春爛漫!菜の花とのコラボレーションが美しい絶景5選

春爛漫!菜の花とのコラボレーションが美しい絶景5選
春の訪れをいち早く告げる花のひとつ・菜の花。比較的花の時期が長いため、様々な植物との共演が楽しめるのも魅力です。
今回はSNS映え間違いなしの、菜の花との様々なコラボレーションの絶景を5ヶ所ご紹介しましょう。

1. 幸手権現堂桜堤|埼玉県

幸手権現堂桜堤

|映画「Dolls」のロケ地にもなった黄・青・ピンクの色彩美!

埼玉県幸手市、県営権現堂公園の一角に位置する幸手権現堂桜堤は関東屈指の桜の名所で、満開の桜と菜の花のコラボレーションが見られる人気のスポットです。色彩の美しさでも話題となった北野武監督の映画「Dolls」のロケ地にもなりました。

もともとは「権現堂堤」という四季の花の名所ですが、特に桜が有名なことから「権現堂桜堤」と呼ばれています。3月下旬から4月上旬にかけて、1000本ほどの桜が約1kmに渡って咲き誇り、その桜に沿うように広大な菜の花畑が広がります。特に青空との3色のコントラストはまさに息を飲む美しさです!
  • 幸手権現堂桜堤
  • 幸手権現堂桜堤
また、毎年、桜の時期には「さくら祭り」を開催。2019年は3月25日~4月9日に行われ、期間中は約100店舗の露店が出店し、様々なイベントが行われます。見渡す限り菜の花と桜に染まった春の絶景に包まれて下さい。

2. 石神の菜の花畑|千葉県

石神の菜の花畑

|一面の菜の花畑をトロッコ列車がゆったり走る優しい風景

千葉県市原市の五井駅から、大多喜町の上総中野駅間を走るローカル鉄道「小湊鉄道」。
その小湊鉄道の養老渓谷駅から歩いて15分ほどのところにある「石神の菜の花畑」は、菜の花畑の中を縫うようにトロッコ列車が走り抜けていく素敵なコラボレーションが見られることで大人気のスポットです。
  • 石神の菜の花畑
  • 石神の菜の花畑
一面の菜の花畑はまるで海のよう。風が吹くと花が波のようにゆらゆら揺れ、その中をトロッコ列車がゆっくり走る風景はのどかで優しい気持ちになりますね。
トロッコ列車は3月中旬から週末や祝日を中心に運行され、トロッコと菜の花の絶景を写真におさめる人やトロッコに乗って車窓から菜の花を愛でる人など、多くの人で賑わいます。トロッコ列車には窓ガラスのない開放的なオープン車両の展望車があり、春の風や花の香りを感じながら菜の花畑を快走します。
見て、乗って、撮って。多様な菜の花の楽しみ方ができる場所です。
≪ 石神の菜の花畑 ≫
【住所】千葉県市原市石神225
【見頃】3月中旬~4月上旬
【WEBサイト】http://www.youroukeikoku.com/
【アクセス】小湊鉄道「養老渓谷駅」から徒歩15分

3. 花見山公園|福島県

花見山公園

|福島の桃源郷!ピンクのパッチワークと菜の花の共演

日本を代表する風景写真家・故・秋山庄太郎が「福島に桃源郷あり」と絶賛したことから有名になった福島市の「花見山公園」。春になると梅やハナモモ、トウカイザクラ、彼岸桜、レンギョウなど、色とりどりの花と菜の花畑の共演を楽しむことができます。
畑一面に咲いた黄色い菜の花と、赤や白、濃淡のピンクの花々がパッチワークのように色を染める山とのコントラストは桃源郷と呼ぶにふさわしい絶景。多くの人を魅了しています。
花見山公園
春先から様々な花が山を彩りますが、3月の梅や4月初旬~中旬の桜やハナモモなどが咲き誇る時期は特に美しく、菜の花との共演も見応えがあります。
花見山公園
また、花見山公園の眼下の畑には周辺のピンクの花に包まれた菜の花のハートマークが登場!見られたら良いことがあるかもしれませんね。
【見頃】4月上旬〜下旬

4. 真岡鉄道|栃木県

真岡鉄道

|見られるのはほんの数日!満開の桜と菜の花とSLの絶景コラボ

茨城県の下館駅と栃木県の茂木駅を結ぶ真岡鐡道は、毎週末と祝日にSLが走る日本で唯一の非電化ローカル線です。また春になると桜や菜の花とのコラボレーションが見られることでも有名で、北真岡駅の東側・約800mほどにソメイヨシノ800本、シダレザクラ200本の桜並木が続き、線路周辺には菜の花畑が広がる一番の絶景ポイント。
一帯は「SL・桜・菜の花街道」と呼ばれ、3月下旬から1ヶ月ほど行われる「真岡の一万本桜まつり」の期間中は特に多くの人で賑わいます。
真岡鉄道
ただSLが走るのは週末と祝日の一往復だけ。それに加えて桜と菜の花が同時に満開を迎えるのも1週間ほどなので、3つの共演が見られるのは3月下旬〜4月上旬のどこかの週末の2日だけ。実はとても貴重なんです。
桜と菜の花の境目を煙をもくもくあげながらゆっくり通り過ぎるSLの光景はどこか懐かしい原風景を思わせます。そんな貴重な絶景を一目見ようとビューポイントには早い時間から多くの人が訪れ混雑は必至です。見逃すと翌年まで見られないので、事前に開花状況や運行時間をチェックして早めに行かれることをオススメします。
【住所】栃木県真岡市熊倉町908-10(北真岡駅)
【見頃】3月下旬〜4月上旬
【休業日】年中無休
【WEBサイト】http://www.moka-railway.co.jp/
【アクセス】真岡鐵道北真岡駅から徒歩すぐ

5. 合戦場のしだれ桜|福島県

合戦場のしだれ桜

|巨大な滝のように降り注ぐ桜と菜の花のコラボに感動!

福島県二本松市にある「合戦場のしだれ桜」は、同じ福島県三春町にある日本最古のしだれ桜「三春滝桜」の孫桜で、樹齢約200年のベニシダレザクラです。
丘の上に立つ一本桜のように見えますが、実は二本の桜が寄り添うように立っており、その姿から別名「夫婦桜」とも呼ばれています。
巨大な滝のような桜と丘の斜面を埋め尽くした菜の花の共演はうっとりするような美しさです。
合戦場のしだれ桜
オススメは菜の花が咲く斜面を少し下り、しだれ桜を見上げるシチュエーション。観光客や周囲の建物が入り込まないベストビューポイントとなっています。
合戦場のしだれ桜
夜にはライトアップも行われ、昼間とは違う表情が楽しめます。しだれ桜は満開になると色が薄くなるので、五分咲きぐらいになる頃に行くのもおすすめです。
【住所】福島県二本松市東新殿大林142
【見頃】4月中旬から4月下旬
【WEBサイト】http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/page/page001168.html
【アクセス】JR東北本線「二本松駅」から二本松駅入口から岩代支所行きバス約20分、終点下車。
菜の花は単体でも主役になりうる春の使者ですが、色とりどりの花々や、鉄道とコラボーションしてどちらの良さも際立たせる名バイプレーヤーでもあります。
この春は菜の花の色々な表情を楽しんでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

7~8月のおすすめスポット

絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介


自治体・観光施設のみなさまへ