生きた化石「メタセコイア」の絶景スポット5選!見頃はいつ?

生きた化石「メタセコイア」の絶景スポット5選!見頃はいつ?
近年、SNSなどで注目を集めているメタセコイアの並木。
似たような名前で「セコイア」という木もありますが、それは常緑樹で年中緑色の葉であることに対し、メタセコイアは落葉樹。秋になると葉が色づき、その美しさが一層増します。

「生きた化石」と言われるメタセコイア。その由来は?

1939年に化石として発見されたメタセコイヤは、6500万年前ごろにはすでに栄えていたようです。化石発見時にはすでに絶滅したと思われていたところ、1945年に中国で生きている木が発見され、以降「生きている化石」と言われ現在に至ります。
今日、日本で見られるメタセコイアの風景は、実ははるか遠く昔にも見られていた風景なのですね。
ここからは、そんな生きた化石として知られるメタセコイアの絶景を5つご紹介します。

1. 花博記念公園鶴見緑地(大阪府)

花博記念公園鶴見緑地
  • 花博記念公園鶴見緑地
  • 花博記念公園鶴見緑地

|梅田から30分!都会のオアシスに佇むメタセコイア並木

緑の少ないイメージのある大阪ですが、市内随一の繁華街「梅田」から約30分という位置にメタセコイア並木をみることができます!
そこは1990年、花の博覧会が開催された花博記念公園鶴見緑地。中央口から入ると、見事に紅葉したメタセコイア並木がお出迎えしてくれます。
東京ドーム約26個分にも及ぶ広大な敷地の中央には池があり、池に集う水鳥や魚たち、四季折々の草花、メタセコイアの木々など、自然にあふれた景観を眺めることができます。まさに都会にある癒しのスポットですね!
【見頃】11月初旬~12月初旬
【住所】大阪府大阪市鶴見区緑地公園2-163
【入園料】なし(有料施設あり)
【WEBサイト】https://www.tsurumi-ryokuchi.jp/
【アクセス】大阪メトロ長堀鶴見緑地線「鶴見緑地」駅下車 徒歩すぐ
大阪で宿泊先を探す

2. トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園(埼玉県)

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園
  • トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園
  • トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

|埼玉のムーミン谷!遊び心いっぱいの建物とメタセコイアの共演

埼玉県の飯能市にある「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」は、北欧の童話の世界をモチーフにして造られた入園無料の小さな公園です。公園内にはムーミンの世界をモチーフにした、きのこの家や水浴び小屋など、可愛らしく不思議な形をした建物がたくさん!
それだけでもテンションがあがってしまいますが、秋に訪れると見事にオレンジ色に染まったメタセコイアの並木を見ることができ、メルヘンチックな建物との調和はまるで絵本の中に迷い込んだような感覚になります。
子供の頃のわくわくする気持ちで散策ができる、とっても素敵な公園です。
【見頃】11月中旬~下旬

3. 別所沼公園(埼玉県)

別所沼公園
  • 別所沼公園
  • 別所沼公園

|大きな沼に映る逆さメタセコイアのフォトジェニックな絶景

あけぼの子どもの森公園に続きもう一つ、埼玉県でメタセコイアの並木が見られる別所沼公園は、約100万年前に大宮台地に湧き出した水が溜まり、沼となった場所を整備して作られた公園です。
池を縁取るメタセコイアの並木をはじめ、メタセコイアによく似たラクウショウの木々などがとても綺麗に整備されており、まるで外国にいるかのよう。夜にはライトアップが行われ、池に映る光景と併せてさらに幻想的な雰囲気に。
【見頃】11月下旬~
【住所】埼玉県さいたま市南区別所4-12-10
【入園料】無料
【WEBサイト】https://www.city.saitama.jp/004/001/005/002/003/p041039.html
【アクセス】JR埼京線中浦和駅下車 徒歩5分
埼玉県で宿泊先を探す

4. マキノ高原(滋賀県)

マキノ高原
  • マキノ高原
  • マキノ高原

|メタセコイアといえばここ!どこまでも続くオレンジ色のトンネル

近年SNSで人気の撮影スポットになっている、滋賀県マキノのメタセコイア並木道。建物や木のない平地の真ん中を走る約2.4kmの車道の両側に、約500本ものメタセコイアが植えられています。道はなだらかな傾斜となっており道の先がメタセコイアの葉で隠れ、それはまるで「どこまでも続く道」のよう!
鮮やかなオレンジに染まった一本道は写真映えも抜群で、シーズン中は多くの人でとても混雑するそう。また、遠くに見える野坂山地の山々とも見事に調和し、遠景からでも美しい風景を見ることができます!
【見頃】11月下旬~12月上旬
滋賀県で宿泊先を探す

5. 水元公園(東京都)

水元公園
  • 水元公園
  • 水元公園

|ここはホントに東京?1,500本ものメタセコイアに囲まれる森

小合溜という池を中心にした、都内最大の水郷公園である水元公園。四季折々の花や水鳥の観賞などで、季節を問わず楽しめる都民の癒しスポットになっていますが、やはり秋の紅葉は人気。公園の一角には「メタセコイアの森」エリアがあり、その名にふさわしくなんと約1,500本ものメタセコイアが立ち並び、周囲をオレンジ色に染め上げます!
池の対岸から森を見ると、ホントにここは東京?と錯覚してしまいそうなほどの広大さです。都内にあるメタセコイアの森、ぜひ一度訪れてみたいですね!
【見頃】12月上旬~中旬
東京の宿泊先を見る
秋の紅葉といえば、真っ赤なモミジや黄金の銀杏のイメージが強いですが、オレンジ色に輝くメタセコイアの紅葉もとても美しいですね。遥か昔から愛されてきた晩秋の絶景に、今年は会いにいってみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

11~12月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介