お城観光が楽しくなる豆知識~日本のお城に詳しくなろう!

お城観光が楽しくなる豆知識~日本のお城に詳しくなろう!
2016年4月に発生した「熊本地震」は、九州全域に多大な被害を及ぼしました。熊本を中心に発生した連続地震によってお亡くなりになられた方々に、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

瓦が大部分が落ち、石垣も壊れてしまった熊本城の写真は全世界に大きなショックを与えたことでしょう。
熊本城の石垣は高く急勾配であるため「武者返し」と呼ばれています。この武者返しを作るために「算木積(さんぎづみ)」と「穴太積(あのうづみ)」の二種類の積み方で石を配置して、石垣が作られています。このような特殊な石積みの技術を持った職人たちは穴太衆(あなのうしゅう)と呼ばれていました。二種類の積み方を組み合わせて築城するという先人の知恵。実に複雑な組み方であったため、崩れてしまった熊本城の石垣の再建が遅れてしまうのではないかと指摘されています。
熊本
ところで、皆さんは日本のお城に関してどのくらいご存知でしょうか? 今回は、熊本城を含めた日本中の様々なお城について、誰かに教えたくなるような豆知識をご紹介します。

1.築城された場所によって分けられる

城が作られている場所によって「山城」「平山城」「平城」「海城」の4種類に分類されます。
最も歴史が古いのは「山城」で、その名の通り山の上に作られています。見晴らしが良いために、主に防御のために使われていました。「平山城」と「平城」はいずれも平地に作られており、周囲に城下町が広がっています。平地の中でも一段高い場所に作られているものを特に「平山城」と呼んでいるようです。また「海城」は臨海部に作られた城で、水運・防御に適した作りになっています。分類の仕方によっては「海城」を「平城」の一部として数えている場合もあるようです。

山城:備中松山城(岡山県)竹田城(兵庫県)岐阜城(岐阜県)など

竹田城跡
(写真は竹田城)

平山城:大阪城(大阪府)弘前城(青森県)姫路城(兵庫県)など

姫路城
(写真は姫路城)

平城:二条城(京都府)名古屋城(愛知県)上田城(長野県)など

名古屋城
(写真は名古屋城)

海城:高松城(香川県)、平戸城(長崎県)、中津城(大分県)

大分
(写真は中津城)
ここで、問題です。熊本城はどのタイプに分類されるでしょうか? 熊本城の写真を見たら分かるかもしれませんね。正解はページの最後にあります。

2.城の機能とは?

城には主に(1)防衛機能(2)支配拠点(3)領主の住居という3つの機能があったと言われます。城を一段高い場所に作る、周りに堀を築くなどして、外敵を監視し、侵入を防いでいました。また、城の周囲には武士たちが住む城下町が広がっており、領主は中心にある城に住みながら、そこを拠点に統治をおこなっていました。
郡上八幡
(写真は郡上八幡城から眺める城下町の様子)
熊本城も例外ではなく、肥後国の領主である加藤清正が城を中心に統治をおこなっていて、周囲には城下町が形成されていました。
残念ながら、しばらくの間、あの雄々しい熊本城の姿は見られなさそうです……。

知識を増やした上で、実際にお城を訪れてみると、より一層楽しむことが出来ますよ。是非、興味があるお城に足を運んで下さいね。


クイズの答え:平山城

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

1~2月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介