この雪景色は見逃せない!大自然を満喫する冬の絶景5選

 この雪景色は見逃せない!大自然を満喫する冬の絶景5選
冬になると、寒くて出かけるのが億劫になりますが、厳しい寒さがゆえに見ることができる絶景があります。
大自然の中には、冬ならではの幻想的な世界が広がっているのです。
今回は、雪景色だけを集めた、5つの冬の絶景を紹介します。

1. 網走の流氷(北海道/網走市)

網走の流氷1

海に浮かぶ白い台地の正体は

流氷とは、海を漂流する氷のことです。北海道で見られる流氷は、中国とロシアの国境よりさらに北、サハリン北東部の海から流れているといわれています。網走流氷観光砕氷船「おーろら」に乗ると、海の上から流氷を堪能できます。延々と続く雪原が、実は漂流している氷だと思うと、なんとも不思議な心地になります。

  • 網走の流氷2
  • 網走の流氷3

2. 阿寒湖のフロストフラワー(北海道/釧路市)

阿寒湖1

天空に咲く氷の華

フロストフラワーとは、氷結した湖の上にできる霜のことをさします。真冬の朝にマイナス15度以下でほぼ無風状態、という奇跡的な条件が揃わなければ、この花は育ちません。阿寒湖では他の地域よりも高確率で、フロストフラワーに出会うことができます。風が吹くだけで崩れてしまう儚さが、より一層、美しさを感じさせます。

  • 阿寒湖2
  • 阿寒湖3

3. 蔵王樹氷群(山形県/山形市)

蔵王樹氷群1

群を成すスノーモンスター

この虚像の正体は樹氷。蔵王の樹氷は、アオモリトドマツという針葉樹が雪と氷に覆われてでできており、2月に最大の大きさになります。ナイトクルーザー号に乗ると、夜のスノーモンスターに出会えます。2メートル以上の怪物の群れが全て同じ方向を向いている光景には、圧倒されます。

  • 蔵王樹氷群2
  • 蔵王樹氷群3

4. 袋田の滝の氷瀑(茨城/大子町)

袋田の滝1

まるで静止画!?凍り付く滝

氷瀑とは、凍った滝のことです。袋田の滝の高さは120メート。30階建てのビルと同じくらいの高さの滝が、真冬になると凍結します。最近は、温暖化の影響で、全面凍結することが少なくなってしまいました。日本三名瀑といわれる大きな滝を凍らせるとは。恐るべき自然の力です。

  • 袋田の滝2
  • 袋田の滝3

5. 三十槌(みそつち)の氷柱(埼玉)

三十槌の氷柱1

山奥にできた氷のクリスタル

高さ10メートル、幅50メートルもある天然の氷柱です。この氷柱は、湖畔の水が岩の間を流れ出て、凍りついたもの。長い時間の中で溶けて凍るを繰り返したことで、透明度の高い氷柱ができます。夜になるとライトアップされ、まるで異世界を目にしているかのようです。

  • 三十槌の氷柱2
  • 三十槌の氷柱3
流氷、フロストフラワー、樹氷、氷瀑、氷柱。5つの冬の奇跡を紹介しました。
地球温暖化の影響で、段々と見ることが難しくなっているものもあります。
数年後、同じものが見られるとは限りません。
行きたいと思った時に、訪れてみましょう!
寒さを忘れるほどの感動を、味わえるかもしれませんよ。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

4~5月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介