【関東】観光やデートにおすすめ!週末に行きたい絶景スポット6選

【関東】観光やデートにおすすめ!週末に行きたい絶景スポット6選
みなさん、最近はどのように休日を過ごしていますか?
長期休暇に旅をするのは難しくても、たまには週末に少し遠出をしてリフレッシュしてみたいですよね。

今回は、週末に気軽に行ける関東のおすすめ絶景スポットを厳選してご紹介いたします。
日本の文化に触れ、大自然ならではのおいしい空気を満喫できるスポットばかりです。観光やデートの際にぜひ大切な人と楽しいひとときをお過ごしください。
※曜日や季節などにより、営業時間等が変更・休業となる場合がございます。ご利用の際には、あらかじめ各公式サイトにてご確認の上、お愉しみください。

1.大洗海岸・神磯鳥居/茨城県

大洗海岸・神磯鳥居
大洗県立自然公園に含まれ、大洗海岸に立つ『神磯鳥居(かみいそ)』。
海上の岩の上にある鳥居は季節によって異なる表情を見せてくれます。特に夜に月光に照らされた海岸や初日の出に赤く染まっていく海岸は神々しく、絶景スポットとして大人気です。
日本の渚百選・日本の白砂青松百選に選定されたこの海岸には鳥居だけではなく、「大洗海水浴場」や「大洗灯台」などもあり、サーフィン大会や釣りなども楽しめて夏以外でも多くの観光客で賑わいます。
海岸へ訪れる際には、近くにある大洗磯前神社の美しい「二の鳥居」や「大洗美術館」もあわせて訪れることをおすすめします。

2. 中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)/栃木県

中禅寺湖
海抜高度1269m、日本屈指の高さを誇る『 中禅寺湖』。
およそ2万年前に男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められ、原形ができたといわれている湖は、四季折々に美しい表情をみせてくれます。その美しさは、地元民だけではなく、多くの観光客にも大変人気です。
特に初夏に見ごろを迎えるツツジや秋の紅葉が見事で、歩いてみるのももちろん、遊覧船に乗って絶景を眺めるのもおすすめ。

3. 水上温泉(みなかみおんせん)/群馬県

水上温泉
利根川上流の渓流に沿ってホテルや旅館などが立ち並ぶ温泉街の『 水上温泉』。
各施設にある温泉から谷川岳や利根川を望むことができ、癒やしにあふれたリゾートでのんびりと過ごしながら四季折々の景色を楽しめる。利根川ではゴムボートやラフティング、パックラフト、レイクカヌー・カヤックなどのウォーターアクティビティの他、ツリートレッキング、バギー、パラグライダー、バンジージャンプ、マウンテンバイク、スキー&スノーボードや谷川岳よりロープウェイに乗ってさまざま絶景が楽しめます。年代を問わず、週末を楽しむのにぴったりの場所です。

4. 狭山湖(山口貯水池)/埼玉県

狭山湖(山口貯水池)
1934年(昭和9年)埼玉県の南中部に東京都の水源確保のために作られた貯水池『 狭山湖』。
埼玉の「自然百選」にも選ばれた県立狭山自然公園に含まれており、春には2万本にも及ぶ桜が開花し、夏は松やクヌギの森林や秋の紅葉など、1年を通して、季節ごとの美しさが楽しめることからたくさんの観光客が訪れます。堤防の途中には広い階段や展望デッキが設けられ、素敵な写真を撮ることができます。

5.小港海岸(こみなとかいがん)/東京都

小港海岸
小笠原村父島に位置し、白い砂と青い海が特徴のビーチ『 小港海岸』。
サンゴが少ない海中は泳ぎやすく、透明感があり、シュノーケリングも楽しめます。また運がよければ、ウミガメの産卵を見ることもできます。
周辺には人工的な光がないため、夜に星空を観察するのにもぴったりです。休憩舎、トイレ、ベンチなどの設備も充実。ご家族や大切な方と自然を感じながらゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

6. 鋸山日本寺(のこぎりやまにほんじ)/千葉県

鋸山日本寺
約1300年前に行基菩薩によって開かれた関東最古の寺『鋸山日本寺』。
境内は山頂、羅漢、中腹、表参道エリアや大仏広場に分けられており、大変広いため、ハイキングしながら参拝できます。山頂へは、鋸山ロープウェーで向かう事ができ、見どころも多いですが、特におすすめなのは山頂にある展望台「地獄のぞき」と大仏。大仏・薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)は世界平和、万世太平を祈願し、日本一の高さを誇ります。ぜひ近くで見ていただきたい!そして展望台は、突き出ている岩に設置されていることから「地獄のぞき」と呼ばれ、東京湾や房総半島、富士山を見渡すことができ、スリル満点の絶景が望めます。

7. 鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)/神奈川県

鶴岡八幡宮
約800年の歴史を持ち、武家文化を感じられる『 鶴岡八幡宮』。
かつて鎌倉が国の中心だったころ、「鎌倉の守り神」や「武士の守り神」として人々のよりどころとなっていた。現代では、子宝や夫婦円満のご利益があるという事で大人気のスポットです。JR鎌倉駅東口、または江ノ島電鉄江ノ電鎌倉駅から徒歩約10分とアクセスしやすく、途中には立派な鳥居が3つあり、春の桜や初夏のツツジの花と一緒に写真の撮影を楽しめます。3つ目の鳥居をくぐると「源平池」と、そこに架かる「太鼓橋」が現れ、春には桜や梅、夏は蓮、秋には紅葉の景色も望める。「舞殿」と「若宮」を進むといよいよ国指定重要文化財にも指定された「本宮」が見えます。本宮付近で写真の撮影はできませんが、大石段を上って参拝した後、まっすぐと伸びる参道が見え、そこからの景色もおすすめ。
いかがでしたでしょうか。
今回は都心からのアクセスもしやすく、気軽におでかけできる絶景スポットをご紹介しました。
ぜひ週末に魅力がたっぷり詰まった場所で大切な方と一緒に満喫してみてください。気分をリフレッシュでき、きっと楽しい思い出も作れます。



あわせて読みたい記事

最新記事一覧

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

11~12月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介