ちいさい秋み〜つけた!11月に行きたい絶景スポット7選

ちいさい秋み〜つけた!11月に行きたい絶景スポット7選
関東を始め、全国的に紅葉がハイシーズンを迎える11月。あなたの身の周りでも、グンと秋の気配を感じられるはず。 寒い冬に向かう前の、ほんのひと時の行楽シーズンを、みなさんはどのように過ごすのでしょうか? 今回は、まだ予定を立てていないあなたにおすすめの、11月に楽しみたい絶景スポットを7つ、厳選してお届けします。

1.【明月院(鎌倉)】丸窓に見惚れる鎌倉紅葉の名所

明月院
明月院といえば、「明月院ブルー」の愛称で親しまれるあじさい寺として有名ですが、実は紅葉の時期も素晴らしいのです。

明月院

こちらは通称「悟りの窓」。庭の紅葉を切り取る円窓はいつまでも眺めていたい美しさ。この円窓は、悟りや心理、大宇宙などを円形で表したものと言われています。静寂の中、畳に座りゆっくり秋を切り取るこの窓と対峙してみては。

【住所】神奈川県鎌倉市山ノ内189
【料金】高校生以上:500円、小・中学生:300円
【営業時間】8:30~17:00(6月)、9:00~16:00(その他)
【休業日】無休 ※点検等による休みあり
【Webサイト】https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/meisho/07meigetuin.html

2.【大田黒公園(東京)】手軽に楽しめる荻窪の紅葉庭園

大田黒公園
東京の町中で、こんなに美しい紅葉を楽しめる穴場があるんです。こちらは、荻窪駅から徒歩10分というアクセス抜群の大田黒公園。 公園といっても遊具が設置された児童公園ではなく、回遊式の日本庭園となっています。もともとこの公園は、音楽評論家の故・大田黒元雄氏の屋敷の跡地に作られたもの。秋になると、大田黒の仕事場であった記念館の周りや、石畳や池に、真っ赤にもみじが彩り、景色と紅葉との組み合わせが楽しめます。

大田黒公園

門を入るとすぐに、黄金のイチョウ並木がお出迎え。 大田黒公園は、黄色と赤の紅葉を同時に見ることができる欲張りスポットでもあります。 紅葉の見頃は、11月下旬から12月上旬まで。無料で開放されているので、近くでふらっと秋を味わいたい時にぜひよってみてください。

【住所】杉並区荻窪3丁目33番12号
【料金】無料
【営業時間】9:00~17:00(入園は16:30まで)
【休業日】年末年始(12月29日から1月1日)
【Webサイト】http://www.hakone-ueki.com/sub/

3.【金沢21世紀美術館(金沢)】現代アートの世界に飛び込んで、芸術の秋を満喫

金沢21世紀美術館
芸術の秋にぴったりなのが、多くの現代美術が収蔵される21世紀美術館。円形の総ガラス張りの建物の中には、各部屋の広い空間を活かしたインスタレーションが点在しています。近よっていろいろな角度から作品を眺めてみたり、写真を撮ってみたりして、自由に楽しめます。
金沢21世紀美術館
恒久展示作品の、「スイミングプール」は絶好のフォトスポット。プールの中に入ったり、外からのぞき込んでみたりして、自分だけのアートを写真に収めてみましょう。 美術館から、日本三大名園の「兼六園」までは信号を渡ってすぐ。秋の金沢で、芸術や歴史を巡ってみてはいかがでしょうか。

4.【城崎温泉(兵庫)】浴衣を着て風情あふれる温泉街を巡る


城崎温泉

時おり冬の気配を感じる11月。そろそろ温泉が恋しくなってくる方も多いのでは。 関西の名湯として名高い城崎温泉は、趣のある合計7つの外湯をめぐる、「外湯めぐり」が名物となっています。 浴衣の上に丹前を羽織り、下駄を履いてからんころんと、開湯1300年の歴史を持つ温泉を巡ってみましょう。

城崎温泉

忘れてはならない、秋冬の城崎温泉の楽しみといえば、日本海の新鮮なカニ。11/6から解禁されます。 温泉でポカポカになった後は、旨味たっぷりのカニをほおばり、日本酒を一杯、なんて最大の大人の贅沢ですね。

5.【神戸布引ハーブ園/ロープウェイ(兵庫県)】秋色に染まる山肌と神戸の街並を一望


神戸布引ハーブ園

約200種75,000株の花やハーブや、そのハーブ使ったグルメやお茶をたのしめる日本最大級のハーブ園。 このガーデンの魅力は、ハーブだけではありません。秋になると、約500本のイロハモミジをはじめ、ヤマザクラやヤマハゼなどの多彩な植物が、圧巻の紅葉絶景をつくりだします。

ロープウェイ

紅葉を満喫するには、標高400m・約10分間の空中散歩ができる、ロープウェイに乗ってみましょう。 眼下には、秋色に染め上げられた山肌や、神戸・京阪神の街並み、メルヘンチックなハーブ園を一望できます。 紅葉の見頃は、11月中旬から12月上旬まで。

【住所】兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3
【ロープウェイ料金】大人(高校生以上) :1,400円(往復)、小人(小・中学生):700円(往復)
【ロープウェイ営業時間】9:30~16:45(上り終発)
【ハーブ園営業時間】10:00~17:00※営業時間は時期により異なるため、要HP確認
【休業日】年中無休
【Webサイト】http://www.kobeherb.com/

6.【鍬山(くわやま)神社(京都)】1300年以上の歴史ある古社で紅葉を愛でる


鍬山神社

鍬山神社は、平安時代に編纂された「延喜式神名帳」にも記載された、1300年以上の歴史を持つ古社です。 古くから紅葉の名所として知られており、11月上旬からは約一千本のもみじが、境内を美しい朱色に染め上げます。

鍬山神社

11月11日17時からは、紅葉祭りが開催され、中国の2本弦でできた楽器「二胡」のミニコンサートも楽しめます。古社の荘厳な空気の中で、二胡の表情豊かな音色に包まれ紅葉を愛でる、至福の時間となるでしょう。

【住所】京都府亀岡市上矢田町上垣内22-2
【料金】300円(11月中)※小学生以下は無料)
【Webサイト】http://www.kuwayama-jinjya.jp/

7.【湖東三山 西明寺(滋賀県)】米CNNに選ばれた紅葉と桜が一緒に楽しめる寺院


西明寺

アメリカのニュース専門放送局・CNNの特集『日本の最も美しい場所31選』にも選ばれた、滋賀県の湖東三山 西明寺。 11月中旬から11月下旬にかけて、寺院の境内のモミジやカエデが色づき圧巻の紅葉絶景が楽しめます。 さらに、西明寺の見どころは紅葉だけでなく、秋から春にかけて開花する、冬桜の一種「不断桜」も見もの。

西明寺

11月の紅葉シーズンには、この不断桜も見頃を迎えます。不断桜は、ソメイヨシノのような豪華な華やかさはなく、小さなかわいらしい白い花を咲かせます。寒空のした、けなげに咲き誇る不断桜と圧巻の紅葉を一緒にお楽しみください。 また、京都にも「西明寺」という同じ名前のお寺があるので、行かれる際にはご注意を。


11月のおすすめ絶景スポットでした。 朝晩は冷え込む日も多いので体調に気をつけて、たくさんの秋の絶景に出会いにいってみてくださいね。


あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

1~2月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介