京都の紅葉絶景「永観堂」の見どころ。拝観時間やライトアップもご紹介

京都の紅葉絶景「永観堂」の見どころ。拝観時間やライトアップもご紹介

永観堂について

京都市東山にある永観堂。正式名称は禅林寺といい、浄土宗西山禅林寺派の総本山です。
阿弥陀如来像「みかえり阿弥陀」や国宝の絹本着色山越阿弥陀図など多くの寺宝を所蔵しています。永観堂の歴史は古く、平安時代初期、約1000年も前に弘法大師の弟子である真紹僧都により創建されました。

創建以来数多くの文化人から“モミジの永観堂”と呼ばれ親しまれ、その紅葉の美しさは古今和歌集にも詠まれている程見事です。
今回は数々の紅葉の名所のある京都の中でも、ダントツに人気の高い永観堂の紅葉について、紅葉の見ごろや、見所、混雑回避情報などご紹介します。
永観堂

要チェック!永観堂で絶対見ておきたい2大ポイント

永観堂の紅葉は例年、11月中旬ごろに色づきはじめ、11月下旬頃に見ごろを迎えます。
約3,000本のイロハモミジやヤマモミジが池泉回遊式庭園や多宝塔、御影堂を彩り、地面には落ち葉の絨毯が敷き詰められます。360度どこを見渡しても美しい紅葉の景色を楽しむことができ、幻想的な世界へといざなわれます。

①池に映り込むもみじと極楽橋の競演-「放生池」

永観堂の紅葉といえば、この放生池。池を囲むようにもみじが植えられ、水面に逆さもみじと極楽橋が映る、風光明媚な景色を堪能できます。
放生池
  • 放生池
  • 放生池

②紅葉に包まれる塔から、京都市内を一望-「多宝塔」

もう一つの見所は境内の一番高い場所にある多宝塔。境内の紅葉が多宝塔を包み込む幻想的な光景は必見です。
また、御影道の横から多宝塔に登ると、境内の紅葉を見下ろす素晴らしい景色が。また、紅葉に彩られた左大文字や京都の町並みを一望することもできます。
多宝塔
  • 多宝塔
  • 多宝塔

混雑は必至!?永観堂の拝観時間・ライトアップ情報

永観堂
永観堂の秋季特別拝観は昼夜入替制です。永観堂に昼間からずっと残っていることはできませんので、注意してください。永観堂に再度入場する際には拝観料も別途必要になります。

|通常の拝観時間について

通常の拝観時間は、午前9時から17時まで。受付は16時で終了します。太陽の光を浴びて輝く紅葉はライトアップとは異なり、清清しく美しいです。開門直後に拝観すると、混雑を避けられるという口コミもありますので早起きして朝一に訪れてみてはいかがでしょうか。
永観堂

|紅葉ライトアップ期間について

紅葉ライトアップは、11月5日~12月4日 17:30~21:00に行われます。受付は20時30分で終了します。
昼間とはまた違った雰囲気を醸しだすライトアップ。最近では外国人観光客が急増しており、混雑は避けられない状況です。約30分~1時間以上待つことを覚悟し、待ち時間も計算に入れて計画を立ててください。
こちらは閉門直前の時間帯であれば少し空いているという情報もあります。

永観堂へのアクセス方法

京都市バスと地下鉄でのアクセス方法をご紹介します。
京都市バスを利用する場合、以下の2通りの方法があります。

①JR京都駅から四条河原町、河原町三条など街中を通る5系統で「南禅寺永観堂道」下車、徒歩3分。
②JR京都駅から祇園、岡崎、銀閣寺など主要な観光地をめぐる100系統で「東天王町」下車、徒歩8分。

バスで様々な観光地をめぐりながら永観堂に辿り着くのも楽しいのですが、紅葉のこの時期、世界中から観光客が押し寄せ、京都が1年のうちで最も混雑する時期でもあります。 渋滞を避けるためにも地下鉄で移動することをオススメします。

京都駅から地下鉄で行くには、烏丸線に乗り、烏丸御池駅で東西線に乗り換え蹴上駅へ。蹴上駅の1番出口からインクラインのトンネルをくぐり、道なりに進むと約15分ほどで永観堂に到着です。
すこし複雑な道のりですが、道案内の看板や永観堂へ向かう人が多いので迷うことはありません。

永観堂周辺のおすすめスポット

  • 南禅寺
  • 南禅寺

|南禅寺

永観堂周辺には紅葉名所がたくさん。
まず、ご紹介したいのが、臨済宗南禅寺派・大本山の「南禅寺」。
法堂の南側にあるレンガ造りのアーチの美しい琵琶湖疏水のレトロな水路閣や、かの有名な大泥棒である石川五右衛門がその景色を愛で「絶景かな、絶景かな」という名台詞を残した巨大な三門があり、今も登ることができます。
山門の上から見る景色はまさに絶景!永観堂から歩いて約10分ほどなので、立ち寄ることをおすすめします!
  • 哲学の道
  • 哲学の道

|哲学の道

また、永観堂から歩いてすぐのところにある「哲学の道」もぜひとも立ち寄りたい紅葉名所。
永観堂から道にそって歩くと、銀閣寺までも約30分ほどで抜けることができます。延々と続く紅葉の下、哲学の道を歩くのも春の桜の下を歩くのとはまた違った趣がありおすすめです。
この他にも、東山エリアには紅葉の名所がたくさん。永観堂と併せて、京都の美しい紅葉名所を巡ってみてくださいね。

あわせて読みたい記事

最新記事一覧

今月の人気エリア

1~2月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介