いくつ知ってる?お正月に盛り上がる「おせち料理」と「お雑煮」の豆知識

 いくつ知ってる?お正月に盛り上がる「おせち料理」と「お雑煮」の豆知識
1年の始まりを祝うお正月に欠かせないおせち料理やお雑煮。それぞれの料理には、お正月に食べる理由や先人の知恵がたくさん詰まっているんです。
そんなお正月料理の豆知識をご紹介しましょう。

縁起物がギュッと詰まった「おせち料理」

おせち料理

1. おせち料理の由来

「おせち料理」は縁起が良いとされる食材を使った料理を重箱に詰めたものです。季節の変わり目(節日)に豊作の感謝を込めて、神様に収穫物をお供えした「御節供(おせちく)」が由来と言われています。
江戸時代に入り「御節供」が庶民にも広まり、江戸時代後期に一年で一番大切な節日・お正月に新年を祝って料理を食べるようになったと言われています。

2. おせち料理の詰め方のルールと料理の意味

おせち料理
「おせち料理」が重箱に詰められるのは「めでたさを重ねる」という意味からきています。最近は三段重が増えていますが基本は四段重ねで、料理の詰め方にもルールがあります。
代表的な料理の詰め方や込められた意味をご紹介します。

|壱の重:口取り・祝い肴(さかな)

おせち料理
1番上になる壱の重は祝い肴と口取り(お酒のつまみになる料理)を詰めます。祝い肴は数の子・田作り・黒豆の「三つ肴」が一般的で、関西では黒豆の代わりにたたきごぼうが入ります。
それぞれの料理に込められた意味はこちらです。
【数の子】

ニシンの腹子で、卵の数が多いことから子宝や子孫繁栄の意味があります。


【田つくり】

片口イワシの稚魚を干して飴炊きにしたもので、イワシが畑の肥料だったことから豊作祈願の料理です。小さくても尾頭付きの縁起物です。


【黒豆】

黒く日焼けするほどマメに勤勉に働き、元気に暮らせるようにとの願いが込められています。


【たたきごぼう】

ごぼうのように根を深く張り、家が代々続くように。叩いて身を開き開運を願う意味もあります。


【かまぼこ】

紅白の半月型で、半月型は日の出、紅は魔除け、白は清浄を意味します。


【伊達巻】

白身魚のすり身と卵を混ぜて焼いたもの。その形状が書物の巻物に似ていることから、知識や文化の発達を願う意味があります。


【昆布巻き】

「こんぶ」という呼び方が「よろこぶ」に通じるとする縁起物です。


【栗きんとん】

栗の甘露煮をサツマイモの餡で絡めたもので、見た目を黄金色に輝く財宝に見立て、豊かさや蓄財を願う料理です。

|弐の重:焼き物

おせち料理
弐の重には海の幸を中心とした焼き物を入れるのが定番です。
それぞれの料理に込められた意味はこちらです。
【ぶり】

成長に伴って名前が変わる出世魚。立身出世を願います。


【鯛】

恵比寿様が持っている魚が鯛であることや、「たい」という呼び名と「めでたい」の語呂合わせからくる縁起物。


【海老】

海老のように腰が曲がるまで長生きできるようにという願いから。

|参の重:煮物 / 与の重:酢の物・和え物

  • おせち料理
  • おせち料理
参の重は家族が仲良く結ばれるように、山の幸を中心にした「煮しめ」が入れられます。また4段目は「四」は忌み数字とされるので「与の重」と書き、酢の物などを詰めます。
【れんこん】

穴が空いていることから、将来の見通しがきくようにという願いを込めて。


【里芋】

子芋が沢山付く特性から、子孫繁栄を願って。


【八つ頭】

里芋の品種のひとつで、末広がりの「八」と子芋がたくさん付くことから子孫繁栄、また人の「頭」になって出世するようにという縁起物。


【紅白なます】

大根と人参の千切りの甘酢漬けです。紅白祝いの水引きを模していると言われています。

地方色豊かで味わい深い「お雑煮」

お雑煮

1. お雑煮の由来

おせち料理と並んでお正月には欠かせないお料理「お雑煮」。「お雑煮」という言葉は色々な具材を煮合わせた「煮雑(にまぜ)」からきています。

昔からお餅は祝い事や特別の日に食べる「ハレ」の食べ物で、新年を迎える際、土地の産物と餅を歳神様に供え、その後、それらの火で煮込んで食べ、神様からの恩恵を賜るという慣習が元日にお雑煮を食べる由来と言われています。

2. 東西の餅の形や具材、出汁の違い

もともと土地の産物と餅を煮込んだ料理であるお雑煮は、餅の形や出汁、具の種類など、地方や家庭によって様々なバリエーションがある料理です。
  • お雑煮
  • お雑煮
▲東日本のお雑煮と、使用する餅
武家社会中心だった東日本は「敵をのす」の縁起担ぎから、のし餅を四角く切った角餅を焼き、青菜と鶏肉入りのすまし汁仕立て。
青菜の「菜」と鶏肉の「鶏」から「名取り」という意味と、「菜」と「餅」を一緒に持ち上げて食べることで、「菜を持ち上げる」→「名を上げる」として縁起を担ぎました。
  • お雑煮
  • お雑煮
▲西日本のお雑煮と、使用する餅
西日本は「円満」の意味を持つ丸餅を煮たものが主流です。 お雑煮文化は京都が発祥と言われており、特に近畿エリアのお雑煮は京都雑煮とも称され白味噌仕立てですが、近畿エリア以外はかつおだしのすまし汁が圧倒的。
具材は「人の頭になれるように」と頭芋(かしらいも)、「輪」を意味する大根などに「勝つ」に繋がる花かつおをかけて食べるのが一般的です。

3. 日本各地の珍しいお雑煮

具も味付けも地方色豊かなお雑煮の中でも、特に珍しいお雑煮をご紹介しましょう。

|岩手県のくるみ雑煮

お雑煮
焼いた角餅を入れたすまし汁仕立てで、擦ったくるみを醤油と砂糖で味付けをしたくるみダレに餅を付けて食べます。

|奈良県のきなこ雑煮

お雑煮
白味噌仕立てで、焼いた丸餅、豆腐、こんにゃく、野菜を入れ、砂糖で甘くしたきな粉に餅を付けて食べます。

|香川県のあん餅雑煮

お雑煮
餡が入っている餅を入れる白味噌仕立てで、具材は大根や里芋、人参や青菜など様々です。
元日は歳神様を家にお迎えして、新年の豊作と家族の幸せを祈るもので、歳神様がおられる三が日はなるべく炊事をしないという風習があります。そのためお正月の料理は日もちするものが多いのです。

日本人の生活の知恵がギュッと詰まった、まさに晴れの日の料理。意味を知って食べると、また味わいも違ってくるかもしれませんね。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

フォトコンテスト結果発表

今月の人気エリア

11~12月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介