【全国】雨の日だからこそ出会える絶景!梅雨の時期に訪れたいスポット10選

【全国】雨の日だからこそ出会える絶景!梅雨の時期に訪れたいスポット10選

【1】いよいよ梅雨シーズン到来

雨の日TOP
5月に入り、西日本を中心に梅雨入りが発表され、全国的に雨が多い季節になってきましたね。
梅雨の時期独特のじめっとした空気を思い出して憂鬱な気分になったり、「家でまったりしていたら休日が終わっていた・・・。」という方も増えてきているのではないでしょうか?

天気が悪い日はつい敬遠されがちですが、実は晴れた日とは違った風景を作り出す雨の日にも魅力が沢山あります!雨の日を楽しむ目的で色々な所に目を向けてみると、今まで気付かなかった新しい発見があるかもしれません。

今回は、雨の日だからこそ見られる絶景スポットを10か所ご紹介致します!お出かけの際にぜひご参考ください!

【2】雨の日にもおすすめ!絶景スポット10選

|1.白神山地(しらかみさんち)/青森県

白神山地(雨の日)

白神山地(しらかみさんち)は、青森県から秋田県にまたがる広大な山地帯の総称で、1993年12月に鹿児島県の屋久島と並び日本で初めてユネスコ世界遺産に登録されました。
ブナーミズナラ群落やサワグルミ群落などをはじめ、人為の影響をほぼ受けていない原生的なブナ林が分布し、多種多様な動植物が生息・自生するなど貴重な生態系が保たれています。

白神山地(雨の日)2
いくつかの散策・登山ルートがある白神山地(しらかみさんち)の中でも十二湖散策コースは人気があります。透明度の高い「青池」や広葉樹の原生林に囲まれた神秘的な「鶏頭場の池」、カラフルな野鳥なども見ることができ、散策路もしっかりとしているので雨の日でも歩きやすくなっています。


|2.ひがし茶屋街/石川県

ひがし茶屋街(雨の日)

茶屋様式の町家が多く残るひがし茶屋街は、金沢文化を代表する茶屋街のひとつ。名物の金箔ソフトや和菓子などのスイーツから、格式ある割烹料理屋、伝統工芸品を扱うセレクトショップなどが立ち並び、金沢を満喫できる観光スポットとして大変人気があります。

ひがし茶屋街(雨の日)2
もちろん晴れた日の散策もおすすめですが、雨に濡れた石畳や木造の格子戸などが色濃く映り、より一層風情が感じられます。茶屋街の特徴として建物同士の間隔が狭いため、雨宿りしながら気になるお店を見て回れることができます。
金沢では、観光案内所やお店などに置かれた傘を自由に使える「置き傘プロジェクト」が行われており、置き傘設置場所ならどこでも返却できる、雨の多い石川県ならではの取り組みです。


|3.美人林(びじんばやし)/新潟県

美人林(雨の日)

新潟県十日町市松口の丘陵に広がるブナ林では、樹齢100年ともいわれるブナの木が一面に生い茂り、スラリとした立ち姿から「美人林(びじんばやし)」と呼ばれています。かつては一度伐採されて原野となりましたが、再びブナの木々が伸びていき、素晴らしいブナ林の姿が形成されていきました。
雨の日の美人林は幹や葉が濡れていつもより緑が濃く感じられ、霧がかかってくるとさらに神秘的な雰囲気が高まります。

美人林(雨の日)2
四季折々の自然が楽しめる環境が整い、春は残雪がある中に若葉が芽吹き、夏は青々しい緑に包まれ、秋には黄色やオレンジに紅葉が色づいていき、冬は銀世界に包まれます。そのため、散策やバードウォッチング、雪上ウォーキングする場所としても人気があります。


|4.三千院(さんぜんいん)/京都府

三千院(雨の日)

京都市左京区大原にある天台宗の寺院「三千院(さんぜんいん)」は、延暦年間(782年~806年)に最澄(さいちょう)が比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)を開いた時に、東塔南谷に一堂を建立したのが起こりとされています。
寺地は時代の流れのなかで幾度か移転し、明治維新後に現在の地へと移り「三千院」として1000年以上の歴史を繋いでいます。

  • 三千院(雨の日)2
  • 	三千院 (雨の日)3
雨に濡れて生き生きとした苔と青もみじは美しく、緑の深みを感じる庭園の雰囲気に癒されます。苔むす庭園ではお地蔵様の静かなお顔が至る所で見られ、往生極楽院(おうじょうごくらくいん)のある庭には「わらべ地蔵」がひっそりと佇みます。
外庭は広々としており、ゆっくり時間をかけて散策が楽しめるのも魅力です。


|5.東京駅/東京都

東京駅(雨の日)

東京駅は、首都・東京の表玄関ともいえる言わずと知れた有名な駅。東日本旅客鉄道・東海旅客鉄道・東京地下鉄の駅であり、JR東日本の在来線と新幹線各路線、JR東海の東海道新幹線、地下鉄丸ノ内線が発着するターミナル駅としても多くの人が利用しています。
復元された東京駅丸の内駅舎は、都会ならではの最新鋭の高層ビルではなく、あえて創建当時の外観を忠実に再現。レンガ造の建物が周辺のビル群とのギャップを生み、印象的な景観を作り出しています。

東京駅(雨の日)2
雨に濡れた道路に東京駅が鏡のように映し出され、その光景はボリビアの「ウユニ塩湖」やオランダ最大の都市「アムステルダム」のような雰囲気も感じさせます。この絶景はSNSでも話題となり、また違った視点から東京駅を楽しむことができます。


|6.明月院(めいげついん)/神奈川県

明月院(雨の日)

神奈川県鎌倉市山ノ内にある明月院(めいげついん)は、通称「あじさい寺」とも呼ばれ、開花期は例年5月下旬から7月下旬。"明月院ブルー"の愛称でも親しまれる花の名所です。
左右をあじさいが覆い尽くす石段の風景も素晴らしく、梅雨時のしっとりした空気とあじさいの爽やかな景観はこの時期ならでの景色です。

明月院(雨の日)2
主に日本古来の「姫あじさい」という品種が植栽されており、淡く青色をした色彩が特徴。約2,500株のあじさいが境内を埋め尽くし、鎌倉を代表するスポットとなっています。 あじさいはもちろん、境内全体が国の史跡に指定され見所が沢山あります。


|7.苔の森(こけのもり)/長野県

苔の森(雨の日)

長野県北八ヶ岳の神秘的な湖・白駒の池(しらこまのいけ)の周辺は「苔の森(こけのもり)」と呼ばれる苔の宝庫。白駒の池は、国道299号線沿いの駐車場から歩いて約15分の場所にあり、コメツガやトウヒ、シラビソなどの原生林が豊富に自生し、地面は敷き詰めたような苔が一面に広がります。
6月中旬~7月末頃にかけて苔がびっしりと生えそろい、例年11月上旬頃まで苔の森を楽しむことができます。

	苔の森(雨の日)2
一見同じように見える苔も、ルーペや虫めがねでよく観察してみると枝の分かれ方や葉っぱの形などが種類によって違い、それぞれの個性が見られます。
急俊な高山を登らなくても、高山植物や四季ごとに織りなす自然の移り変わりを見ることができるので、子供やお年寄りの方でも散策しやすくなっています。

※雪の多い地域のため、毎年11月中旬から翌年の4月中旬頃までは苔の森へ繋がる国道299号が一旦通行止めとなります。苔の森へ入れるようになるのは、毎年5月下旬頃に開催される「苔の森開き」が行われた後ですが、標高の高い北八ヶ岳では6月上旬まで雪が残っていることもあります。


|8.御裳神社(みもじんじゃ)/愛知県

御裳神社(雨の日)

愛知県一宮市の御裳神社(みもじんじゃ)は、寛徳2年に創建された古社で、古くから盛んだった織物業・染色業の守護神として崇敬を集め、社名を「御裳神社」と定めました。
あじさいの名所としても知られ、梅雨に入ると約70種・約8000株のあじさいの花が境内を彩り、あじさいが浮かぶ手水舎はインスタ映えすると話題になっています。

	御裳神社(雨の日)2
白や紫色などの鮮やかなあじさいが咲き乱れる風景は、どんよりとした梅雨の気分を吹き飛ばすような癒しを与えてくれます。
2021年の「尾西あじさいまつり」の開催は残念ながら中止になっていますが、あじさいは自由に見て回ることができるので、感染対策をしっかり行いながら、鑑賞をお楽しみください。

▼尾西あじさいまつりの詳細はこちらをご確認ください。
愛知県の公式観光ガイド Aichi Now


|9.高千穂峡(たかちほきょう)/宮崎県

高千穂峡(雨の日)

五ヶ瀬川にかかる高千穂峡(たかちほきょう)はその昔、阿蘇山(あそさん)の火山活動で噴火した火砕流(かさいりゅう)が侵食され、美しい懸崖となった峡谷。五箇瀬川峡谷として国の名勝天然記念物に指定されており、日本を代表する景勝地の一つとなっています。
シンボルである真名井の滝をはじめ、柱状節理がつくる独特の渓谷美は迫力満点の絶景です。

	高千穂峡(雨の日)2
峡谷は貸しボートで遊覧できるようになっており、峡谷に流れ落ちる真名井の滝を間近に見ることができます。雨の日もカッパなどを着用して乗船でき、ボート乗り場ではレインポンチョの販売もあります。
増水している場合は晴れた日でもボートが運休となりますが、滝周辺は峡谷に沿って遊歩道が整備されているので、のんびり散策しながら景色が楽しめます。


|10.白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)/鹿児島県

白谷雲水峡(雨の日)

世界遺産の屋久島で一二を争う人気の観光名所「白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)」。面積423.73ヘクタールの広大な自然休養林が広がり、屋久島の照葉樹林帯を代表するイスノキ・タブノキ・ウラジロガシなどの大木や、ヤクスギ林帯を代表するスギ・ツガなどの大木も見ることができます。
白谷雲水峡の苔に覆われた森は、雨が降ると苔に雫(しずく)が溜まって宝石のような美しさを放ち、その日の天気によって様々な表情を見せてくれます。

	白谷雲水峡(雨の日)2
白谷雲水峡にはいくつかのトレッキングコースがあり、ネイチャーガイドと一緒に体力や時間に合わせて歩くことができます。ジブリ映画・もののけ姫に出てくる森のイメージになったといわれる「苔むす森」までは半日コースで、初心者でも参加しやすいコースになっています。
体力・時間に余裕がある方には最奥の「太鼓岩コース」に挑戦してみるのもおすすめ。1日コースでハードにはなりますが、より白谷雲水峡を満喫したい方や太鼓岩の頂上からの絶景を見たい!という方も楽しめるコースになっています。天候の良い日には太鼓岩から屋久島の山々が一望できて、最高のロケーションが魅力です。




【3】最後に

今回は、全国各地にある雨の日も楽しめるスポット10か所をご紹介致しました!
雨の日はいつも室内で過ごすことが多いという方も、時々外に出て新しい景色を探してみてはいかがでしょうか? 様々な季節や天候によって個性豊かな絶景に出会えるのも日本の魅力!機会がありましたらぜひ訪れてみてください。

※新型コロナウイルスの感染防止のため、営業状況などが変動している場合もございます。訪れる際には必ず観光サイトや各公式HPなどをご確認ください。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

7~8月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介