夏だからこそ行きたい絶景!アクセスランキングを発表

夏だからこそ行きたい絶景!アクセスランキングを発表
いよいよ夏到来ですね。
今回は、この1か月にZEKKEI Japan内でアクセスが多かった絶景スポットのうち“夏のシーズンがおすすめのスポット”に絞ってお届けします。みなさんの行きたい絶景はありますか?

5位

川平湾(沖縄県)

こちらは沖縄県石垣島にある有名な絶景スポットです。
世界有数の透明度を誇る海に、小さな島々が浮かぶ……。色とりどりのサンゴ礁や熱帯魚が泳ぐ姿を目当てに観光客が押し掛けます。
夏に訪れると空のブルーと海のブルーとの対比を楽しめ、シュノーケル、カヤックなどのレジャーを満喫することができます。

4位

礼文島(北海道)

離島ならではの手つかずの自然が数多く残る礼文島。日本最北の離島ですので、避暑にもおすすめ。
5月下旬から8月にかけては、海抜0m地帯にも高山植物が咲き乱れ、別名「花の浮島」と呼ばれています。夏はトレッキングするのにちょうどよいシーズン。珍しい花々を観察しながらのトレッキングを楽しみましょう。

3位

小笠原諸島(東京都)

小笠原諸島はZEKKEIアワードにも選出されていましたが、ページビューも多くて人気があります。
東京から25時間30分もかかるという秘境だからこそ見られる景色が広がっています。
小笠原のおすすめは7月。台風の発生もまだ少なく安定した気候。夜にはアオウミガメの産卵上陸も! 父島では人が行くことができる海岸のほぼすべてで、産卵上陸の可能性があります。

2位

奥祖谷 かずら橋(徳島県)

2位はなんと、この吊り橋。平家の落人が馬場訓練を行うためにシラクチカズラで編んだつり橋を架けたといわれています。臨場感あふれる迫力ある写真ですね! 高所恐怖症の方はご注意を。想像以上に横木の間が空いていて足がすくみます。
昔は深山渓谷地帯の唯一の交通施設だったとか。国指定重要有形民俗文化財にもなっています。 夏のかずら橋は、さわやかな風が心地よく、森林浴はもちろん、川がとにかく綺麗なので水遊びも楽しめます。

1位

寸又峡(静岡県)

なんと1位、2位が吊り橋でした。吊り橋にロマンを感じる人が多いということでしょうか。(特に日本と台湾からのアクセスが多かったです!)
エメラルドグリーンの湖面はインパクトがあります。鮮やかな色の秘密は、水の中の微粒子が光に反射する「チンダル現象」が起こるためだそうです。
4月から12月まで楽しめるスポットではありますが、夏の濃い緑とエメラルドグリーンのコントラストは一見の価値があります!

夢の吊り橋という名前もまた、ロマンチック。橋の真ん中で恋愛成就を願うと叶うと言われています。恋人募集中の女性、彼からのプロポーズを待っている女性、すべての恋するみなさん、願掛けに行ってみませんか?


あわせて読みたい記事

最新記事一覧

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

10~11月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介