「一生忘れられない!」大切な人と観たい“絶景イルミネーション”ベスト5!

「一生忘れられない!」大切な人と観たい“絶景イルミネーション”ベスト5!
いよいよ年の瀬が近づいてきました。

今回ご紹介するのは、年の瀬になると各地で開催される「絶景のイルミネーション」ランキングです。

寒い冬をあたたかい光で包むイルミネーション、あなたはどこへ足を運びますか?

5位

白米千枚田の「あぜのきらめき」(石川県)

第5位は石川県の白米千枚田です。
千枚以上の田んぼが広がる広大な土地ですが、農作業はすべて地域住民とボランティアによる手作業。機械は一切使われていません。
世界農業遺産にも認定されおり、“日本農業の聖地”とも呼ばれています。
この“日本農業の聖地”が幻想的な光に包まれるのが「あぜのきらめき」です。
今年は10月10日(土)から翌年の3月13日(日)にかけて、約21,000個のソーラーLEDが日没後の田んぼを彩ります。田んぼのイルミネーションは、おそらく日本でしか見られない珍しい光景でしょう。ぜひ一度、訪れてみてください。

4位

鳥取砂丘イリュージョン(鳥取県)

第4位は鳥取砂丘イリュージョンです。一面砂に覆われた褐色の丘が、期間限定でまばゆい光の丘へと変化します。
13回目を迎える今年は、“和”を題材に、アイドルフェスやダンスパフォーマンスなど、様々なイベントが催されます。開催期間は12月12日(土)から 12月27日(日)です。日中に見る砂丘と、夜にライトアップされた砂丘のコントラストを楽しみましょう!

3位

定禅寺通りの「光のページェント」(宮城県)

第3位は、東北で最も人気のあるイルミネーションである仙台の「光のページェント」です。“杜の都“の象徴、定禅寺通りのケヤキが、星を散りばめた様な数十万個のイルミネーションによってまばゆいほどに光り輝きます。
特に照明が一気に消灯し、再点灯される「スターライト・ウインク」は必見。イベントは12月6日(日)から12月31日(木)までの開催予定です。

2位

洞爺湖温泉イルミネーショントンネル(北海道)

第2位は洞爺湖温泉イルミネーショントンネルです。11月から翌年2月にかけて、洞爺湖温泉街に幻想的なイルミネーションのトンネルが登場します。
約40万個の電飾が彩る70メートルのトンネルは、一度見たら忘れられない絢爛な景色が続いています。光が織りなす神秘の光景は必見です!

1位

大通公園「さっぽろホワイトイルミネーション」(北海道)

第1位も北海道からのご紹介です。
さっぽろホワイトイルミネーションは、大通公園、駅前通、南一条通の3つの会場で行われるイベント。今年、大通公園は11月20日(金)から12月25日(木)にかけてライトアップが行われます。
気温が低くなり、雪が降ると、光が雪に反射して、より一層輝きを増します。まばゆい光に包まれたホワイトクリスマスは “大切な人との思い出づくり”にピッタリです!

他にも、駅前通は11月20日(金)から2月11日(木)まで、南一条通は11月20日(金)から3月14日(月)までライトアップされていますので、そちらもぜひ参加してみてください!



全国各地の“絶景イルミネーション”、いかがでしたか?

寒い冬も、心躍るイルミネーションがあれば、とっても楽しく過ごせそうですね。

今年の冬は、ぜひ大切な人とのデートに素敵なイルミネーションを訪れてみてください!

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

8~9月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介