「歴史の街」沖縄・南城市で琉球ゆかりの地を散策しよう!

「歴史の街」沖縄・南城市で琉球ゆかりの地を散策しよう!
沖縄県がかつて、琉球王国と呼ばれていた時代があり、約450年続いた歴史の中で、多様な国の影響を受けながら独自の文化を築いていきました。

今回は、沖縄県南部に位置する南城市(なんじょうし)で、琉球創世神話や旧石器時代の遺跡、琉球王国誕生までのゆかりの地をご紹介致します!
意外と知られていない南城市の歴史スポットから、沖縄の新たな観光の楽しみ方は体験しましょう!

1.サキタリ洞遺跡(ケイブカフェ)

ケイブカフェ

サキタリ洞遺跡で見つかった旧石器文化に迫る大きな手掛かり

サキタリ洞遺跡は、鍾乳石や亜熱帯の自然が楽しめる人気観光地・ガンガラーの谷の中に存在し、ケイブカフェというカフェスペースの一部に存在します。

サキタリ洞遺跡にはⅠ~Ⅲの調査区があり、旧石器時代から縄文時代以降の遺物が多く見つかっています。
調査区ⅠのⅠ層(約1万3,000年前~1万6,000年前の地層)からは、旧石器時代の人骨と石器が一緒に発見され、沖縄の旧石器文化の解明および、沖縄における人類史の空白を埋める大きな進展に繋がりました。

  • 調査区Ⅰ
  • 調査区Ⅰ(遺物)
さらに、Ⅱ層(約2万年~2万3,000年前の地層)からはモクズガニの爪やカワニナの殻、ウナギの骨が見つかり、焼かれて変色したものも見られたことからサキタリ洞人の食生活の一端が明らかになりました。
ブダイやアイゴなどの魚の骨も見つかっており、鳥獣類よりも川や海にいる水産資源を積極的に利用していたことがわかりました。

同じくⅡ層からは他にも、ギンタカハマという巻貝で作られた14ミリの世界最古の釣り針や、マツヤマワスレという二枚貝を使った扇形の貝器、ツノガイのビーズといった多様な貝製品が見つかっています。
調査は現在も続いており、続々と新たな発見が出てくる中で今後の動向にも大きな期待が高まります。

※現在、サキタリ洞遺跡(ケイブカフェ)への入場はガンガラーの谷ガイドツアーに参加された方のみご利用いただけます。事前にオンラインもしくはお電話にてご予約ください。
【施設名】ガンガラーの谷
【住所】〒901-0616 沖縄県南城市玉城前川202
【営業時間】9:00~17:30
【定休日】無休
【駐車場】有り
【HP】https://gangala.com/

琉球創世神「アマミキヨ」

久高島

琉球民族の祖霊神と伝わる「アマミキヨ」

琉球の創世神話には諸説ありますが、最も有名な伝説にアマミキヨという神が登場します。

はるか遠い昔、ニライカナイよりアマミキヨは降り立ち、国づくりをはじめました。
天帝に求めて男女をつかわし、二人の間から三男二女が誕生。それぞれが領主や祝女、人民のはじまりになったとされます。
アマミキヨは、ある浜に流れ着いた五穀の壺から穀物をまき、やがて琉球に穀物が広まっていったと伝えられます。

アマミキヨが最初に降り立った地は、現在の沖縄県南城市知念に属する久高島といわれており、島内にはアマミキヨが降り立ったとされる「カベール岬」や、五穀の壺が流れてきたと伝わる「イシキ浜」、七御嶽の一つである「フボー御嶽」などの聖地があります。
▼ヤハラヅカサ
ヤハラヅカサ
ヤハラヅカサは、アマミキヨがニライカナイより久高島に降り立ち、本島への第一歩として記した地とされます。
百名ビーチから少し沖合に立ち、満潮時はほとんどが海中に隠れていますが、干潮になると姿を現し近くまで歩いていくことができます。
▼浜川御嶽
浜川御嶽
百名ビーチの北端、崖の上にある浜川御嶽(はまかわうたき)。アマミキヨがヤハラヅカサに降り立った後、仮住まいをしたとされる地です。
浜川の清水で身を清め、近くの洞窟でしばらく暮らしたのち、玉城字仲村渠にあるミントングスクへ移り住んだといわれています。

アマミキヨがニライカナイより渡来し、住みついたと伝えられる霊地は数多く存在しており、主な14か所を巡拝する行事は「東御廻り(あがりうまーい)」と呼ばれています。
この行事は、国王の巡礼が起源だとされており、国家安泰や五穀豊穣を祈願する行事としてはじまったと伝わります。現在でも一族の健康を祈願して巡拝されています。
【住所】
・久高島
〒901-1501 沖縄県南城市知念字久高
・ヤハラヅカサ
〒901-1400 沖縄県南城市玉城百名
・浜川御嶽
〒901-1400 沖縄県南城市玉城百名

琉球の第一尚氏王統第2代王「尚巴志」

佐敷上城跡

分断された三山を統一し、乱世に終止符を打った尚巴志

14世紀初頭、琉球は南山・中山・北山の3つの勢力に分断され、戦乱の世を迎えていました。
三山統一を目指した尚巴志(しょうはし)は、佐敷の按司である父・尚思紹(しょうししょう)とともに、1406年 中山王の武寧(ぶねい)を攻め落とし、尚思紹を中山王に即位させました。
その後、力を蓄え、1416年に北王山の攀安知(はんあんち)を倒し、尚巴志の次男・尚忠(しょうちゅう)を北山監守としました。

尚思紹の薨去後、尚巴志は中山王に即位し、1429年 南山王の他魯毎(たるみ)を滅ぼして、三山が統一され琉球王国が誕生しました。
尚巴志は、中国や日本、朝鮮などと中継貿易を行ない、王朝栄華の礎を作った人物といわれています。

▼佐敷上城跡
  • 佐敷上城跡2
  • 佐敷上城跡(月代)
佐敷上城は、尚巴志と父・尚思紹の居城跡といわれる地。
月代の宮の鳥居をくぐり、階段を上がった先に拝殿、その奥に本殿が建てられています。月代の宮の本殿には、佐銘川大主を大祖に第一尚氏王統の八神が祀られています。
敷地内には、内原の殿や佐敷ノロ殿内、カマド跡などもあります。
▼島添大里城跡
島添大里城跡
島添大里城跡は、14世紀頃、当時の島尻地域を支配した島添大里按司によって築かれた居城跡です。標高約150メートルの琉球石灰岩丘陵の東端に位置し、自然の地形を利用して造られています。
のちに、尚巴志と父・尚思紹によって攻め落とされ、その後この地に拠点を移した尚巴志による三山統一の足掛かりとなりました。
▼佐敷ようどれ
佐敷ようどれ

尚巴志の父である尚思紹とその家族が葬られていると伝えられる「佐敷ようどれ」。
当初は佐敷城近くの崖下にありましたが、風雨によって損壊してしまったため、1764年に現在の知念分屯基地のある場所に移築されました。

他にも、南城市内には尚巴志にまつわる地が多く存在しており、各地を巡るコースやガイドツアーなども行われています。
【住所】
・佐敷上城跡
〒901-1400 沖縄県南城市佐敷1155
・島添大里城跡
〒901-1202 沖縄県南城市大里
・佐敷ようどれ
〒901-1400 沖縄県南城市佐敷佐敷1641



いかがでしたでしょうか?
今後も大きな発見が期待されるサキタリ洞遺跡、琉球のはじまりを創ったとされるアマミキヨの神話、約100年続いた三山時代を統一し琉球を治めた尚巴志。時代は違いますが、現代にも信仰や文化は受け継がれています。

今回ご紹介した場所だけではなく、南城市にはまだまだ沖縄の歴史にまつわるスポットが多く点在しています。
史跡を中心とした散策コースやガイドツアー、観光施設をまわりながら、沖縄の観光をお楽しみください!

※新型コロナウイルス感染症拡大により、営業時間の変更や規制などが行われてる場合がございます。各地を訪れる際には、事前に状況をご確認ください。

南城市の歴史について、こちらのページもぜひご覧ください!
・南城市観光ポータルサイト「らしいね南城市」
琉球創世の原点が南城に!「サキタリ洞人」「アマミキヨ」「尚巴志」からルーツを探る

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

2~3月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介