アクセス数ランキング!2月に注目を集めた絶景スポットベスト10

アクセス数ランキング!2月に注目を集めた絶景スポットベスト10
皆さんは、春に向けてどんな絶景を見に行きたいですか?桜や菜の花、川や海の景色など、暖かくなる時期だからこそ行ってみたいスポットが沢山あると思います。
今回は、2021年2月にZEKKEI Japanでアクセス数の高かった名所をランキング形式でご紹介していきます!今後の参考にぜひチェックしてみてください!

第10位

菊池渓谷(きくちけいこく)/熊本県

10位:菊池渓谷
  • 10位:菊池渓谷2
  • 10位:菊池渓谷3
菊池川の源をなす菊池渓谷は、阿蘇外輪山の北西部の標高500m~800mの間に位置し、阿蘇くじゅう国立公園の一角に存在しています。その間を縫うように流れる水が大小様々な瀬・渕・滝を作り出し、モミやツガ、ケヤキなど広葉樹の原生林で覆われています。
新緑の春、天然クーラーと称される夏の渓谷、紅葉に包まれる秋の渓谷、幻想的な樹氷などが楽しめる冬の渓谷と四季折々の表情が見られます。手つかずの自然がそのまま残り、太陽が照らし出す神秘的な風景や朽ちて行く樹木、新たに誕生する植物たちの様子に心癒されます。

第9位

草千里(くさせんり)/熊本県

  • 9位:草千里2
  • 9位:草千里3
烏帽子岳の北麓広がる大草原と雨水が溜まってできたとされる池のコントラストが美しい草千里ヶ浜。阿蘇を代表する絶景の一つであり、そこに馬が佇む風景はとてものどかで絶好のロケーションを誇ります。
阿蘇火山の歴史に伝える「阿蘇火山博物館」には広い駐車場が設けられ、レストランやお土産店も隣接しています。また、標高1,100mの地点から阿蘇の西側を望む「草千里ヶ浜展望所」は欠かせないビュースポットとなっています。

第8位

角島大橋(つのしまおおはし)/山口県

  • 8位:角島大橋2
  • 8位:角島大橋3
本州と角島を繋ぐ「角島大橋」は平成12年に開通し、離島に架かる橋のなかでも無料で渡れる一般道としては日本屈指の長さ(1,780m)を誇ります。エメラルドグリーンの海士ヶ瀬を跨ぐように、真っ直ぐ延びていく大橋の姿はまさに圧巻の美しさです。
これまでにも様々なCMやドラマ、映画などの撮影に使われ、北長門海岸地域随一の景勝地になっています。橋の通行は車ではもちろん、自転車や徒歩で渡ることもできるため、海風を感じながらサイクリングしたり散策を楽しむことができます。

第7位

いすみ鉄道 菜の花列車(いすみてつどう なのはなれっしゃ)/千葉県

  • 7位:いすみ鉄道 菜の花列車2
  • 7位:いすみ鉄道 菜の花列車3
千葉県いすみ市にある大原駅から、千葉県夷隅郡大多喜町の上総中野駅までを結ぶローカル路線「いすみ鉄道」。春になると桜や菜の花が咲き誇り、鉄道ファンのみならず、長年多くのカメラマン、観光客に愛されています。沿線では市町村や地域の人々、会社などが協力して菜の花の植栽を行い、「いすみ鉄道といえば菜の花」といわれるほど、全国で広く知られるようになりました。
車窓から花々に囲まれた風景を楽しむのも素晴らしいですが、気になった駅で降りて昭和の雰囲気や田園風景を感じたり、周辺を散策してみるのもおすすめです。

第6位

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)/京都府

6位:伏見稲荷大社
  • 6位:伏見稲荷大社
  • 6位:伏見稲荷大社3
京都府京都市伏見区深草にある伏見稲荷大社は、稲荷山の麓に本殿があり、全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社です。和銅4年(711)の創建と伝わり、五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、諸願成就にご利益があるとされ、年間を通じて多くの参拝者で賑わいを見せます。
伏見稲荷大社といえば、朱塗りの鳥居がズラリと連なる「千本鳥居」が特に有名で、崇敬者から稲荷大神様へのお礼として奉納され、現在境内には約1万基の鳥居が立ち並びます。

第5位

瑠璃光院(るりこういん)/京都府

  • 瑠璃光院
  • 瑠璃光院
京都市左京区上高野にある瑠璃光院は、豊かな自然と数寄屋造りの建物、名庭が印象的な寺院です。山門から玄関、参道、書院、瑠璃の庭、臥竜(がりょう)の庭など、見所に溢れています。
なかでも有名な書院2階からの景色は、春は青もみじが綺麗に輝き、秋は紅葉が色鮮やかに包み込む幻想的な景観は圧巻。通常は非公開になっている瑠璃光院ですが、春と秋に特別拝観が行われ、その貴重な光景を一目見ようと毎年大勢の人が訪れます。

第4位

奈良井宿(ならいじゅく)/長野県

  • 奈良井宿
  • 奈良井宿
江戸時代、江戸の日本橋と京都の三条大橋を内陸経由で結んだ中山道。ちょうど真ん中に位置する34番目の宿場町「奈良井宿」は、木曽11宿のなかで最も標高が高く、難所である鳥居峠を控えるため、交通の要であり峠越えに備える人々を癒す場として栄えました。
現在は、重要伝統的建造物群保存地区として、繁栄した当時の町並みが保存されており、歴史あるお寺や神社、旅人の喉の渇きを潤した水場など、江戸時代の面影が町の至る所で見られるのも奈良井宿の魅力です。

3位

名もなき池(通称 モネの池)

  • 名もなき池
  • 名もなき池
名もなき池(通称 モネの池)は岐阜県関市を代表する人気スポットです。透明度の高い湧き水には、5月末頃から10月頃にかけて美しい睡蓮(すいれん)が水面に浮かび、池の中を優雅に泳ぐ錦鯉の姿はまるで、フランスの有名画家・モネの代表作「睡蓮」のような素晴らしさ。さらに11月頃からは紅葉が色づき、冬は雪景色が楽しめます。

2位

八方池(はっぽういけ)/長野県

  • 八方池
  • 八方池
白馬連峰の唐松岳から四方八方に尾根が延びる八方尾根。尾根の中腹に、雪に押し流された土砂の堆積によってできた八方池は存在し、雪解け水や雨水が溜まった水面には白馬三山を鏡のように映す不思議な景色が印象的です。八方池まではゴンドラとリフトを乗り継ぎ約1時間半のトレッキングで行くことができ、霧が晴れた日には白馬岳・杓子岳・鑓ヶ岳の雄大な白馬三山が姿を現します。

1位

河口湖(かわぐちこ)/山梨県

  • 1位:河口湖2
  • 1位:河口湖3
富士山の近くに位置する河口湖は、相模川水系に属し富士五湖の中で最も長い湖岸線を持ちます。湖畔では春に桜、初夏にラベンダー、秋にコキアや紅葉と四季折々のロケーションが楽しめる人気スポットです。
湖の波が静かな晴天時に見られる、湖面に富士山が映し出される「逆さ富士」はよく知られており、湖の優れた景勝地としても愛されています。


ZEKKEI Japan「2月のアクセス数ランキングベスト10」は、いかがでしたでしょうか。
春直前ということもあり、一足先に春を感じる場所を探したり、暖かくて自然に癒されるスポットに注目が集まったように思います。

ご紹介したスポットのほかにも、日本各地には数多くの絶景スポットが点在しています。ぜひ、ZEKKEI Japanのテーマカテゴリーから気分に合った絶景を探してみてください!

※新型コロナウイルスの影響により、場所によっては一時休業している場合もございます。事前にご確認ください。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

8~9月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介