旅行をきっかけに移住。沖縄・南城から始める穏やかな生活

旅行をきっかけに移住。沖縄・南城から始める穏やかな生活
皆さんは沖縄への移住を考えたことはありますか?沖縄といえば南国ならではの温暖な気候や美しい海や、自然が広がり癒しを求めに訪れたいと思う方も多いのではないでしょうか?
今回は、沖縄本島の南部に位置する緑豊かな南城市へ移住した方に注目してご紹介していきたいと思います!沖縄県内にたくさんの地域があるなかで、なぜ南城市を選んだのか?どんな生活を送っているのか?実際に移住した方々のお声をお届け致します!

あざま共同売店経営 藤原さん(岡山県出身)

あざま共同売店メイン(南城市移住以外使用不可)

全てのきっかけはフィーリング。沖縄好きから始まった移住への思い

Q.移住されたきっかけは何ですか?
私の場合、明確な理由があって移住してきたわけではなくて。なぜか沖縄に来たことがない頃から「とにかく沖縄が好き!」「住みたい!」という思いをずっと持っていました。息子が沖縄の大学に進学したことをきっかけに、私も沖縄を訪れるようになり観光を楽しむようになりました。
その後、仕事の関係で那覇に住んでいたのですが、都会の生活に落ち着かなくて”田舎の方に住みたい”と思うようになりました。南城市を選んだ特別な理由はなかったのですが、何度か久高島へ行く時に港のある安座真を訪れていて、雰囲気がいいなという感覚だけで住むことを決めました。

  • あざま共同売店食料品など(南城市移住以外使用不可)
  • あざま共同売店お土産品(南城市移住以外使用不可)
Q.普段はどんなお仕事をされていますか?
引っ越してきた当初は会社に勤めていたのですが、地域の人たちと交流していくなかで「近くに買い物できる場所がない」「地域で集まれる場所があるといいな」などの声をよく聞いていて、小さな売店を作れば地元の方も観光客も立ち寄れる便利な場所になるんじゃないかという思いからお店をオープンしました。
他にも、時間がある時には斎場御嶽(せーふぁうたき)のガイドもしています。ガイドに誘われた時は「私には無理」と思っていましたが、歴史深い南城市に住んでいるんだから試験だけでもチャレンジしてみようと始めて、現在も続けています。

  • あざま共同売店外壁の絵(南城市移住以外使用不可)
  • あざま共同売店からの海の眺め(南城市移住以外使用不可)
Q.南城市に移住して変わったことはありますか?
沖縄がもっと好きになりました。田舎だと人間関係が難しいという話も聞くけれど、私の周りは温かい人ばかりで知らなかったことを沢山教えてくれます。
あざま共同売店の外壁は知人のデザイナーさんが絵を描こう!と提案してくれたもので、地域の人たちや子供たちに安座真らしい絵を描いてもらいました。こういった地域との関りも深くて毎日楽しく過ごしています。
移住する前は「とにかく沖縄が好き!」という思いだけだったけれど、移住してからは沖縄というより南城市の「安座真(あざま)」という場所がとても好きになりました。今では私はここでお店をやるために来たと思っていて、これからもここに来た意味を死ぬまで探し続けていくんだろうなと思います。
【店舗名】あざま共同売店
【住所】〒901-1502 沖縄県南城市知念安座真3
【Facebookページ】https://www.facebook.com/azamabaiten/

服部さんご夫婦(東京都・千葉県出身)

服部さんご夫婦(南城市移住以外使用不可)

暖かくて落ち着いた場所へ。自然に囲まれた環境での穏やかな生活

Q.移住されたきっかけは何ですか?
16年ほど前に南城市に移住してきました。移住する前は東京の中央区で銀座や築地にも近い場所に住んでいて、周りには百貨店やおしゃれなレストランなども充実していましたが、住んでいるとお金がかかるし冬場は寒い。妻と落ち着いた場所に移住しようと話し始めて、仕事で何度か訪れていた沖縄を候補に考え始めました。
具体的な場所は決まっていなくて、地元の不動産屋さんに物件を紹介してもらいながら県内を見て回りました。なかなか納得のいく場所が見つからない時に、たまたま知り合いから今の物件を教えてもらい住むことを決めました。
庭から海の景色とともに、世界遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)、コマカ島や久高島、ニライカナイ橋が目の前に広がっていて、自宅から南城市の有名スポットが見渡せるところも気に入っています。住み始めた頃はあたりが緑で生い茂っていて、とても景色を楽しめる状態ではありませんでしたが、少しずつ庭を整備しながら今の景観を作っていきました。
服部さん宅海の景色(南城市移住以外使用不可)
Q.普段はどんなお仕事をされていますか?
フリーで色んなことをしています。自宅の庭を整備したり斎場御嶽(せーふぁうたき)のガイドをしたり、忙しい毎日を送っています。
東京に住んでいた頃からベランダで植物を育てていましたが、今では100種類以上の草花から自家栽培の野菜まで幅広く育てていて、庭がとても広いのでやり始めたらあっという間に時間が過ぎてしまいます。
南城市では、自宅の庭を開放したオープンガーデンというイベントを行なっていて私はスタート当初から参加しています。その際に、この場所を気に入ってカフェを開いたらどうか?とよく言ってもらえるのですが、あくまでも自分のペースで楽しく過ごすことを大切にしているので、これからも好きなことを好きなようにしながら過ごしていきたいと思っています。

  • 服部さん宅庭園(南城市移住以外使用不可)
  • 服部さん海と花(南城市移住以外使用不可)
Q.南城市に移住して変わったことはありますか?
やっぱり緑が多いところと人が優しくてストレスを感じないこと。都会に住んでいる頃は、隣人同士でもなるべく関わらないように生活していたけれど、今ではおばあちゃんが気軽に話しかけてくれたり、直売所でほしいものがなくて困っていると自宅でとれた野菜を分けてくれたり。移住してきた人も温かく受け入れてくれる人の温かさと心配りがとても素敵だなと思います。

  • 服部さん宅ハイビスカス(南城市移住以外使用不可)
  • 服部さん宅水道と緑(南城市移住以外使用不可)

エプロン作家 吉野さん(大阪府出身)

エプロン作家吉野さん(メイン)

ユーモア溢れる南城市の人々との出会い、エプロン作家としての道

Q.移住されたきっかけは何ですか?
大阪に住んでいた頃、那覇でお仕事する機会があり、そこで知り合った方に久高島を案内してもらったことがありました。大阪に戻って、その時撮った写真を娘に見せながら思い出を話していると興味を持ちだして、娘が中学生の時に「久高島を留学センターに行きたい!」と言い出したんです。それから私も大阪と沖縄を行き来するようになり、いつの間にか友達も増えて"ここに住んでもいいな"と思い始めていました。
娘が中学3年生になる年に、私も南城市内に引越してきて2人での生活をスタートさせました。
エプロン作家吉野さん(手元)南城市移住以外使用不可
Q.普段はどんなお仕事をされていますか?
「暮らしを彩る、エプロンは衣装、地球がステージ」をテーマにエプロンは作っています。
大阪時代はオーダーメイドの洋服を作っていたのですが、南城市に移住してからは飲食店やショップの方からエプロンの注文を受けることが増えていって、それと同時に沢山の布もいただくようになっていました。
そんなある日、山のように積まれた布から「エプロンにして!」という声が聞こえてきて、そのことを友人に話すと「エプロン作家っていいね!やってみたら?」と背中を押されて、そのまま話が盛り上がりエプロン作家として活動することを決めました。

  • エプロン作家吉野さん(イエロー)南城市移住以外使用不可
  • エプロン作家吉野さん(イエロー②)南城市移住以外使用不可
Q.南城市に移住して変わったことはありますか?
暖かい日には早朝から近くのビーチにいき、ヤハラヅカサと日の出を拝んでいます。移住する前は、早起きして海に出かけることなんてなかったのですが、海から上がってくる日の出を見た時にとても感動して、いつの間にか日の出を見に行くのが日課になっていました。
そして、沖縄の人たちは温かくてとにかく面白い!大阪の人と雰囲気も似ていて共通点も多いと思います。親しみやすい環境も魅力の一つですね。

  • エプロン作家吉野さん(パープル)南城市移住以外使用不可
  • エプロン作家吉野さん(パープル②)南城市移住以外使用不可
【店舗名】洋裁店CHOCOLA
【WEBページ】
・Facebookページ
https://www.facebook.com/chocola.handmade
・Instagram
sewing Chocola
・online shop『ami le cadeau』
https://www.amilecadeau.com/blog/2020/09/24/172747

南城市に来たらココ!おすすめのスポットをご紹介!

★奥武島いまいゆ市場

いまいゆ市場店内(南城市移住以外使用不可)

車で橋を渡って気軽に行ける人気の観光地「奥武島(おうじま)」。沖縄風の天ぷら屋さんが点在するためドライブスポットとしても有名ですが、2014年にオープンした奥武島体験交流施設「奥武島いまいゆ市場」では、周辺で水揚げされた"いまゆい(新鮮な魚)"や海産物を使った手作りの加工品、地元でとれた野菜など南城市ならではの食材が豊富に販売されています。

  • いまいゆ市場刺身盛り(南城市移住以外使用不可)
  • いまいゆ市場海鮮丼(南城市移住以外使用不可)

500円・1000円と様々な組み合わせの刺身盛りが並び、好きな魚介類をチョイスしていくら分と伝えればお好みの刺身盛りを作ってもらうこともできます。
新鮮かつこの価格でボリューム満点。海鮮丼や海ぶどう丼、うに丼、いくら丼といった贅沢な丼物もリーズナブルに味わえるので、観光客のみならず地元の人たちも多く買い求めてに訪れます。

  • いまいゆ市場巨大な貝(南城市移住以外使用不可)
  • いまいゆ市場魚たち(南城市移住以外使用不可)

1年を通して南城市の旬が味わえるのも魅力。春頃はモズクやアーサー、ゴールデンウイーク頃は本マグロ(黒マグロ)、6月頃はスクガラス、冬はサザエやヤコウ貝、シャコ貝などの貝類、冬場から春にかけてはセーイカと豊富な海産物が楽しめます。

いまいゆ市場外観(南城市移住以外使用不可)

【店舗名】奥武島いまいゆ市場
【住所】〒901-0614 沖縄県南城市玉城奥武19-9
【営業時間】9:00〜18:00
【定休日】なし

★南城市地域物産館

南城市地域物産館店内(南城市移住以外使用不可)

世界遺産・斎場御嶽(せーふぁうたき)の券売所横に併設された「南城市地域物産館」。南城市を知るならまずはここ!ともいえるおすすめスポットで、市内の特産品やお土産をはじめ、ここでしか手に入らない久高島の商品やオリジナルのなんじぃグッズも充実しています。

  • 南城市地域物産館柑橘類(南城市移住以外使用不可)
  • 南城市地域物産館魚介類(南城市移住以外使用不可)

奥武島名物のモズクや色々な食べ方が楽しめるセーイカのマース(塩)煮などの海産物を使った加工品、完熟マンゴー100%のジュースやシークワーサードリンクなどの商品も勢ぞろいです。お土産にはもちろん、普段の食事にプラスしてアレンジできたりと南城市の特産品を使って様々な味わい方が楽しめます。

  • 南城市地域物産館なんじぃグッズ(南城市移住以外使用不可)
  • 南城市地域物産館久高島コーナー(南城市移住以外使用不可)

南城市公認キャラクター「なんじぃ」のグッズは日用品から衣類、市内限定のお菓子と幅広いラインナップになっています。神の島といわれる久高島の塩やイラブー(海蛇)を使ったそばなどの久高島商品も充実しています。

南城市地域物産館外観(南城市移住以外使用不可)

【店舗名】南城市地域物産館
【住所】〒901-1511 沖縄県南城市知念久手堅539
【営業時間】9:00〜18:00
【定休日】なし

★軽便駅かりゆし市

かりゆし市(南城市移住以外使用不可)

かつて沖縄で鉄道が走っていた頃、近くに駅があったことからその名がついた「軽便駅かりゆし市」。近隣の農家さんが栽培した新鮮な野菜や果物、生花をはじめ、パンや手作りの惣菜など様々な商品が安くで販売されています。

  • かりゆし市トマトコーナー(南城市移住以外使用不可)
  • かりゆし市お菓子コーナー(南城市移住以外使用不可)

店内にはキュウリ、トマト、キャベツ、ほうれん草、セロリ、レタスなどの野菜から、夏はマンゴー・冬はいちごと季節ごとに沢山の種類が並び、直売所だからこその安い価格で購入できます。
種類の多さやお手頃な値段でオープンから多くの人が訪れ、夕方頃にはほとんどが売り切れてしまうほど人気があります。

  • かりゆし市生花コーナー(南城市移住以外使用不可)
  • かりゆし市生花コーナー2(南城市移住以外使用不可)

生花コーナーでは、カスミソウやオリエンタルリリー、スターチス、バラ、ガーベラなどがあり、花束タイプで販売されているものは入学・卒業シーズンに大人気。買ってすぐに花瓶に入れるだけなのでとても便利です。手頃な上に種類も豊富なので、お花だけを目当てに買いに来るお客さんも少なくありません。

かりゆし市外観(南城市移住以外使用不可)

【店舗名】軽便駅かりゆし市
【住所】〒901-1205 沖縄県南城市大里高平875-1
【営業時間】8:00〜18:00
【定休日】第4月曜




南城市への移住についてご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか?
移住する際に目的があって移り住んだ人もいれば、なんとなく感覚で選んだ人もいて理由も様々です。沖縄に移住と聞くと「自然が好き」「南国に住みたい」「海のある環境に住みたい」といった方も多い印象ですが、意外と観光で訪れた際の印象や人の温かさに魅力を感じる方も少なくありません。
南城市へ移住された方々の共通点として、地域のイベントに積極的に参加したり沢山の人たちと交流しながら楽しく生活しているところ。初めは沖縄に興味を持ち始めて、移り住んでからは「南城市という場所が好き」という声もありました。
まずは観光しながら、南城市の人々や地域の魅力にふれてみませんか?

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

5~6月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介