【速報】2019年 桜の開花予想|日本全国の桜スポット24選もお届け!

【速報】2019年 桜の開花予想|日本全国の桜スポット24選もお届け!
▲ 2019年の桜の開花予想(2019年3月10日現在)※Qnewニュース発表
みなさん、平成最後のお花見の準備はできていますか?
桜の開花まで、早いところであと1週間程度とついにカウントダウンが始まりました! 今年の開花一番乗りはどこになるのか、今から楽しみですね。
それでは、2019年に訪れたい日本全国の桜の絶景スポットをご紹介します。

九州の花見・桜名所

1. 白木峰高原の桜|長崎県

白木峰高原
  • 白木峰高原
  • 白木峰高原

|長崎を代表する自然を背景に広がる、色彩豊かな丘陵

標高330m付近にある「白木峰高原」。1万㎡にも及ぶ丘陵に、春になると約10万本の黄色い菜の花が斜面一帯を染め上げ、それに文字通り“華”を添えるかのように、ピンク色の桜がアクセントとなり青い空と圧巻の色彩美を作り出します。
その丘陵からは、諫早平野や諫早湾干拓、雲仙普賢岳などの長崎を代表する景観を望め、色彩豊かな花々との調和も見事にマッチ。その開放的な眺望をカメラにおさめようと、毎年多くの人が訪れています。
【長崎の開花予想日】3月28日(平年は3月24日)
【桜の見ごろ】3月下旬~4月上旬

2.浅井の一本桜|福岡県

浅井の一本桜
  • 浅井の一本桜
  • 浅井の一本桜

|鮮やかなピンク色が水面をも染める、樹齢100年超えのヤマザクラ

樹齢は約100年。幹周り4.3m、高さ18m、枝振りは23mにも及ぶ「浅井の一本桜」。花密度の高さゆえに発せられる鮮やかなピンク色は、ため池に映り込む「逆さ桜」をもくっきりと鮮やかなピンク色に染め上げ、周囲の緑との調和も抜群!
例年の見頃は4月上旬と、一般的な桜に比べると1週間程度遅めに開花するため、ソメイヨシノを見終わった後続けて楽しむことができるのも魅力です。
【福岡の開花予想日】3月28日(平年は3月23日)
【桜の見ごろ】4月上旬

3. 一心行(いっしんぎょう)の大桜|熊本県

  • 一心行の大桜
  • 一心行の大桜

|樹齢400年の大桜と菜の花のコラボレーション

その昔、戦火に散った武将の霊を弔うために、妻と家臣によって植えられた一心行の大桜。苗木を植える際に、「一心に行をおさめた」ことからこの名がついたと言われています。 高さ約14m、幹囲約7m、長く伸びた枝は約20m以上にも及ぶ大迫力のヤマザクラが、菜の花の絨毯に威風堂々と佇む姿は、まさに春の絶景!
【熊本の開花予想日】3月27日(平年は3月23日)
【桜の見ごろ】3月下旬~4月上旬

四国の花見・桜名所

4. 開山(ひらきやま)公園の桜|愛媛県

開山公園
  • 開山公園
  • 開山公園

|瀬戸内海を一望できるしまなみ街道の桜の名所

「サイクリストの聖地」として人気の高い、本州と四国を結ぶしまなみ海道。そのサイクリングロードでもある伯方島の北西部、標高149mに位置する開山公園は、瀬戸内海の眺めと約1,000本の桜が楽しめる絶好のお花見スポットです。
【松山の開花予想日】3月25日(平年は3月25日)
【桜の見ごろ】4月上旬 ~ 4月中旬

5. 金刀比羅宮の桜|香川県

金刀比羅宮
  • 金刀比羅宮
  • 金刀比羅宮

|圧巻の薄ピンクのアーチまでの道のりは、階段を上ること365段!

讃岐のこんぴらさんとして親しまれている「金刀比羅宮」。その境内にはソメイヨシノの他約3,500本もの桜が咲き誇り、中でも、大門から150mに渡る石畳の「桜馬場」は薄ピンクのアーチとなるほどの迫力で、社内きっての名所です。
この金刀比羅宮、御本宮までは785段もの階段を上りますが、「桜馬場」はその途中の365段目にあり、辿り着くまでには少し体力が必要。ただ、その試練の先に美しい光景が待っているのです!
【高松の開花予想日】3月28日(平年は3月28日)
【桜の見ごろ】3月下旬~4月上旬

中国の花見・桜名所

6. 醍醐桜|岡山県

醍醐桜
  • 醍醐桜
  • 醍醐桜

|数百年もの昔から、観た者の胸を熱くさせる孤高の一本桜

1332年、後醍醐天皇がこの桜を賞賛したことで名付けられたと伝わる、孤高の一本桜。推定樹齢は700年とも1,000年ともいわれる古木は、のどかな山里で、幹の太さ9.2m、高さ18m、枝張りは東西南北20mと圧倒的な存在感を放っています。
満開を迎えると多くの観光客で賑わい、平日の早朝でも駐車場がほぼ満車との情報も。ただ、周囲は開けた地形でもあり少し離れた場所からでも鑑賞が可能。その迫力は十二分に伝わることでしょう。
【岡山の開花予想日】3月29日(平年は3月29日)
【桜の見ごろ】4月上旬~4月中旬

7. 千光寺公園の桜|広島県

千光寺公園
  • 千光寺公園
  • 千光寺公園

|尾道散歩のゴールに。瀬戸の多島美に癒されるお花見スポット

街中に張りめぐらされた坂道に、数々のお寺やユニークな店が密集する坂の街・尾道。その尾道の中で最も高い位置にあるのが、千光寺公園です。園内にはしだれ桜や八重桜、ソメイヨシノなど約1,500本の桜が咲き誇り、山頂の展望台からは、瀬戸内海の島々と密集した桜が織りなす絶景が一望できます。西の小京都とも言われる尾道の散歩の、クライマックスに最適なお花見スポットです。
【広島の開花予想日】3月27日(平年は3月27日)
【桜の見ごろ】4月上旬

関西の花見・桜名所

8. 淀川河川公園背割堤の桜|京都

淀川河川公園背割堤
  • 淀川河川公園背割堤
  • 淀川河川公園背割堤

|毎年40万人もの見物客が訪れる、1.4kmにも及ぶピンクのトンネル

桂川、木津川、宇治川が合流し淀川となる地点に造られた背割堤には、約250本のソメイヨシノが1.4kmにもわたりトンネルを作る桜並木があります。毎年40万人もの見物客が訪れ、その人気は全国区。
また、2017年には、約25mの高さから桜並木を見下ろせる展望塔を構えた「さくらであい館」がオープン。トンネル内では見上げて、展望塔では見下ろして、と、さまざまな角度からの桜が楽しめます。
【京都の開花予想日】3月26日(平年は3月28日)
【桜の見ごろ】4月上旬

9. 三井寺の桜|滋賀県

三井寺
  • 三井寺
  • 三井寺

|滋賀県屈指の古刹の春は、万葉の時代から桜で彩られていた!

万葉の時代から桜の名所と言われる「三井寺」。正式名称は「園城寺」といい、35万坪もの広大な境内に、ソメイヨシノやヤマザクラなど1,000本を超える桜が見事なまでに咲き誇ります。お勧めは、参道沿いの桜並木。夜間はライトアップも行われ、昼間とは一変、幻想的な空間に!さらに、もう一つの見どころである三重塔は、映画「るろうに剣心」の撮影で使われたことでも知られ、桜との競演は古刹の春を堪能できる絶景ポイントです。
【彦根の開花予想日】3月30日(平年は4月2日)
【桜の見ごろ】4月上旬 ~ 4月中旬

10. 毛馬桜之宮公園の桜|大阪府

毛馬桜之宮公園
  • 毛馬桜之宮公園
  • 毛馬桜之宮公園

|船上からも鑑賞可能!4km以上にも及ぶ、水の都の圧巻の桜並木

「毛馬桜之宮公園」は、約4.2㎞にもおよぶ水の都・大阪を代表する大川沿いのリバーサイドパーク。ソメイヨシノなど約4,800本もの桜が植えられており、見頃の3月下旬~4月上旬には川沿いがピンク色に染まります。桜並木の下を散策するだけでなく、リバークルーズ船からの花見もおすすめのこの名所。 桜の名所として知られる「大阪城公園」や「造幣局の桜の通り抜け」も近いので、合わせて桜めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか。
【大阪の開花予想日】3月30日(平年は3月28日)
【桜の見ごろ】3月下旬~4月上旬

11. 藤原宮跡の桜|奈良県

藤原宮跡の桜
  •  藤原宮跡の桜
  •  藤原宮跡の桜

| 250万本の菜の花とソメイヨシノのコラボレーション

日本初の都・藤原京の跡地、藤原宮跡。 この都の跡地には、季節ごとにコスモスや蓮など美しい植物が見られますが、1番の見どころとなるのが、菜の花と桜の競演の季節。 約250万本の菜の花のカーペットにソメイヨシノが降り注ぎ、ピンクと黄色の美しいコラボレーションが現れます。周辺には、歴史資料館もありますので、絶景と歴史を一緒に楽しんでみるのもおすすめです。
【奈良の開花予想日】3月27日(平年は3月29日)
【桜の見ごろ】3月下旬~4月上旬

中部の花見・桜名所

12. 五条川の桜並木|愛知県

五条川
  • 五条川
  • 五条川

|川沿いを彩る桜並木と、岩倉伝統のんぼり洗いを楽しむ

川の両岸に、約1,400本の桜が約7.6kmに渡り美しいピンク色のトンネルを作る五条川の並木道。この桜並木の美しさも然ることながら、「岩倉桜まつり」期間中に行われる伝統行事「のんぼり洗い」も見どころのひとつ。 五条川のある岩倉市には、職人が鯉のぼりを手作業で作る「のんぼり屋」が残っており、こののんぼり洗いは鯉のぼりの糊を落とす作業なんです。満開の桜の下、色鮮やかな鯉が川に浮かび上がる光景は、岩倉の春の風物詩です。
【名古屋の開花予想日】3月23日(平年は3月26日)
【桜の見ごろ】3月下旬~4月上旬

13. 身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)の桜|山梨県

身延山久遠
  • 身延山久遠
  • 身延山久遠

|樹齢400年のしだれ桜と仏閣のコラボレーション

2本のしだれ桜が一斉に咲き誇り優美な姿を見せる身延山久遠寺。中でも、全国しだれ桜10選に数えられる、樹齢400年のしだれ桜は見事。満開時は、地面に垂れ下がる圧巻のしだれ桜と報恩閣のコラボレーションを撮影しに、多くの観光客が集まります。久遠寺の裏からロープウェイで身延山頂まで上がり、身延山西谷のしだれ桜をあわせて楽しむのもおすすめです。
【甲府の開花予想日】3月23日(平年は3月27日)
【桜の見ごろ】3月下旬〜4月上旬

14. 駒つなぎの桜|長野県

駒つなぎの桜
  • 駒つなぎの桜
  • 駒つなぎの桜

|扇を広げたように咲き誇る樹齢400年の一本桜

かつて、武将・源義経が奥州に下る際に馬(駒)をこの木につないだと言われ、その事がこの木の名前の由来になったと言われています。樹齢約400年・樹高約20mの大きなエドヒガン桜が、扇を広げたように優美に咲き誇る姿は圧巻。開花期間には、脇の田んぼに水が張られており、桜が水鏡に映し出される姿が、一層風景の美しさを際立たせます。
【長野の開花予想日】4月8日(平年は4月13日)
【桜の見ごろ】4月上旬 ~ 4月中旬

15. 村松公園の桜|新潟県

村松公園
  • 村松公園
  • 村松公園

|おなじみのソメイヨシノから希少品種まで、多種3000本が一斉に咲き誇る!

五泉市にある「村松公園」は、明治39年に日露戦役記念として造られた公園。「さくらの名所100選」「にいがた景勝100選」に選ばれた桜の名所で、見頃の4月中旬には、ソメイヨシノを始め濃いピンクのヨウコウ、希少品種のホザキヒガンヤエザクラ、シダレザクラなど約3,000本の桜が一斉に咲き誇り、園内を様々なピンク色に染めあげます。
例年4月上旬から下旬に開催される「村松公園桜まつり」では、ライトアップが行われ妖艶な夜桜に心奪われます。
【新潟の開花予想日】4月4日(平年は4月9日)
【桜の見ごろ】4月中旬

関東の花見・桜名所

16. 三縁山広度院増上寺の桜|東京都

三縁山広度院増上寺
  •  三縁山広度院増上寺
  •  三縁山広度院増上寺

| 首都圏最大級の本堂と東京タワーと、圧巻の枝垂れ桜

東京都港区の「三縁山広度院増上寺」は、徳川家の菩提寺として知られる由緒あるお寺です。境内に入ると、首都圏では最大級の荘厳な本堂と東京タワーを背景に一際目を引く枝垂れ桜を始め、境内には約200本のソメイヨシノなどが咲き誇ります。
見頃は3月下旬~4月上旬。周辺には「芝公園」や「浜離宮恩賜庭園」などの名所でも見頃を迎えるため、合わせてまわれば、東京の桜を存分に満喫できるでしょう。
【東京の開花予想日】3月21日(平年は3月26日)
【桜の見ごろ】3月下旬~4月上旬

17. 三渓園の桜|神奈川県

 三溪園|神奈川県
  •  三溪園|神奈川県
  •  三溪園|神奈川県

|桜と歴史的建造物の幻想的なライトアップ

横浜市中区にある「三渓園」は、東京ドーム4個分の広大な園内に京都や鎌倉などから集められた歴史的建造物が点在する日本庭園。園内には500m続く桜のトンネルなど、約300本もの桜が植えられています。
見頃は3月下旬~4月上旬。例年見頃の時期には、「観桜の夕べ」が開催(2019年は3月22日(金)~3月31日(日)予定)され、ライトアップが行われます。ライトアップされた桜と国の重要文化財「旧燈明寺三重塔」が、大池に映る様子はまさに幻想的。
【横浜の開花予想日】3月24日(平年は3月26日)
【桜の見ごろ】3月下旬~4月上旬

18.熊谷桜堤|埼玉県

熊谷桜堤
  • 熊谷桜堤
  • 熊谷桜堤

|江戸時代から人々に春の訪れを告げる桜と、菜の花との競演

荒川の堤防約2㎞にわたり、約500本ものソメイヨシノが植えられた「熊谷桜堤」は、江戸時代から桜の名所として知られており、「さくらの名所100選」にも選ばれています。
桜並木のそばの土手には、菜の花も植えられており、桜のピンクと菜の花の黄色、芝の緑のコントラストが鮮やかです。見頃の3月下旬~4月上旬には、「熊谷さくら祭り」が開催され、夜は桜のトンネルがライトアップされロマンチックなムードに包まれます。
【熊谷の開花予想日】3月26日(平年は3月29日)
【桜の見ごろ】3月下旬~4月上旬

19. 赤城南面千本桜|群馬県

 赤城南面千本桜
  • 赤城南面千本桜
  • 赤城南面千本桜

|約1.3㎞も続く、鮮やかなピンクの桜のトンネル

群馬県前橋市の「赤城南面千本桜」は、約1.3㎞の市道の両側に約1,000本のソメイヨシノが咲き誇る桜のトンネル。「さくら名所100選」に選ばれており、見頃の4月上旬~中旬には、毎年「赤城南面千本桜まつり」が開催され、物産市や郷土芸能などのイベントが行われます。
隣接する公園「みやぎ千本桜の森」では、約37種・500本の桜と菜の花が咲き、見事な競演に圧倒されます。
【前橋の開花予想日】3月28日(平年は3月31日)
【桜の見ごろ】4月上旬~中旬

東北の花見・桜名所

20. 日中線記念自転車歩行者道の桜|福島県

日中線記念自転車歩行者道の桜|福島県
  • 日中線記念自転車歩行者道の桜|福島県
  • 日中線記念自転車歩行者道の桜|福島県

|しだれ桜のシャワーとSLが織りなす春の絶景

かつて喜多方駅と熱塩駅をつなぎ、多くの人を運んでいた国鉄日中線。その日中線跡地につくられた3kmの遊歩道には、約1,000本のしだれ桜が連なり、壮大なピンクのトンネルを作ります。 当時運行していたSLの展示も行われ、黒のSLとピンクの桜のフォトジェニックな絶景を、写真に収める人たちで賑わいます。
【福島の開花予想日】4月2日(平年は4月9日)
【桜の見ごろ】4月上旬~中旬

21. 桧木内川(ひのきないがわ)桜並木|秋田県

 桧木内川桜並木
  • 桧木内川桜並木
  • 桧木内川桜並木

|春の散歩に最適な、土手を染め上げる桜のトンネル

約2kmに渡り約400本のソメイヨシノが、華麗に咲き誇る桧木内川の桜並木。密度濃く連なる桜が作り出す、淡いピンク色のトンネルは、春のお散歩にも最適です。この桜並木から徒歩3分で、北東北三大桜名所にも選ばれた角館武家屋敷のしだれ桜も見物できます。角館の2つの桜の名所を、そぞろ歩きで楽しむのもおすすめです。
【秋田の開花予想日】4月8日(平年は4月18日)
【桜の見ごろ】4月中旬~4月下旬

22. 弘前公園の桜|青森県

弘前公園
  • 弘前公園
  • 弘前公園

|お堀を埋める花弁の絨毯に魅せられる、日本屈指の桜の名所

弘前城を囲み、東京ドーム10個分の広大な敷地を持つ弘前公園。春になると、この園内をしだれ桜や八重桜など約52種、約2600本の桜が彩り格好のお花見スポットと化します。 見逃せないのが、夜桜ライトアップ。「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」でも紹介され話題になった、外濠を埋め尽くすピンク色の絨毯もライトアップで一層幻想的なムードに。
【青森の開花予想日】4月14日(平年は4月24日)
【桜の見ごろ】4月下旬~5月上旬

北海道の花見・桜名所

23. 二十間道路桜並木|北海道

二二十間道路桜並木
  • 二十間道路桜並木
  • 二十間道路桜並木

|どこまでも続く広大なスケールの桜並木

約7kmに渡り3,000本の桜が立ち並ぶ二十間道路桜並木。二十間というのは、並木の幅が約36mでちょうど20間あることから名付けられています。その、北海道らしい広大なスケールの桜並木は開放感抜群。「北海道遺産」「さくら名所100選」など多くの賞を受賞した、日本屈指の桜の名所です。
【札幌の開花予想日】4月23日(平年は5月3日)
【桜の見ごろ】5月上旬 ~ 5月中旬

24. 松前公園の桜|北海道

松前公園
  • 松前公園
  • 松前公園

|250種類にも及ぶ桜が1か月に渡って咲き誇る、別名「さくらの里」

「さくら名所100選」に選ばれた「松前公園」では、4月下旬から6月上旬にかけて、早咲きから中咲き、遅咲きと約1ヶ月もの間、約250種1万本ものさまざまな桜が咲き誇ります。
敷地内には、松前三大名木と称される光善寺「血脈桜(けちみゃくざくら)」、龍雲院「蝦夷霞桜(えぞかすみざくら)」、天神坂門「夫婦桜」のほか、新旧様々な種類の桜が植えられている「桜見本園」などもあり、松前城と青空との織りなす春爛漫の光景は、松前の街が「さくらの里」とも呼ばれる所以となっています。
【函館の開花予想日】4月20日(平年は4月30日)
【桜の見ごろ】4月下旬~6月上旬
以上、開花予定日と、日本全国24ヶ所の桜絶景スポットをお届けしました。 日本の春の風物詩といえば、やはり桜。 2019年の春は、この一瞬だけの美しい桜の絶景に会いに、日本各地へ足を運んでみてくださいね。
このページの開花予想情報は、Qnewニュースの発表情報を元に作成しております。

また各スポットの開花・満開予想日は、スポットごとでなく、その近辺のエリアの予想日を記載しております。
実際には、その地域や今後の天候などに左右されますので、ご了承ください。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

1~2月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介