上田・別所・鹿教湯

上田・別所・鹿教湯

上田エリアのシンボル「上田城」は、天正11年(1583)に真田昌幸によって築かれ、上田盆地のほぼ中央に位置している。 堀と土塁で囲まれ、虎口(出入口)に石垣を使った簡素な城ではあるが、第一次・第二次上田合戦では徳川の大軍を撃退、天下にその名を残した。 その周辺には上田城跡公園があり、樹齢100年といわれるケヤキ並木をはじめ、約1000本もの桜に囲まれた自然豊かな公園となっている。
また、別所エリアの信州最古の温泉といわれる別所温泉では、天然温泉や国宝、重要文化財などの歴史的建造物が建ち並び、信州の鎌倉とも呼ばれている。

上田・別所・鹿教湯の人気スポットランキング月間閲覧数順

今月の人気エリア

1~2月のおすすめスポット

編集部が太鼓判を押す長野の絶景!


絶景の最新トレンドランキング


国立公園の見どころをご紹介