「●●日本一」を誇る、一度は観光したい絶景ダム5選

「●●日本一」を誇る、一度は観光したい絶景ダム5選
洪水など大雨の災害が起きやすい日本で、重要な役割を担っているダム。日本には約3,000ものダムがあると言われており、最近は観光地としても人気です。
今回はこの目で見たくなる「日本一」の称号を持つダムを紹介しましょう。

1. 豊稔池ダム|香川県【日本最初期の石積式マルチプルアーチダム】

豊稔池ダム

|中世ヨーロッパの古城のような威風堂々とした佇まいが圧巻!

香川県観音寺市の「豊稔池ダム」は1929年にできた日本最初期の、現在は日本に2例しかないマルチプルアーチ式ダムです。マルチプルアーチ式とは小さなアーチ型が連なる形状のことで「豊稔池ダム」は6個の壁の間に5つのアーチができています。
現在の河川構造令では築造できない貴重な建築で、その佇まいや下流部に残る当時の石積みが中世ヨーロッパの古城を彷彿とさせ、重厚感と風格を感じさせます。
  • 豊稔池ダム
  • 豊稔池ダム
「豊稔池ダム」はその姿を至近距離で見られることでも人気です。遊水公園にある池のヘリをつたうと壁のほぼ真下、水しぶきがかかるほど近くで放水する姿が見られるんです。
高さ30.4m、長さ145.5mのダムの迫力は想像以上!約90年の年月を刻んだ石積みの質感やアーチ型の美しさは間近で見られるからこその贅沢です。
夏には“ゆるぬき”と呼ばれる放水が行われ、毎秒4tの水が轟音と共に落ちてくる景色は迫力満点!一度は見たい魅力的なダムです。

2. 黒部ダム|富山県【ダムの高さ日本一】

黒部ダム
 黒部ダム

|50階建てビルと同等の高さ!高さも知名度も日本一の巨大アーチ式ダム

富山県の黒部川最上流にあるアーチ式ダム「黒部ダム」。延べ1000万人が7年の歳月をかけて完成させた「世紀の大事業」とも呼ばれた黒部ダムの日本一は、ズバリ高さです。 50階建てのビルと同じ位の186mで、堤から下を覗くと吸い込まれそうな怖さを感じます。
そして一番の魅力は放水。毎年6月下旬~10月中旬に実施され、毎秒10t以上の水が大きなしぶきをあげながら霧状になって落ちる様はまさに大迫力!運が良ければ虹が見られることも。
  •  黒部ダム
  •  黒部ダム
https://www.instagram.com/kon.taro/ (@kon.taro)
4月〜6月には黒部アルペンルートの高さ20mにも迫る巨大な雪の壁「雪の大谷」と合わせて楽しむのもオススメ。
また黒部ダムが発祥とも言われている「ダムカレー」も人気で、20軒近くのお店で提供。「ご飯はダムの形にする」「料金は700円以上」など決められたルールを守れば、あとはお店が自由にアレンジできるので、是非食べ比べてみて下さい。

3. 白水ダム|大分県【日本一美しいとされるダム】

白水ダム
  • 白水ダム
  • 白水ダム

|まるでレースのカーテン!流れ落ちる水の姿に見惚れるダム

大分県竹田市の山深い里山にある「白水ダム」。高さ約14m、幅約87mという小ささにも関わらず、「日本一美しいダム」と称されとても人気のダムです。
周辺の地盤の弱さから、水がなだらかな曲線を描いて流れるように設計されており、まるでレースのカーテンのような華麗な水流美を生み出しています。絹織物のように艶やかに広がる光景はまさに“日本一美しい”に相応しい絶景ですね。
ダムの右岸と左岸で見える景色が違うので両方から見るのがオススメですが、対岸への行き来は道中にアップダウンがあり難しいので、時間に余裕を持ってお出かけ下さいね。

※2019年2月現在、工事のため見学不可となっています。 工事終了時期などの詳細はこちらにてご確認ください。
【住所】大分県竹田市荻町鴫田6225(左岸)/大分県竹田市大字次倉3732(右岸)
【料金】無料
【WEBサイト】https://www.taketan.jp/spots/detail/78
【アクセス】豊後竹田駅より約11km、車で25分

4. 徳山ダム|岐阜県【総貯水容量、堤体積日本一】

徳山ダム
▲展望台から見たダムの全景
徳山ダム
▲貯水池である徳山湖は紅葉の名所でもある

|日本一の称号を2つも持つ、すべてがビッグスケールのダム

岐阜県揖斐川の最上流部にある「徳山ダム」は土や岩石を積み上げて造られた台形型のロックフィル式ダムです。堤体積は10tトラック約294万台分の1370万㎥、総貯水容量は浜名湖の約2倍の6億6,000万㎥で共に日本一!
ちなみに貯水湖の徳山湖の面積約13k㎡は長野県の諏訪湖よりも大きく、ナゴヤドームの270倍もあります。全てがビッグスケールのダムなのです。
  • 徳山ダム
  • 徳山ダム
https://www.instagram.com/my_dear_7colors/ (@my_dear_7colors)
隣接するダムサイド公園では、年に数回行われる放流が間近で見られる展望台があったり、また、建設時に使われた、子供がスッポリ入ってしまうほど大きいダンプカーのタイヤなども展示しています。
またダムから1kmほど上流にある徳山会館で食べられる「ダムカレー」もオススメ。お皿の両端に盛られた堤型のご飯の間に自分で「放流〜!」と言いながらルウを流し込む、見た目も楽しめるカレーになっています。
【住所】岐阜県揖斐郡揖斐川町開田448
【営業期間】9:00~17:00
【休業日】年中無休
【WEBサイト】http://www.water.go.jp/chubu/tokuyama/index.html
【アクセス】名神高速大垣ICから国道303号、国道417号を経て約80分(約60km)

5. 南相木ダム|長野県【日本一標高の高いところにあるダム】

南相木ダム
南相木ダム

|標高1532mに位置する天空の白亜のダム

長野県南相木村にある「南相木ダム」は日本の大規模ダムの中で一番標高が高い1532mに位置します。白い石灰岩を積み上げたロックフィル式ダムで、広大な白い堤体の美しさは見る人を惹きつけ「天空のダム」と呼ばれているとか。
  • 南相木ダム
  • 南相木ダム
ダムの堤高は136m、長さ444mでダム横にある長い水路が特徴的。まるで山間を滑るウォータースライダーのようです。
ダム周辺は自然豊かなので夏の新緑や秋の紅葉と白いダムのコントラストはまさに絶景。遠くには八ヶ岳も望め、抜群の眺望です。ダムと自然の美しい共演が見られるのも標高が高いからこそですね。
【住所】長野県南佐久郡南相木村
【休業日】不定休
【WEBサイト】http://www.minamiaiki.jp/aikidamu.htm
【アクセス】佐久ICから車で80分または須玉ICから車で90分
建造物としての様式美や建築方式、放流の迫力やダムカレーなどの観光資源…。
ダムの世界はとても奥深く、知れば知るほど魅力的です。実際に足を運んで、その魅力を味わってみてください。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

1~2月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介