えられ、12月下旬から4月上旬にかけて菜の花が咲き誇ります。
ソレイユの丘
菜の花の黄色い絨毯と冬の澄み切った空に映える富士山のコラボレショーンは、まさに絶景。
園内を一周するかわいいチューチュートレインや観覧車に乗って、菜の花畑や富士山、そして相模湾の眺めを楽しんでみてはいかかでしょうか。
ソレイユの丘
園内には、大型遊具や動物ふれあい広場、釣り堀、ポニー乗馬などさまざまな施設や体験プログラムがあり、家族やカップルで一日中過ごすことができます。
遊んで疲れた身体を癒すのなら、絶景の露天風呂「海と夕日の湯」がおすすめ。相模湾に沈む夕日と富士山を眺めながら、リラックスしてくださいね。
【見頃】12月下旬~2月
【住所】神奈川県横須賀市長井4丁目地内
【参拝時間】9:00~18:00(3~11月)9:30~17:00(12~2月)
※季節により変更になる場合があります。
【休業日】年中無休
【料金】無料
【アクセス】京浜急行「三崎口」駅からバスで京急バス「ソレイユの丘」行にて約15分終点下車
【Webサイト】http://www.seibu-la.co.jp/soleil/
この春おすすめの菜の花スポットをご紹介しました。
菜の花だけでなく、ローカル列車や桜、富士山、青い空と海との競演も見どころですね。
ぜひ、お気に入りの春色の風景を見つけに、是非、菜の花スポットへ出かけてみてください。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

6~7月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介