目を奪われるほど美しい!藤の花の名所「河内藤園」の藤棚が幻想的すぎる

目を奪われるほど美しい!藤の花の名所「河内藤園」の藤棚が幻想的すぎる
海外から「実在する世界の美しい場所10」として評価され、SNSをはじめ世界中の人がたびたび話題にする「河内藤園」。
福岡県北九州市にあり、幻想的な藤棚と藤の花トンネルが特に見どころとして知られています。
そのあまりにも美しい絶景のため、毎年4月から5月にかけては、世界中から多くの観光客が訪れます。

今回は、そのあまりも美しすぎる「河内藤園」の魅力を紹介します。

一切宣伝なしでも大盛況!河内藤園がすごい

河内藤園は私営の藤園で、敷地面積はなんと3000坪もあります。これは日本でも有数の広さを誇るそうです。
春にには、敷地内に22種類の藤の花が100本以上咲き乱れ、また藤以外にも、約700本のもみじの木があり、秋の景色も圧巻です。

その美しさを保つために、管理はとても徹底されており、観光客がたくさん来ると藤の花を痛めてしまうという理由から宣伝は全くしていないとのこと。
しかも年中入園できるわけではなく、一般客が入園できるのは、春と秋の一定時期のみ。
しかし、その絶景をひと目でも見たいと、世界中から多くの客やメディアが訪れ、海外でも口コミなどでまたたく間に評判が広まっています。

※ 開園時期とゴールデンウィークが重なるため、ゴールデンウィーク前後の期間中はコンビニ予約チケットが必要となります。咲き具合により、現地にて追加料金(500円 or 1000円)が発生する場合があるそうです。

一度はくぐりたい!藤の花トンネル


河内藤園の見どころの一つといえば、藤の花のトンネルです。

園内には、長さ80mと220mの2種類のトンネルがあり、22種類の藤の花が咲き乱れたトンネルをくぐることができます。
もう、その光景は夢のようです。
日本で最も美しいトンネルといっても過言ではないのではないでしょうか。

目を奪われる、美しい藤棚


そしてもう一つの見どころが藤棚です。

美しいトンネルをくぐった先には、約1000坪にも渡る大藤棚が現れます。

垂れ下がる藤を見ながら、広大な敷地内でのんびりとするのもたまりません。

あたり一面が藤の花の良い香りが漂います。

気になる「河内藤園」の料金やアクセス、GWは?


河内藤園へのアクセスは、車の場合は北九州都市高速の大谷ICから約15分ほど。
しかし、駐車場が大変混雑し、周辺道路にもかなりの混雑が予想されるために、JR八幡駅からタクシー利用を推奨しているとのことです。

ちなみに、入園料は藤の開花状況に応じて料金が変動し、だいたい300円から1000円になります。

入園できる日程も変動しますが、一番の見どころは、藤の花が最大限に咲き乱れるゴールデンウィーク。

勿論、秋の紅葉も大変素晴らしいので、紅葉が好きな方には秋がおすすめです。

一度は、訪れたい日本の名所。
是非、訪れてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

3~4月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介