御朱印集めの正しいマナーって?珍しい御朱印もご紹介!

御朱印集めの正しいマナーって?珍しい御朱印もご紹介!
ここ数年、大人気となっている「御朱印巡り」。個性豊かな御朱印を集めるのはとても楽しいものですが、中にはスタンプラリー感覚の人も多いと聞きます。
改めて御朱印とは何か、正しい拝受の仕方などをご紹介します。

御朱印とは?

御朱印とは?
「御朱印」とは、神社仏閣を参拝した際、その証として戴く印のことです。
御朱印をことを「拝受」と言い、もともとは御経を写したもの(写経)を寺社に納めた(納経)証として授かる印でした。現在は参拝するだけで戴けますが、御朱印はお札や御守りと同じ『神様や仏様から授かるありがたいもの』という気持ちで拝受しましょう。

御朱印拝受のルールやマナー

御朱印を戴く際には心がけたいマナーやルールがあります。

|御朱印帳を用意する

まずは御朱印を帳面「御朱印帳」を用意しましょう。御朱印帳がないからと、手持ちのノートなどにのは大変失礼です。
寺社によっては半紙に書いたもの(書き置き)を戴けるので、それを後で御朱印帳に貼りましょう。また稀にですが寺社によっては、1冊の中に神社とお寺の御朱印が混ざっていると御朱印を断られる場合があります。心配な場合は、神社とお寺で分けて用意した方が安心ですね。
  • 御朱印拝受のルールやマナー
  • 御朱印拝受のルールやマナー
また、四国八十八ヶ所巡礼のような霊場巡りの場合は、御朱印帳に代わる専用の「納経帳」があります。 墨書きの部分があらかじめ印刷されていて御朱印のみ押印してもので、巡礼するお寺で入手することができます。

|小銭を用意する

御朱印を拝受するには納経料・初穂料が必要です。大半が300円〜500円位なので、お釣りが出ないように用意しておきましょう。
霊場巡礼の場合、納経料は100円〜300円位です。

|拝受は参拝の後に

もともと納経した人だけが戴けた貴重な御朱印。今は納経しなくてもます戴けますが、あくまでも参拝の証なので、参拝せずに御朱印だけ戴くことはご法度。必ず御本尊や御祭神にお参りしてから拝受して下さい。

御朱印拝受の仕方

御朱印拝受の仕方
御朱印は授与所や社務所で戴けます。週末や人気の寺社では、御朱印を戴くための行列ができたりするので、スムーズにやり取りできるように事前に御朱印帳を袋やカバーから出し、書いて戴くページを開いて「御朱印お願いします」とご挨拶をして渡しましょう。
書いて戴いている間は静かに待ち、書き終わったら必ずお礼を言って頂戴します。神職さんや住職さんが心を込めて書いて下さるものです。敬意を払って拝受しましょう。

御朱印には何が書かれている?寺院と神社では違う?

せっかく戴いた御朱印ですが、いったい何が書かれているのかよくわからないことがありますよね。 寺院と神社では墨書きの部分は大きく変わりませんが、朱印は多少異なります。
御朱印には何が書かれている?寺院と神社では違う?

|神社の場合

墨書きの文字は右上に「奉拝(謹んで参拝させて戴きましたの意)」、中央の大文字は「神社名」、左側に参拝日というのが一般的です。
朱印は、中央に神社名、また神社によっては神社に古くから伝わる「神紋・社紋(御祭神にまつわる家紋のようなもの)」も押して下さいます。
御朱印には何が書かれている?寺院と神社では違う?

|寺院の場合

墨書きの文字は右上に「奉拝」、中央の大文字は「御本尊」あるいは「御本尊が安置されているお堂名」、左下に「寺院名」、空いているところに参拝日というのが多いです。朱印は、仏教で最も重要な「仏宝(お釈迦様)」「法宝(お釈迦様の教え)」「僧宝(お釈迦様の弟子である僧呂)」を意味する「仏法僧宝」と刻まれたものや御本尊を梵字で表した「御宝院」が中央に押印されるのが一般的です。
あとは寺院名印と奉拝の文字の上に寺院につける称号の山号印、霊場の場合は札所番号などが押されます。

こんな可愛い御朱印も!

御朱印は基本、墨書きに朱印を押して戴くものですが、なかには四季折々の風物詩が色鮮やかに描かれたものやちょっと変わった御朱印を拝受して下さる寺社があります。

◆ 多彩なバリエーションで華やかな御朱印の「磐井神社」 | 東京都大田区

磐井神社は御月替り御朱印、和紙書き置き御朱印、月詣り御朱印の3種類があり、どれも色鮮やか。季節に合わせて絵柄や色が変わるので、毎月お参りに行く人も多いようです。

◆ 見開きに描かれる美しい御朱印の「習志野の杜 大原神社」 |千葉県習志野市

見開きいっぱいに描かれた絵画のような御朱印は縁結びのご利益があるで有名な大原神社のもの。
御神木のアカガシとクロマツがモチーフで、2つの木が根元からしっかり組まれ、お互いを支え合い、寄り添っているように見えることから「ご縁結びの樹」と言われています。

◆ 祝日限定!タマの可愛い御朱印の「太子堂八幡神社」 | 東京都世田谷区

八幡神社朱印・神紋・瑞雲など、四季折々の風物や行事などを添えて押印して下さる太子堂八幡神社。また、太子堂商店街が猫が主役のアニメ「うちのタマ知りませんか?」の舞台になったことから、祝日祝祭日限定でタマの御朱印が拝受できるそうです。

◆ 限定30体の“飛び出す”御朱印の「熊野皇大神社」 | 長野県

全国的にも珍しい長野県と群馬県の県境に位置する熊野皇大神社は御朱印も珍しいんです。樹齢850年を超える御神木・しなの木が飛び出す立体御朱印は毎日30体限定。
また神社の由緒記に登場する「八咫烏(やたがらす)」が切り抜ける御朱印は「厄を抜く」という意味もあり、自分で型から抜いて御朱印帳に貼ります。 よく見ると、八咫烏の右足にハートの切り抜きがあるのも魅力的ですね。
御朱印ブームは、それまで寺社に興味がなかった人たちが寺社巡りをするきっかけになりましたが、御朱印巡りはスタンプラリーではありません。御朱印の意味を正しく知り、マナーやルールを守って参拝と御朱印の拝受を楽しんで下さいね。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

6~7月のおすすめスポット

絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介


自治体・観光施設のみなさまへ