あの橋も!五稜郭も!冬にきらめく絶景ライトアップスポットを訪れよう

あの橋も!五稜郭も!冬にきらめく絶景ライトアップスポットを訪れよう
(本特集はヤフー株式会社との提携企画です)
街中がきらびやかなイルミネーションに彩られる、冬。実は日本では、クリスマス以外にも絶景のライトアップがたくさん見られることをご存じですか? デートスポットはもちろん、ぶらぶら歩きにもぴったりです。日本の伝統的美だけでなく、ライトアップに彩られた風流な景色まで存分にお楽しみください。

嵐山花灯路 (京都府)

2015年12月11日(金)から12月20日(日)にかけて行われる「京都・嵐山花灯路」では、写真の渡月橋や、嵯峨野の竹林がライトアップされます。古都・京都の初冬の魅力がより一層引き立つイベントです。
やわらかな明かりに浮かびあがる幻想的な風景は、幽玄さを増し、他では見ることのできない別格の美しさ。思わず言葉を失うほどの絶景です。点灯時間は17時から20時30分。

あぜのきらめき(石川県)

白米千枚田には1,000枚以上の田んぼが広がっています。“日本農業の聖地”とも呼ばれる斜面が、イルミネーションの絶景に早変わり。2015年10月10日(土)から2016年3月13日(日)まで、約21,000個のソーラーLEDが日没後の田んぼを照らし、幻想的な光で彩ります。

この膨大な数のソーラーLEDは、ボランティアがひとつひとつ丁寧に植えたもの。冬空の下、人々の優しさにも触れることができる温かな明かりは、冬の日本を代表する絶景。点灯時間は日没から4時間。18時から20時頃が見頃です。

五稜星の夢(北海道)

雪化粧施した大地に浮かび上がる五稜郭は、まさに暗夜を照らす一点の星。2015年11月28日(土)から2016年2月29日(月)(予定)まで、五稜郭がライトアップされる「五稜星の夢」が開催されます。

幻想的でムードたっぷりの「五稜星」は、すっかり函館の冬の風物詩。地上から星型を見るのは難しいので、五稜郭タワーの展望台からその全景を楽しみましょう。点灯時間は17時から20時です。(「五稜星の夢」開催期間中の五稜郭タワー営業時間:9:00~19:00)

美山かやぶきの里「雪灯廊」(京都府)

古き良き日本の原風景が残る京都の美山。雪帽子をかぶったかやぶき民家が揺らめく灯籠の光に照らされ、幻想的な姿になります。

期間中は雪灯籠づくり体験など、景色を眺めるだけではなく自ら絶景を演出することができるのも魅力の一つ。初日と最終日に打ち上がる花火も見逃せません! 開催期間は2016年1月30日(土)から2月6日(土)です。

レインボーブリッジスペシャルライトアップ(東京都)

クリスマスシーズンになると花火やイルミネーションなど、さまざまなイベントで盛り上がるお台場。そんなお台場をさらに華やかにするのが、レインボーブリッジのスペシャルライトアップです。

レインボーブリッジが七色に輝くのは、実は冬の時期だけ。冬空を温かみのあるロマンチックな夜に演出します。恋人とのドライブデートはもちろん、無料で通行可能な遊歩道デートもお忘れなく。

ライトアップ期間は2015年12月5日(土)~2016年1月3日(日)。期間中の遊歩道の営業時間は10時から18時(最終入場は閉場の30分前)です。




あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

1~2月のおすすめスポット

絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介


特集ページ