東京・新宿から直行!「高速バス」で行ける日帰り旅のすすめ

東京・新宿から直行!「高速バス」で行ける日帰り旅のすすめ
観光名所満載の東京は長期滞在で訪れる方も多いと思いますが、滞在中に1日だけ予定が空いてしまった!東京以外のエリアも観光したい!という方も多いと思います。そんな時は高速バスを利用して日帰り旅行に出かけてみませんか?
今回は旅行者はもちろん、東京在住の方にもオススメな東京駅や新宿駅から日帰りで行けるスポットを4ヶ所ご紹介します。

1. 甲府│山梨県 (新宿駅から約2時間10分)

新宿駅南口にあるバスタ新宿から富士急行バスで片道約2時間10分。最大約11時間滞在可能です。
ワインやほうとうなど、ご当地グルメ満載の甲府旅に出かけましょう。

|食べて飲んで!甲府のご当地グルメを味わう旅に出かけよう!

甲府は日本のワイン発祥の地。「サドヤワイナリー」は1909年に創業された老舗ワイナリーです。
約700坪にも及ぶ敷地に醸造場や貯蔵庫が立ち並び、事前に予約をすれば、貯蔵庫の地下ワインセラーの見学ができます。もちろん試飲もできますよ。
  • 甲府
  • 甲府
ワインの後は甲府駅からバスで 「昇仙峡」へ。花崗岩の断崖や様々な奇岩・奇石と周辺の自然や滝、橋などが作り出す景観が「日本一の渓谷美」と言わる景勝地です。 四季折々、表情を変える自然美はまさに圧巻です。
山梨名物「ほうとう」。野菜たっぷりの味噌ベースの出汁で幅広麺を煮込んだ郷土料理でかぼちゃは外せない具材だとか。お腹も心も大満足の一品です。
|おすすめのバス乗車時刻

【バス】富士急行バス
【行き】バスタ新宿7:05~甲府駅9:15
【帰り】甲府駅20:30~バスタ新宿22:40
※ 滞在可能時間約11時間
【運賃】2,000円(片道)
【参考時刻表(2019年4月現在)】
http://bus.fujikyu.co.jp/highway/detail/id/26
|スポット詳細

『サドヤワイナリー』
【住所】山梨県甲府市北口3-3-24
【料金】ワイナリー見学:1,000円(中学生以下無料)
【営業時間】10時~18時
     (ワイナリー見学:10:00、11:00、13:00、14:00、15:00、16:00)
【休業日】年中無休(年末年始を除く)  
【WEBサイト】http://www.sadoya.co.jp/winery/
【アクセス】JR甲府駅北口から徒歩5分。

2. 富士宮│静岡県 (東京駅から約2時間20分)

  • 富士宮
  • 富士宮
構成資産を含む富士山の世界遺産25カ所のうち6カ所 がある富士宮市は、東京駅から富士急行バス「やきそばEXPRESS」で約2時間20分。滞在可能時間は約7時間30分あるので、世界遺産をゆっくり巡る贅沢な旅行に出かけましょう。

※構成資産:富士山の世界遺産としての価値を、具体的に証明するものとして選ばれた文化財のこと。

|信仰・自然美・文化・歴史…世界遺産を様々な角度からたどる贅沢旅

「富士山文化センター」は富士山の保護・保存・整備の拠点となる施設です。館内では富士登山の疑似体験や文学や絵画に登場する富士山の紹介など、様々な角度から富士山を知ることができます。
池に映る姿が富士山のように見える逆円錐形のオブジェ と、一緒に映り込む富士山が目を引きますね。
  • 山宮浅間神社
  • 山宮浅間神社
富士山構成資産のひとつ「山宮浅間神社」は本殿がない珍しい神社。
富士山自体を神様として拝む風習があり、本殿の代わりに富士山を遥拝する遥拝所があります。 緑越しに見える富士山は思わず手を合わせたくなる神々しさです。
  • 白糸の滝
  • 白糸の滝
さらに、美しさでは「白糸の滝」も負けてません。崖から直接流れ落ちる富士山の湧水 が、白い糸のように見え たことが名前の由来で、2つの世界遺産を一度に見られるスポットです。
そして忘れてはならないのが「富士宮焼きそば」。地元産の麺とキャベツをラードで炒め、ラードを絞った後の「肉カス」と、イワシを削った粉をふりかけて食べるのが特徴的な焼きそばです。 お店によって加わる具材は色々 なので、お腹に余裕があればぜひ食べ比べも!
|おすすめのバス乗車時刻

【バス】富士急行バス やきそばEXPRESS
【行き】東京駅8:10~富士宮駅10:31
【帰り】富士宮駅18:00~東京駅20:36
※ 滞在可能時間約7時間30分
【運賃】2,250円~円(片道)
【参考時刻表(2019年4月現在)】
http://bus.fujikyu.co.jp/highway/detail/id/18
|スポット詳細

『富士山文化センター』
【住所】静岡県富士宮市宮町5-12
【料金】大人:300円、15歳以下・70歳以上:無料
【営業時間】9:00〜17:00(7月・8月は9:00 ~ 18:00)※最終入館は、閉館の30分前
【休業日】毎月第三火曜日、施設点検日 ( 2019年6月10~14、12月3日~6日 )、
    12月27日〜1月3日まで休館 ( 2020年の年始は1月1日〜1月3日も開館 )
※第三火曜日が祝日の場合は開館、翌日が休館。
【WEBサイト】https://mtfuji-whc.jp/
【アクセス】 JR身延線富士宮駅から徒歩8分

『山宮浅間神社』
【住所】富士宮市山宮740
【料金】無料
【営業時間】年中無休
【休業日】年中無休
【WEBサイト】http://www.city.fujinomiya.lg.jp/fujisan/llti2b0000001lot.html
【アクセス】JR身延線富士宮駅から車で約15分

『白糸の滝』
【住所】静岡県富士宮市上井出・原
【WEBサイト】http://www.fujisan223.com/reason/kouseishisan/02400.html
【アクセス】JR富士宮駅からバスで30分(路線バス白糸の滝行き「白糸の滝」下車徒歩5分)

3. 伊香保温泉│群馬県(バスタ新宿から約2時間30分)

伊香保温泉
伊香保温泉へはバスタ新宿から「上州ゆめぐり号」で片道約2時間30分。滞在可能時間は約8時間30分もあります。石段街をはじめとする温泉風情と絶景が楽しめるエリアですね。

|温泉情緒たっぷりの石段街と絶景スポットに心も身体もリフレッシュ!

  • 伊香保温泉
  • 伊香保温泉
「伊香保温泉」と言えば石段街が有名。 階段の両脇に土産物店や射的場などが並 び、温泉情緒が味わえる街並みです。日帰り入浴ができる施設もあ り、気軽に利用できます。
温泉の後は渋川名物・水沢うどん で腹ごしらえを。稲庭うどん、讃岐うどんと共に日本三大うどんと称される 水沢うどんは榛名山麓の湧水を使って作られた、コシの強いやや太めの麺が特徴。 絶対食べておきたい伊香保の味です。
旅の終わりは「伊香保ロープウェイ」で物聞山(ものききやま)を登ってみましょう。
山頂にある上ノ山公園の「ときめきデッキ」からは関東平野が一望でき、四季折々の絶景は見応え十分。 ただロープウェイは定期的に点検に伴う運休がある ので、事前チェックは忘れず!
|おすすめのバス乗車時刻

【バス】ジェイアールバス関東株式会社 上州ゆめぐり号
【行き】バスタ新宿8:05~伊香保温泉10:39
【帰り】伊香保温泉19:02~バスタ新宿21:37
※ 滞在可能時間約8時間30分
【運賃】2,570円~(片道)
【参考時刻表(2019年4月現在)】http://time.jrbuskanto.co.jp/bk03010.html
|スポット詳細

『伊香保温泉』
【住所】群馬県渋川市伊香保町
【Webサイト】https://www.ikaho-kankou.com/
【アクセス】JR渋川駅からバスで約25分(関越交通バス・伊香保温泉行き)

『伊香保ロープウェイ』
【住所】群馬県渋川市伊香保町伊香保558-1
【料金】
中学生以上:820円(往復)、490円(片道)
小学生以下:410円(往復)、240円(片道)
【営業時間】9:00~17:00(上り最終は4:45)
【休業日】年中無休(定期点検に伴う運休有り)
【Webサイト】
http://www.city.shibukawa.lg.jp/kankou/ikahoonsen/streetsofikaho/p000218.html
【アクセス】JR渋川駅からバスで約25分(関越交通バス・伊香保温泉行き)

4. 松本│長野県 (バスタ新宿から約3時間20分)

松本城
松本市はバスタ新宿から片道約3時間20分、滞在可能時間は約8時間30分。
松本城の他にも日本が誇る世界的アーティストゆかりの美術館や温泉、グルメなど松本駅から車で20分以内の範囲で様々な観光が楽しめます。
松本バスターミナルで市内周遊バスの1日乗車券(500円) をゲットして出かけましょう。

|国宝、温泉、グルメ、世界的アートまで!見所満載の松本を満喫!

松本市美術館
国宝・松本城は日本に現存する五重六階の天守の中で最古の城です。
大小の天守と3つの櫓からなる連結複合式で、 この構造は松本城だけに見られる特徴 。ミシュラン観光版で三ツ星を獲得したこともあり、黒い屋根と白壁のコントラストやお堀の水面に映る「逆さ城」の美しさは必見です。
世界が認めた物は松本市美術館にも。ドット柄で有名な世界的アーティストで、松本市出身の草間彌生さんの作品が見られ ます。美術館前には『幻の華』という巨大作品も飾られており、 松本でしか触れられない作品に出会えるんですよ。
  • ホットプラザ浅間
  • 松本
左:ホットプラザ浅間
ランチには知る人ぞ知る長野名物「おしぼりそば」をぜひ!辛味の強いねずみ大根をすりおろした絞り汁に信州味噌を溶かしたつゆにつけて食べる蕎麦 のことで、むせ返るほどの辛さの後に何とも言えない旨味を感じる クセになる一品ですよ。
旅のシメは1300年以上の歴史を持ち、日本書紀にも登場した浅間温泉 へ。
「ホットプラザ浅間」は松本市営の日帰り入浴施設で無料の足湯もあります。 松本観光の疲れを癒してくれますよ。
|おすすめのバス乗車時刻

【バス】アルピコ交通
【行き】
バスタ新宿7:50~松本バスターミナル10:23
【帰り】
松本バスターミナル19:50~バスタ新宿23:08
※ 滞在可能時間約8時間30分
【運賃】3,800円(片道)
【参考時刻表(2019年4月現在)】https://www.alpico.co.jp/access/express/matsumoto_shinjuku/
|スポット詳細

『松本市美術館』
【住所】長野県松本市中央4-2-22
【料金】大人:410円、 大学生・高校生:200円
【営業時間】9:00~17:00(入場は16:30まで)
【休業日】月曜日(祝日の場合は次の最初の平日)、 年末年始(12月29日~1月2日)
【WEBサイト】http://matsumoto-artmuse.jp/
【アクセス】JR中央本線松本駅からバスで14分

『ホットプラザ浅間』
【住所】松本市浅間温泉3-16-3
【料金】大人:650円、小人:350円
【営業時間】10:00〜24:00(最終入館は23:00)
【休業日】火曜日(祝日の場合は翌日)
【WEBサイト】http://www.asamaonsen.com/hot-plaza/index.php
【アクセス】JR松本駅から松本電鉄バス浅間温泉行き「ホットプラザ浅間前」下車徒歩1分

東京は見所満載の都市ですが、高速バスで少し足を伸ばせば、東京とは異なる文化や歴史がを持つ魅力的な町がたくさんあります。
様々な日本の魅力を肌で感じる、プチ旅行に出かけてみませんか?

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

7~8月のおすすめスポット

絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介


自治体・観光施設のみなさまへ