カメラ好き必見!妻籠宿「脇本陣奥谷」の光芒が美しいと話題に

カメラ好き必見!妻籠宿「脇本陣奥谷」の光芒が美しいと話題に
古くから交通の要所として賑わい、宿場町として栄えた長野県の妻籠宿に、連日多くのカメラマンが集まるスポットがあります。
その名も「脇本陣奥谷(わきほんじん おくや)」。当時は役人の宿泊予備施設や問屋を勤めた家で、現在は博物館施設として公開されています。
こちらが、脇本陣奥谷で撮影された囲炉裏と光芒の写真。
この写真を撮影したhiro_510さんに、撮影のポイントを伺いました。

光芒を撮影するなら、冬至の頃が狙い目

このような光芒はいつ頃見られるのでしょうか?
脇本陣奥谷の光芒は冬限定(12月~2月)の光景です。
光芒のピークは冬至の頃で、囲炉裏の奥まで美しい光が入り、冬至以降は徐々に光芒が引いていきます。
おすすめの撮影時間帯を教えてください。
おすすめの撮影時間は11時から13時の間で、光が右から左に移動していき、 光芒がちょうど真ん中に来るのは12時30分から13時の間です。
また、屋内での撮影ですので、全景を収める為には24mm以上の広角レンズがあるといいでしょう。
窓から長い光が差し差し込む瞬間を、逃さないように撮影したいですね。
(立春を過ぎた頃には囲炉裏まで光は届かず、3月のお彼岸頃には光は入らなくなるそうです。)

明治10年にはまだ禁制であった桧(ひのき)をふんだんに使い、 当時の粋を集めて建てられた建築。
ぜひカメラを持って、その風情を写真に収めてみてはいかがでしょうか?
《 脇本陣奥谷(国重要文化財)の詳細 》
【住所】長野県木曽郡南木曽町吾妻2187-1
【営業期間】9:00~17:00(16:45 入館制限)
【休業日】12月29日~1月1日の4日間
【料金】大人600円、小中学生300円
【アクセス】
電車の場合:「南木曽」駅からバスで8分、バス下車後徒歩8分
車の場合:中津川ICから車で30分
【Web】http://www.town.nagiso.nagano.jp/kankou/midokoro/tsumago/midokoro_15.html

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

8~9月のおすすめスポット

絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介