一度は見たい絶景!日本屈指のおすすめ雲海スポット5選 

一度は見たい絶景!日本屈指のおすすめ雲海スポット5選 
秋に出現することが多い雲海。まるで雲の上にいるような幻想的な景色を一度は見てみたい人も多いはず。雲海に出会う確率を上げるには見やすい時期と時間帯に訪れること。この記事では、雲海とは?といった疑問から雲海の出現する時期と時間帯や条件を含め、日本屈指のおすすめ雲海スポット5選をご紹介します!

目次


雲海とは?秋に見られる雲海の種類と条件


山などの高い位置から見下ろしたときに、海のように一面に広がって見える雲のこと。雲海の正体は「霧」で、山や川、湖などから発生する霧が一部分にたまることによって雲海として見えます。雲海にはいくつかの種類があり、季節や気温などの気象条件によって見える姿形は異なります。条件がうまく揃わないと見えないからこそ、見れた時の喜びはとてつもなく大きく、絶景として称される理由でしょう。

【秋に見られる雲海の種類】
・放射霧の雲海(一般的に知られる雲海のタイプ)
・雨上がりの雲海
・川霧、湖霧、蒸気霧の雲海

【雲海が見れる条件】
・盆地で見られることが多い
・風が弱いとき
・朝晩が冷え込むとき
・雨上がりの朝

1. 高ボッチ高原(長野県)


高ボッチ高原の雲海

  ▲高ボッチ高原の雲海(長野県)/ 画像提供:PIXTA 


高ボッチ高原の雲海は知る人ぞ知る有名スポット。朝陽の昇り始めには橙色のグラデーションに赤く染まる富士山とその周りを包む雲海といった幻想的な絶景を見ることができます。

高ボッチ高原の雲海と富士山と諏訪湖

  ▲高ボッチ高原の雲海と富士山と諏訪湖(長野県)/ 画像提供:PIXTA 


運が良ければ、雲海の中に諏訪湖が姿を現すことも!雲海・富士山・諏訪湖の3つが朝焼けに照らされる最高に贅沢な景色が目の前に広がります。ベストスポットは山頂展望台や見晴らしの丘、展望広場。人気のスポットだけに、写真撮影をメインに訪れる場合は早めに行って撮影スポットを確保する必要があります。

【雲海の出現する時期と時間帯】
時期:10月下旬~12月(道路閉鎖まで)
時間帯:日の出の30分前~日の出後の1時間がおすすめ
※12月上旬~4月下旬は冬季閉鎖されます。

【雲海が発生しやすい条件】
・夜と翌朝の気温差が大きく冷え込んだとき
・弱風で晴れまたは快晴の日

■高ボッチ高原(長野県)
住所:長野県塩尻市片丘
公式HP: 「高ボッチ高原の雲海」塩尻市観光協会公式サイト


2.竜王マウンテンパーク SORA terrace(長野県)


竜王マウンテンパーク SORA terrace 夕景の雲海

  ▲竜王マウンテンパーク SORA terrace 夕景の雲海(長野県)/ 画像提供:PIXTA 


標高1,770mの急斜面に建てられた「SORA terrace」。うまく条件が合えば、目を奪われるほど美しい幻想的な雲海が広がる大注目の絶景スポットです。周辺が高い山々に囲まれていて、雲がたまりやすい地形のため雲海が発生しやすく、絶景見たさに多くの人が訪れる大人気スポットです。「SORA terrace」公式サイトによると夕方の雲海発生率が最も高く30%を超えるそう。(※2020年 竜王マウンテンパーク調べ)また秋は紅葉のシーズンでもあり、条件が合えば「雲海」+「紅葉」+「夕陽」+「大パノラマ」を一望できる一番贅沢な時期です。

竜王マウンテンパーク SORA terrace サンセットの雲海

  ▲竜王マウンテンパーク SORA terrace サンセットの雲海(長野県)/ 画像提供:PIXTA 


サンセットタイムの雲海も日没前とはまた違った絶景に出会えます。空と太陽の色に照らされて、雲海の色味がなんとも幻想的な雰囲気に。山頂は天気の移り変わりやすいので、防寒具を忘れずに持参しましょう。

【雲海の出現する時期と時間帯】
時期:6月~11月
時間帯:朝、日没の1~2時間前 または サンセットタイム 17時頃(6月~8月)、16時頃(9月~11月)

【雲海の発生しやすい条件】
・山麓の気温が下がる、朝や夕方の時間帯
・山麓から山頂を見ると雲・霧がかかっているとき
・霧の中でも空に日差しが見えた後
・日中との気温差が激しいとき
・夕立など、急な雨が降った後

■竜王マウンテンパーク SORA terrace(長野県)
住所:長野県下高井郡山ノ内町北志賀竜王
公式HP: 竜王マウンテンリゾート SORA terrace 公式サイト


3.竹田城(兵庫県)


雲海に包まれ朝日に浮かぶ竹田城

  ▲雲海に包まれ朝日に浮かぶ竹田城(兵庫県)/ 画像提供:PIXTA 


CMで「日本のマチュピチュ」として登場し、有名になった「天空の城」竹田城。秋に出現しやすい雲海とされています。

竹田城の雲海

  ▲竹田城の雲海と紅葉(兵庫県)/ 画像提供:PIXTA 


秋は運が良ければ、紅葉と雲海と竹田城のコラボレーションを見ることができます。また立雲峡(りつうんきょう)は、CMにも出てきたあの雲海に包まれた竹田城跡が眺められる絶好のスポットです。

【雲海の出現する時期と時間帯】
時期:9月~11月
時間帯:明け方近くから朝の8時頃まで

【雲海が発生しやすい条件】
・前日の夜から明け方の気温が低くなり、日中に向けて暖かくなる寒暖差が10℃以上ある日
・天気の良い日
・風がない日

■竹田城(兵庫県)
住所:兵庫県朝来市和田山町竹田古城山169番地
公式HP: 竹田城跡公式サイト


4.白山(石川県)


雲海に浮かぶ笠ヶ岳と白山遠景

  ▲雲海に浮かぶ笠ヶ岳と白山遠景(石川県)/ 画像提供:PIXTA 


日本三名山のひとつに数えられる白山は、実は山々の間を雲海が覆い隠す神秘的な雲海を見れるスポット。頂上からは美しい雲海の中にそびえたつ周辺の山々を一望できます。

雲海にそびえる白山と真っ赤に燃える夕日

  ▲雲海にそびえる白山と真っ赤に燃える夕日(石川県)/ 画像提供:PIXTA 


中でも北アルプスから昇る日の出と雲海の景色は、忘れられないほどの絶景として見る人の心に焼き付いています。

【雲海の出現する時期と時間帯】
時期:9月下旬~10月下旬頃
時間帯:朝

【雲海が発生しやすい条件】
・雨が降って冷えた翌朝
・風の弱い日

■白山(石川県)
住所:石川県白山市白山
公式HP: 白山観光協会公式サイト


5.国見ケ丘(宮崎県)


朝日に照らされる国見ケ丘の雲海

  ▲朝日に照らされる国見ケ丘の雲海(宮崎県)/ 画像提供:PIXTA 


雲海名所として有名なスポット、国見ヶ丘。雲海が周辺の山々を覆い隠す様子はとても幻想的で、まさに「神の住まう町」と感動する景色が目の前に広がります。特に雲海と朝日が生み出す景色には圧巻。息を呑むほど美しい眺望を見ることができます。シーズン中は早朝にもかかわらず多くの人で賑わう人気の雲海スポットです。

【雲海の出現する時期と時間帯】
時期:9月中旬~11月下旬
時間帯:早朝(朝4時~8時)

【雲海が発生しやすい条件】
・快晴の日
・風のない日
・昼と夜の気温差が大きい

■国見ケ丘(宮崎県)
住所:高千穂町大字押方
公式HP: 「国見ケ丘」高千穂町観光協会公式サイト

まとめ

いかがだったでしょうか。条件がうまく整うことによって出現する雲海はとても幻想的で、さらにスポットによっては雲海のみならず複数の絶景が同時に見れたりとその贅沢さに魅了されます。雲海を見に行く際は、雲海の発生しやすい条件・期間・時期を考慮の上、お出かけされることをおすすめします。ぜひ秋に雲海を見に行く際の参考にしていただけると幸いです。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

11~12月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介