360度見渡す限りの紅葉!10月に行くべき日本の「絶景もみじ狩り」ランキング!

360度見渡す限りの紅葉!10月に行くべき日本の「絶景もみじ狩り」ランキング!
日本では、10~11月になると木々が色鮮やかに染まり始める「紅葉」のシーズンを迎えます。

両手を広げて深呼吸したくなるような大自然の中で、見渡す限りの紅葉に心ゆくまで酔いしれる……。

地域によって紅葉のベストシーズンは違いますので、時期は要チェック。

今回は、10月がベストシーズンの紅葉をご紹介。雄大な山々から風情あふれる滝まで、体全体で感じたい日本の「絶景もみじ狩り」ランキングです。

5位

河童橋 (長野県)

芥川龍之介が描いた小説『河童』の舞台にもなった河童橋。上高地のシンボル的存在として非常に人気のスポットです。写真の後ろに映りこむ穂高連峰が映画『岳 -ガク-』のロケ地だったため、登山に訪れた方も河童橋まで度々写真撮影に訪れます。
河童橋が人気の観光地として支持される理由は、その絵に描いたような景観の美しさはもちろん、特に10月の初旬から中旬にかけて見頃を迎える紅葉があげられます。「上高地銀座」と呼ばれるほど多くの観光客で賑わうこの秋の光景は、人生で一度は観ておきたい絶景です。

4位

三国峠 (北海道)

北海道の国道の中で最も高い峠がこの三国峠です。あたり一面が開けた大樹海で、壮大な土地を誇る北海道ならではの光景といえます。

展望台脇にある休憩所では、店主自慢のハンドドリップコーヒーやソフトクリームが食べられ、三国峠の名物になっています。この休憩所で、大自然を望みながら過ごす時間は文字通り「至福のひと時」。営業が10月下旬頃となっているため、10月中に訪れましょう。

3位

十和田湖 (青森県)

十和田湖は神秘の湖。緑、赤、白と季節に応じてその表情を色鮮やかに変えます。また、霧がかかった光景は「雲海」と呼ばれ、非常に幻想的です。
とりわけ10月中旬から見頃を迎える紅葉の美しさは言葉を失うほど。急傾斜の湖岸全体が赤や黄色に染まり、アカマツの緑色と湖面の青色とのコントラストに心奪われることは間違いないでしょう。ぜひ、遊覧船を利用して湖上からの絶景を目に焼き付けてください。

2位

小安峡(秋田県)

不動の滝をはじめとする大小無数の滝や、絶壁の岩間から噴き出す大噴湯を見ようと毎年、多くの観光客で賑わう小安峡。特に秋は、渓谷に立ち並ぶ木々の紅葉が、別名「地獄釜」とも呼ばれる大噴湯をより荘厳なものにします。
上流には小安峡温泉があり、紅葉に染まった大自然の中をトレッキングした後に温泉で汗を流し、秋田の郷土料理に舌鼓を打つのが鉄板コース。秋の魅力を存分に味わえる人気スポットです。

1位

竜頭の滝 (栃木県)

奥日光三名瀑に数えられる竜頭の滝。二枝に分かれた滝を正面から見た姿が竜の頭に見えることからその名が付いたと言われています。(写真は夏)
紅葉に染まった滝は、被写体として非常に人気が高く、毎年多くの観光客が訪れます。色鮮やかに色付いた滝つぼは、風情あふれる奥日光の名物として絶対に観ておきたいスポット。近隣の茶屋でくつろぎながら、豪快な滝の流れを眺めるのも一興です。(写真は秋)



あたり一面赤や黄色に染まる「見渡す限りの紅葉」をお楽しみいただけましたか?

豊かな大自然を色鮮やかに染める絶景は一生忘れられない思い出になるでしょう。

10月は、ぜひもみじ狩りに出かけてみてください。


あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

2~3月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介